JUGEMテーマ:アクアリウムブログ

 

底面フィルターの効果を実験する為に、設置している際に、洗濯ネットで作った上部と下部を分けるネットの奥辺がたりず、少しだけ角が空いてしまう状態になってしまったので、苦肉の策として、フィルタスポンジを入れておきました。

 

 

裁縫でネットの角を立ち上げる為に四隅をぬったのに失敗したのもあり、恥ずかしいので前回の立ち上げる際のブログの話の中では触れませんでしたが、写真の白いところがフィルタなんですけども、汚れが凄い勢いで集まっています。

 

ちなみに、立ち上がり時は真っ白でしたが、そこから、ちょうど1周間ぐらい経過した状態です。

このスポンジは下部の麦飯石とつながっていて、底面フィルターのポンプが写真の右側にあるので、長後真逆に設置したんですが、意外と個々ってゴミたまりますよね。

生体のアカヒレを3匹いれたら、汚れるのはもっと早かったです。

 

立ち上げ当初、細かいゴミが出たらどうしようかと思って、あまりにひどかったら水中フィルタつけるか…と思っていたんですが、つけなくてもキレイになっていたので、どうしてだろう??と思っていたら、隅っこのフィルタが頑張っていました。

 

しかし、なんでフィルタにゴミが??と思ったんですが、底面フィルターにGEXの水中フィルターのモーターのみを採用したためか、かなり水を吸い取っているようで、この角まで影響が出ていることがわかりました。

意外と実験に役立ってます!角まで吸ってることが実証できました!

 

底面フィルタはアクアシステムので、実は右面奥の方にしかないんです。面積的に半分弱なんですが、それでも反対側まで影響がでるとは思ってもいませんでした。

 

で、このフィルタをみて思ったんですが、この部分、実は簡単に交換可能でして、意外と良い方法かもしれません。

鉢底ネットで適当な大きさを作って、底面フィルタに埋め込み、中にフィルタをいれとけばチリを取ってくれるので、水中フィルタが要らなくなるかもです。

ただ、生体や水槽のサイズでゴミの量が変わると思うので、どの程度の面積をカバーするのかは実験が必要かもです。

 

スポンジとか活性炭を仕込めば交換も簡単かも。

 

 

 

<追記>

水作エイトと水作ボトムフィルタが合体できるので、これで先程の私が実験したことができますが、これ、メンテがなぁ。

上からパカッと開くけども、蓋の爪が埋まると厄介そう。

エアレーションを別にしてるなら蓋なしでOKかも。底床に麦飯石などを使ってるなら、いらないし。

中身をスポンジだけか、活性炭を入れるなどすれば、交換が簡単になりますね。

わざわざスポンジと活性炭を砂利などで埋めなくても良くなります。

なんか、問題が一気に解決だな、これは。

 

 

 

実は、浮遊ゴミ対策が底面フィルタの課題と思われます。沈殿すればいいのだけども、金魚は底床をハムハムしてゴミが巻き上がるんで、その浮遊ゴミはどうにかしたいところ。

底面フィルタの煙突にフィルタを埋め込みたい気分でしたが、詰まったりするおそれがあるし、水の簡易浄化方法では最後にフィルタをするのは好くないようなので(確かに湧き水は生物ろ過が最後だ)、フィルタを通すのは最初に行いたい所。

 

水槽の浄化水をどこを「0」(汚れのない水)とするかを悩みましたが、水中ポンプで吸い上げ中の水が「0」だから、生体が居るところを「0」と思いたいけど、生体で汚されてしまうので、ここを汚水として考えました。

 

浄化方法は、砂利が濾過1工程、スポンジ2工程、活性炭3工程、スポンジ4工程、麦飯石5工程と考えました。

各量の比率などは水槽によるものと思います。

 

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://baby.kumausa.com/trackback/1160201

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

利用している会社の広告



Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM