JUGEMテーマ:ハンドメイド子供服

 

 

お遊戯会の衣装製作は、大変なことですが、ひとまず冷静になりましょう。

そして、その作業の流れを考えましょう。

 

と、その前に衣装製作での心得を!

これが一番重要且つ大事なことです。

「夢を見るな!」

特に女の子の親御さんはこういう傾向がありますが、親の夢を盛り込むと作る手間が倍かかります。

特に、クラス全員で同じ服を着る場合、クラス内の数名の親が衣装係となり、他の親御さんに作り方を説明しなくてはならないことがあります。まぁ、うちの幼稚園がそうなんですけどね。

買うと高いんで、30名ほどのクラスでしたら、みんなで材料を分け合った方が安く済みます。

夢の為にテクニカルな作りのにすると、作れない人が続出します。この場合、親が作れないなどの声がでて、結果衣装係が作るハメになることも。そこまでは衣装係も時間に余裕はないので、作りやすいものにした方が自分の手間が省けます。

なので、簡単に作れる見栄えが良いものを考えて作ることに専念することをオススメします。

 

 

^畫のデザインはどうするのか?

うちの幼稚園では先生がデザインを考えます。

年少と年中は音楽に合わせて踊るので、その音楽が何になるのかでデザインは決まるようです。

年長はオペレッタという音楽とセリフがテープで流れて子供はそれぞれ「役」に合わせて踊ったり、演技をしたりします。よって、その「役」毎に衣装を作らなければなりません。ただ、一役に複数人いるので、その役がグループになって作ります。

一役に複数人いるのは、病欠者いることを想定して、複数人が準備されています。

幼稚園によっては配役毎に親がデザイン考えてというところもあるようです。

 

 

⇒住擦蓮?

うちの幼稚園では予算が決められています。

年少と年中は1000円+税、年長は2000円+税です。税金はここ数年で変動があったのですが、基本の料金は変動ありませんでした。

豪華な衣装でなければ予算内で済みますので、問題はないですが、残りが出た場合は、割って返金します。これが一番手間かな。

 

 

作業の工程を考える

うちの幼稚園では、二学期はじめに衣装係が集まり、衣装のデザインについて話し合いがあります。

1.デザインを先生から受け取り、詳細を聞く

2.デザインに従って、部品ごとに作る人を決め、試作を作る

※幼稚園に歴代の衣装の作り方とかあったらそれを見て作ってみる

3.試作を先生に見せて仮でOKをもらう

4.最終決定した衣装を作って園長に見せOKをもらう

5.作り方の説明書を作る(年長は不要)

6.衣装係で説明書通りに作ってみて、説明書のチェックをする(年長は不要)

7.クラス全員分の衣装に使う生地やゴムなど必要部品を買って、一人ひとりに配れるようにするパッケージングする

8.衣装をクラス全員に渡し、期日までに作ってもらう(年長は一緒に作ったほうが早い)

9.衣装提出、衣装係は提出された衣装の記名や作りの不備をチェックする

10.お遊戯会リハーサルで衣装係は最終チェック(この時に衣装の不備が発見され、手直しを余儀なくされることも)

11.本番(衣装係はお着替えの手伝い)

 

んで、後日園内お遊戯会(他クラスの演技がみられないので、子どもたちの前で初お披露目)にて衣装係は着替えの手伝い

 

 

というように、まぁ、沢山ありますわな。

この作業は大体5ヶ月間あります。あと、3と4は数度繰り返すことがあります。

 

うちの幼稚園では、こんな流れですが、初の幼稚園で年少のときに衣装係やるのは辞めた方がいいです。

この工程が口伝なんですよねぇ…どうにかして欲しいと懇願はしてますが…

最近は簡単に作って下さいと先生からお願いされるので、めちゃくちゃ簡単に作る方法を考え、説明書もわかりやすくを心がけています。

 

 

JUGEMテーマ:ハンドメイド子供服

 

 

まぁ、お遊戯会の衣装製作で、簡単にきれいに作る方法をご提案してます。

本来なら、コレ最初に書くのが良いのですが…忘れてました。

 

【ペンについて】

サテン生地に型紙などを写すときに使う、チャコペン…は使いにくいので「フリクション」のカラーペンをチャコペンの代わりに使います。これを使うとアイロンを描けただけで線が消えてきれいに仕上がります。

色は茶色がいいです。こちらも色々試しましたが、お遊戯会で使う色はピンクや青がメインなので、どちらともにてない色がいいです。

たまに、黒とか濃い色指定もありますが、これはフリクションの色鉛筆の黄色・オレンジ・黄緑を使うといいですね。

フリクションは熱で消えますが、光の加減で線画残ってたりすることもあるので、そのときはウェットシートで拭き取ると見えなくなります。

フリクションの色鉛筆はアイロンでは消えない場合もあるので、その場合もウェットシートで拭き取るときれいになります。

 

 

【下書きを書く】

型紙や長方形を生地へ描きます。

型紙の場合、サテン生地の裏に載せ、周囲を書き写します。

このときに縫い代込みか、縫い代無しかによりますが、渡しの場合は縫い代無しで型紙を作って、それを書き写してから縫い代分を足すことにしています。縫い代は上手な人は1cmでもOKなんですが、下手な人は1.5cmあるときれいにぬえますので、自分のさじ加減でどうにかできます。また、縫うところの印を見ながら縫い合わせれば、確実性が上がります。ズボンはその方がいいと思います。

スカートの場合は長方形の場合が多いんで、型紙が無いことが多いですが、スカート裾の形を変形させることもあるので注意です。

また、同じクラスないでも子供によって身長差があるので、各S・M・Lのサイズを設けることもあります。

 

 

【生地の端っこ】

生地へ線を書くときに、生地がもったいないので、端から書いていいのですが、その時に生地の端に穴が複数開いているんですが、こちらは機械で生地を送るためのものなので、基本的には使いません。

なので、その部分を除いたところの端っこ(四隅)を使って下さい。生地が余れば、間違えた時に作り直しができる場合もあります。また次回の制作の時に利用することも可能です。なので、できるだけ端から使いましょう。

 

 

【ボンド処理の回数を減らす書き方】

下書きの際に、一つ一つバラバラに書くとボンド処理回数が増えるし、生地も無駄に使うので、直線であるならば、接地面をくっつけて書くと、ボンド処理回数やボンドの利用量を減らすことができます。

ボンド処理は前回書きましたが、線に対し左右5mmあればOKなわけで、接線にすれば一手間で2つできることになるわけです。

くっつけることで、生地もあまるので、ちょっとお得になることも。

JUGEMテーマ:ハンドメイド子供服

 

 

お遊戯会の衣装を、長男・次男・長女と現8着制作したので、その作り方とかをメモしておくことにしました。

今後、衣装制作に困憊する方に向け、簡単に作れる方法や案件を書き記しておきますが、これを基本にして応用してもらえるといいかと思います。

 

【ボンドについて】

ボンドは、よく売られている木工用ボンドでOKです。

最近は速乾の白いバージョンもありますが、私はこちらの速乾をおすすめします。

 

また、百均なのでも速乾性の木工用ボンドもありますが、少し高めの普通に売られているのを比較したら、百均のものは少し水っぽかったので染み込まないように注意が必要です。

また、ホームセンターなどで売られている少し高めの方は、塗った時の延びが悪いこともあるので、そのときは水を少量で調節するといいです。入れすぎると染みて広がり、いらんところまで塗られることもあるので、注意が必要です。

 

【生地について】

まずは…衣装の生地ですが、我が幼稚園では見栄えのいい、お値段もお手頃な「サテン生地」を利用しています。

が、生地を沢山利用するとお金もかかるし、縫う手間も増えるので、生地を「紙」と思い、ぱっつんとカットしたいんですが、しかし、生地をカットするとほつれるので、生地を裏にして、型紙なりなんなりのサイズを書いたあと、ボンドを線にそって塗ります。

 

ボンド処理前に、ボンドで下が汚れるので、ゴミ袋を2箇所カットしてシート状(大きく広げる)にしてから、その上に生地を載せて作業すると汚れることもなく、ゴミ袋も捨てられるので便利です。

ただ、サテン生地が横120cmほどあるので、45Lのゴミ袋では小さい場合もあるので、百均で売ってる90Lを利用すると更に便利です。

男の子は長ズボンをお願いされることもあるので、この場合は90Lので十分足ります。10枚要りですが、大きめのゴミ出す時とかにも使えるので、あると便利です。

ちなみにボンド処理は1枚あれば使いまわせるので、1枚あればOKです。

 

【ボンドの塗り幅について】

ボンド幅は1cm幅で真ん中に線が来るように塗ると、ほつれる心配がなくなります。

たまに、ボンドが染みて表面でみると塗ったところが濃くなることがあるので、細く塗るように支持されることもあります。

この場合は、厚めに塗るとほつれる心配がなくなります。

薄く塗ると乾きも早いので、作業の進行具合も変わります。

 

【ボンドを塗る方法について】

塗り方ですが、裏地にカットする線を書いた上に木工用ボンド(速乾)を塗りますが色々と方法があります。

 

■ボンドをつ〜とボンドの細い開口部より白い線を細く置いていく感じで、カットするところに全部やります。

その上から指で薄くなるように伸ばす感じでボンドをなぞっていきます。が、このパターンでは太めに塗られることもあったり、塗りたくない処についてしまったり、指も汚れるなど色々問題があります。

ただ、道具も少ないのでお手軽に行うことが可能です。

 

■まずボンドを紙コップに適量いれ、道具を使って薄く塗っていく方法があります。

道具はハケや筆だと洗ってもくっついて使えなくなることも多いので、これは使わないことをオススメします。(筆使って捨てた経験者語る)ではどんな道具がいいのか。

色々試してみました、綿棒は使ってるうちに毛が出てしまいボンドも吸うので何本も使う羽目に、プラスチックのマドラー塗った処は薄いのですが脇に流れて溝になる、木のマドラーも同様でした…割り箸は厚みがありすぎて論外だし削ってもマドラーの二の舞い必死、で今年はストローをみつけました。

ストローの先を斜めにカットします。カットした幅を2〜3mmにし、間に2箇所スリットを入れ、これを筆代わりに使います。これ、適度な強度としなりがあり、先程の指よりも細く塗ることが可能。しかも薄く塗ることができました。

が、これもベストであってベターではならず…まぁ、とりあえずは、ご参考までにしてみてください。

写真で見ると早いですね。ストローはカットした方を下にして、筆と同じ要領で塗っていきます。

紙コップにボンドを入れて、沢山ついた余計なボンドをとってから、内側についてるボンドだけを塗る感じです。

下書きしたペンの上から塗っていきますが、目安は5mmがいいですね!

ボンドを百均のにノビが良いように水を入れたらにじみました…薄い色は目立たないのですが、濃い色の場合目立つ恐れがあるので、ご注意ください。てか、水は基本的に入れない方向で考えた方がいいかもです。

今回はストローだったので、”延び”がわからなかったため、少し入れてみた次第でしたが…百均のを使わなきゃよかった…

 

【裁断につてい】

ボンドが乾いたら下書きした線に沿って裁断します。

これで生地からほつれることがなくなり、端処理を三つ折りするなどの手間を省け、余計な生地を買わなくて済みます。

 

【生地の端っこにつてい】

上記の写真にて生地の端に穴が空いていますが、そこは機械織りで機械が生地を送る際のものなので、これは生地内には値しません。ここはカットして利用してください。たまに、この部分を縫い代とする場合もありますが、表に見えないようにしてください。

JUGEMテーマ:コンピュータ

 

 

とうとうというか、予想はしてたけど、ChromeアプリのWEBストアが2022年6月に終了するとのことです。

 

私が使ってるChromeアプリがGoogleが提供してるアプリがほとんどでしたが、電卓とかテキスト(HTMLを自分でコード打ちするんでいれてみた)があったのですが、まぁ、ほとんど使ってないっすね。

 

Chromeアプリが新しいのあるかと調べてみたんですが、意外と使えそうなのもある…これ、使えなくなるのかな?と思っていたら、PWAという方式になるかもしれない予感だそうです。

 

PWAはすでにGoogle提供アプリがほぼそれになってますよね…

つまり、アプリとかソフトをPCにダウンロードしないで、ネットワーク上で動かすやつですよね?

 

AndroidのGooglePlayストアと一緒になるんかな〜…とか色々考えてますが、まぁ、ウェブストアはリニューアルが必須かと思っていたので、ちょうどいい頃合いかもしれません。

 

で、ここで前から思っていた私のChromeBookがAndroidアプリが使えないので、使えるようになるのは何時かという話を前にブログでダラダラ書いたんですが、なんとなく2022年6月を目処に考えないと駄目な気がしてきました。

 

つまり、ウェブストアが使えなくなる上に、Androidアプリが入らないChromeBook、使えないっすよね…

多分、Google側で私のChromeBookは見限られた感じがひしひしとしますんで、買い替え2022年には買い替えしろってことだろうな〜

 

ん〜、ということで、2022年には買い替え考えて、それまでは現在のChromeBookを使おうかと思う次第。

 

先程ウェブストアでマイビデオってのがあったんで使ってみたんですが、私のChromeBookでも問題なく使えたんで(表記が英語でわからんかったけど)現状のでも十分OKということはわかりました。

 

あとは、まぁ、徐々に何かが使えなくなるというのに、同対応するかってことですかね…

GoogleKeepもなくなるみたいだし…いや、これ、最近使い勝手良くなって「おお!」って思ってたのに〜

チェック欄付の箇条書きができるから、買い物時に非常に便利でした。

音声入力でメモもできるし…名前変わるか、何かと統合されるのか…この機能は残してほしいかも。

 

今後に期待。

 

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

 

 

あ”〜、CHromeBookが壊れそうだよ〜(T_T)

 

と、次のをどうするか考えてまして、タブレット型のにするか迷ってるんですが、ふと、現ChromeBookでいつAndroidが使えるようになるのだろうと思ってしまいました。

 

で、発表されてる「Android アプリに対応している Chromebooks はこちらをご覧ください。」のページにて、状況確認したところ今でも「Planned(計画中)」であることがわかりました。

 

う〜ん、次々と作業は行われているようですが、このChromeBookを買ったのが2015年10月中頃だったので5年目に突入!

…こうなると買い替えをしろってことだろうなと思われますが、多分…現存のにはAndroid使えなさそうだなぁ…

でも、使えないなら使えないってはっきり言って欲しい。

計画中にすると、まだ使えるかな〜ってなってしまうので、しないのであれば買い替えするから、判定早くして欲しい!のです。

 

というのも、ChromeBookでは「ウェブストア」にて「拡張機能」を買うことができます。体外無料なのですが、たまに有料もあります。で、この機能拡張が使えない物が多くて、特にデザイン系のが無いのです。

デザイン系はAndroidに多くあるので、ぜひこちらが使えると、ChromeBookでもデザインの仕事ができる可能性があるので、試してみたいのであります。

 

 

現在のChromeBookは、2GBメモリのため、スープレッドシートの表示に時間がかかります。

なので、デザイン系のもそうなのかな〜と思ってるので、メモリが多いのに買い替えも検討したいところですが、とりあえず、ChromeBookでAndroidがどのように走るのか知りたい次第。

知りたいだけで、ハイスペックのChromeBook変えないしなぁ…

 

ChromeBookでも使えるデザイン系のアプリといえば「Google図形描画」なんですが、たまに動作が重いけどメモリが2MBでも使えるので、その差が何なのか知りたいですなぁ。

 

メモリが多い方がいいのですが、昨今の格安Androidタブレット(アマゾンで売ってるやつ)が大抵3MBなので、4は欲しいところだと思うのですが、3と4の壁が厚くてね。あと、安いのはAndroidのバージョンも古いし…新しいのがでて指標ができれば次のChromeBookも買いやすいんですが、なんとも謎なんですわ。

 

まぁ、ちょいちょい調べとけば、なんかあるかもということで、チェックは続きます…


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

利用している会社の広告



Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM