そういえば、ずっと考えていることがある。

なんでか、これがずっと頭の中の片隅にあって、考えさせられてるんだけど、私は科学者ではないので、みんなに聞いてみることにしました。

 

■「正三角」という図形と球体の関係

三角は、普通に正三角形で、これは10代の頃、三角を組み合わせた立体を作って以来、取り憑かれている。

この三角がうまく詰めると球体になるようだが…この正三角形と球体に繋がりがあるらしい。

 

■「3」という数字と「369」もセットで考えること

3という割り切れない数字、3の倍数でアホになるというネタがあったが、そういうのじゃなくて、3という数字は奥が深い。

意味を考えると、三角の角の数なのか…でも、6と9も合わせて考えるようにとのことで、多分弥勒菩薩もずっと考えさせられてた課題だったと思う。あと、スフィンクスのなぞなぞでもあったけど、ああいうのではないんだ。

これがわかると何かの鍵らしいのだが、数字に関してはちんぷんかんぷんなので、数値に強い人にお願いしたいですね。

 

■「五角形か5」「六角形か6」という図形か数字

5という数字よりは五角形の方というのが強いです、六角形もそう。

ゴロゴロとか淤能碁呂島とか、色々あったけど、それじゃないんです。

五角形と六角形をあわせた形なんですが、サッカーボールじゃないんですよ…辺をあわせた形ではなくて、合体したなにかの形状なんですが…これは宇宙心理らしいのですが…さっぱりわからんw

 

 

ということで、課題を与えられて、色々調べてるんですけど、現状の科学では証明できないみたいで、最先端科学の研究してる人に聞いてみたいんですよねぇ。何か知りません?

 

植物にヒントがありそうなんですが…数学と植物学の融合した学問てありますかね??

なんで縦割りなのか…学問は横に広げて一緒に考えないと何も生み出せないきがするんですがね。

数学を植物で追い求める分野…なかなかないなぁそんなの。植物って結構幾何学使われてるんですけどねぇ…

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

利用している会社の広告







Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM