薄暗い廊下を歩いている。

コツコツという音が複数ある。

前を小走りに急いでいる男性が、時折振り向いて、私に急いでと手招きしている。

廊下には窓がない、どうやら地下のようだが、両側に棚が並べられていて、廊下の幅が少し狭くなっているし、少し埃っぽい。

男性は白くふわったとした外掛けを来てるためか、廊下の釣り照明の間隔が開きすぎて、男性が明かりから外れて暗闇の中に入っても、白く浮かび上がっていた。

顔はよくわからない。

 

私も男性においていかれないようにはしていたが、小走りに走っては歩いてを繰り返していた。

時間がないのか、男性は「早く」とか「急いで」とあおるも、不満が募る。

 

「急な話で本当に悪いね。」と男性が言う、少し年配のようだが、息が切れていない。

「何で私ですか?」と私は何度も同じ質問をしている。

少し前に別室で詳細を聞いてから、移動している最中だった。詳細も大まかな話しかなかったが。

「しょうがないんだよ」と同じ質問の繰り返すので、あきれて男性は言う。

 

男性があるドアに手をかけて先に入り、ドアを開いた状態で「どうぞ」と招き入れられた。

 

中は広い部屋で、薄暗い。机がたくさん並んでいて、机の薄く緑色ぽく光る発光色しかなく、その光がいくつも整然と並んでいる。

机の横には長い机の上に人が居る。

黒い衣装を来ていたので最初はわからなかったが、目がなれてきたのか、全体が見えるようになってきた。

顔は何かで覆われているようだ。

 

一番大きい机に促され、男性が話し始めた。

 

「突然の召集で驚いたと思うが、どうしようもない、決定事項なんだ。」

「一体、何があったんですか?私ではなく”自分より若い男性の名前(顔見知りのようだ)”が担当だったではないですか。」

「そうもいかなくなったんだ、テラからのご指名なんだ、君に居てほしいとのことで、コチラとしては”先程の男性名”がいいのだが、テラがどうしても君でないと落ち着かないと言うんでね。」

「しかし、私は数度の失敗して除隊となり、前回でアガリだったため、すでに次元も変わっています。またテラへ行くのは難しいかと。」

「大丈夫、まぁ、またリハビリすることになるけど、二回目だから問題ないでしょう。まだ次元が変わったばかりだし。詳細は先程説明した通りだし、君の向こうでの人生も保証されているから、何ら問題ない。ただ、隊の最後なので、他の隊は君の事は知らないし、君は居るだけでいいんだから、簡単だろう?これが終わったらアガリでいいから。」

「本当にアガリなんですよね?私の人生は本当に安全で保証されているんですよね??」

「すべてこちらに任せて。とにかく何もしなくていいから。」

 

私は疑っていた。

何かがおかしい。急な隊への移動に、任務内容がこれだけ?で居るだけでOKなんて…怪しいにもほどがある。

 

「じゃ、そっちの空いてる机に行って。」と男性の後を付いていくと誰も乗ってない机があった。

これが最後の隊の机だったのだろう。私は他の隊と同じ服を着ていた。

机に横たわると、先程の男性が薄緑色に光る照明の前に立って「じゃ、時間がないから、もう行くよ。」というと、何かの装置に手をかけた。

私は慌てて上半身をお越し「もう行くんですか?」と男性に言うと、男性は手の甲を前に押す動作をしたので横たわると、「大丈夫だから、保証はされている」私はまた上半身を瞬時に起こして「本当に安全で居るだけなんですよね?失敗しないんですよね??」「失敗するかどうかは他の隊がやってくれるから問題ない」と、機械に手を当てながら「早く横になって。」とぶっきらぼうに言うので、

「もう!」と横になると一瞬にして地球に降り立っていた。

 

そう、私は生まれたのだ、人間の赤ちゃんとして。意識だけが飛ばされたようだ。

どうやら母は予定日より遅れてしまったらしいので、大きくなってしまって大変だったようだ。

いや、まさか向こうの1分がこちらの1日だったとは…だから早くしろって怒ってたのか・・・

 

とはいえ、しばらく何も出来ないな・・・あ、意識が遠のく・・・あ、そうか、ここでは記憶がリセットされるんだった…

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

利用している会社の広告







Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM