JUGEMテーマ:家庭

 

あからさまに自閉症スペクトラムである子に、「あなた自閉症スペクトラムだから心療内科へ行ったほうがいいよ」って言えないので、どうにか法改正し、教育者にその発言の権限と、就業前の検診にて、歯科などの検診と同様に心療内科への自閉症検査が必要だと思われます。

 

なぜこういう話になったのかというと、アメリカは教師にこのような類の事に対し親に言う権限はあるけど、日本にはないので、教室に1名自閉症の子がいると、学級崩壊につながることがあるんですよね。

 

で、長男が3年生の時にこういう子と一緒になったわけですよ。うちの子は曲がったことが嫌いなので、自閉症スペクトラムの子が嘘をいうのを正していたら、目をつけられていざこざになることになり、担任は違う学校へ流され、長男とその子は別のクラスになるようになりました。

 

ちなみに、この子がどうして自閉症スペクトラムかと思ったのかというと、当時、主人の妹さんが心療内科で看護師をしており、そこでの経験から、そうであろうということになりました。心療内科へ来る自閉症患者数が以外と多いので、クラスに1名ぐらいは居る計算だとも言っていました。

こういう方は、大抵が大人の方で自閉症と診断されると障害者扱いとなるので、親は障害児を育てたくないことから、検査する家庭も少なく、大人になってコミュニケーションに悩み心療内科へ足を運ぶと自閉症でしたという人が大半だそうです。

が、人によって重度はまちまちですが、軽い場合は小さい頃に受診すると20歳前には改善し、薬の服用もいらなくなることもあるそうです。つまり、病気なんですよね。

 

が、最近帰宅する方向が途中前で一緒なので、帰路にイジメられているようなのです。

ランドセルの上に持ち手がついていて、それを掴んでくることは以前からありましたが、股間を蹴ってくるようになったんで、もう我慢のしようがなく、長男も起こっており、帰り道が怖いとのことで、担任に文章を渡す事にしました。

 

・ランドセルの持ち手を持たないこと(小3の時にも注意した)

・股間を蹴らないこと(今回初)

 

この2点は警告して欲しいことと、ランドセルの持ち手(道路上でここを掴みグルグルぶん回す行為)の件は小3の時にもあったんで、上記のことから自閉症スペクトラムの疑いがあるので、心療内科を受診し、自閉症スペクトラムでは無いことを確認するよう促しました。

 

実は、長男の他にも同様の被害者も居て、授業中に叫び出す、席を立つなど、クラスが学級崩壊に近いとも長男から言われました。

確実に、自閉症スペクトラムという病気であることは確実なのですが、ここでの問題は「自閉症スペクトラムでは無いことを確認して欲しい」というお願いにしました。

自閉症スペクトラムでしょうと断定しないところが、ここでのミソです。

 

また、心療内科への受診は恥じることではなく、病気の治療の一環であるということも一筆書き添えて、書面にして封筒に入れました。明日には提出する予定です。夕刻には電話がありそうですなぁ…

 

長男の担任と自閉症スペクトラムであろう子は違うクラスなので、結構問題になるかもですね。

ちなみに、自閉症スペクトラムであろう子の親は韓国人なんですよね。

最近、韓国で韓国特有の自閉症が10人に1名いる値で居ると発表があったので、この子もかぁと思い検診を促した次第です。

 

もしかすると、日本国内の自閉症患者は遺伝子系統を辿ると韓国人しかなっていない(教室に1名…在日の数と似てる)のかもしれませんが、まぁ、心の病気と表向きはいいつつ、本当は脳で遺伝系の病気なんでね、ちゃんと調べた方がいいですよ。

 

最後に日本医師会にお願いですが、就学前検診に心療内科への受診も必要になるように、文科省へ圧力をかけて下さい。

教育を根底から変えるなら、そこからやらないと、教育現場への負担が半端じゃないです。

お金絡むと強い日本医師会!頑張れ〜!

 

 

 

 

 

<追記>

先生から電話がありました。

息子は自分にも非があるかもしれないと言い、向こうも暴力行為はしないと仲直りしたとのこと。

 

仲直りしたところで、自閉症の子は駄目なんですけどね…

対応が違うのですよ。多分、理解できてないんです。

こんなことを何度も繰り返すのも拉致があかないので、病院への検査をお願いしたいと先生に言ったところ…

先生から自閉症の疑いがあるので、病院での検査して欲しいということは言えないといわれました。

だよね…わかってた、けど言わずにはいれないので、今度は親に直接言ってみることにします。

 

いや、直して欲しい行為や改善できることなら、やはり言った方が良い気がします。

先生も本当は自閉症ではないかと言いたいけど言えない…親が自発的に検査しに行くのを待つしか無い…

 

顔を合わすと喧嘩になるので、帰路の変更は?と聞くと、できないとのことなので、先方のクラスとは帰る時間を5〜10分遅らせて帰宅するよう お願いしました。

 

しかし、教職が自閉症ではないかと疑い違った時が怖いからと病院への検診をお願いできないのは改正して欲しいです。

その子への対応が難しい…病気であればその対応ができるんですが、病気か不明な子を通常の子と同じ対応しても無駄なんで、白黒はっきりさせた方がいいんです。

 

これは、お子さんのためでも有るし、親のためでもあります。親的には「育てにくい子」なので非常に辛いと思うし、お子さんは今後中学高校と大きくなると、親の体力より勝ってくるので、早いうちに対応し、病気を治すまたは改善する方法をとることが必要なんだけどなぁ。

 

今の時点では、うちの子と一緒に病院へ行きませんか?という状態…なのは良くないので、息子には先方の子に対し、近づかない、やられても逃げるということを強くいいました。とにかく顔を合わせないのが一番の策ですね。

 

しかし、今学年が終わるまでには自閉症だから病院行けって言ってやる!と、固く誓うのですが、忘れっぽいうので、このことがあったことを忘れてしまいそうで怖いわ…だが今後被害者を増やさないためにも、しっかり言おう!

 

ちなみに、長女の幼稚園で自閉症ではないかと疑いのある子は親に園長が直々に話をして病院ヘ行き病気であることが判明したので転園しました。当方の幼稚園ではこういったことができるようですが、保育園や他の幼稚園ではやってないかもですね。

故に、親が気をつけるしかないんですよねぇ。病気を放置するのもある種のネグレクトだと思うのですが…これも24の値なのでしょうか。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://baby.kumausa.com/trackback/1160261

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

利用している会社の広告



Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM