JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

長男がワッフルを作りたいというので、ワッフルメーカーを買ってみました。

ワッフルしか焼けないし、9cmほどの丸いの1枚しかできません。

1枚3分で焼けます。

 

ちなみに、同封されていたワッフルの作り方はアメリカンワッフルといわれるようで、ベーキングパウダーを使ったレシピでした。(写真のもの参照)

しかも、結構な枚数ができました…1枚3分ですので、生地を使い終わるまで時間がかかりました。

 

が、されど3分!朝食にはできたてが食べられて子どもたちには高評価。

でも、朝に生地作るのに時間がかかるんだよな…と、スライス餅があったので、モッフルを作ってみたところ、パリッとしっとりが合わさって、更に高評価。砂糖醤油で食べると美味しいそうです…(残り物だったため少なかったんで子どもたちが全部食べられ味見できなかった)

もちろん3分で焼けます。

 

 

夜のうちに生地を作ってみるかと、今度はイースト菌を使ったベルギーワッフルに挑戦してみたいと思います。

ちなみに、スライス餅だと薄いけど、普通の餅の厚みは焼けるのかという実験も行おうとちょうど良いサイズの丸餅を買ってみました。

うまく餅が溶けてきれいに焼けるといいのですが…朝はモッフルが定番になりそうです。

 

 

 

【追記】

もちを使った”モッフル”を作ってみました。

スライス餅は長いので、半分に折って3分焼いてみたら、普通に美味しかったです。

息子たちは砂糖醤油で食べるのが好きです。

次に「サトウのまる餅」をで作ってみました。

が、厚みがあってなかなか焼けないので、上から押してぺたんこにしてやいたら、ちょうどいいサイズのモッフルができました。

でも、押し続けるのも面倒なんで、水に通した「サトウのまる餅」を更にのせ、レンジで2~30秒温めて柔らかくしたのをワッフルメーカーにのせて3分焼くと、いいサイズのができます。

最初に押していたのと変わらない形状なので、電子レンジの一手間は必要かと思います。

 

が、少しもっちりしているようで、息子たちには不人気。

スライス餅の方が小さくて食べやすいとのことでした。

 

モッフルもいいけど、普通のワッフルの方も朝食で食べたいようで、夜のうちに仕込んでおいて、ダイソーでかった、900g入る円筒形の蓋付き容器を買って、生地を入れて、冷蔵庫で保存します。

焼く時はIKEAの100ml計量カップで救って、40gのせて3分焼けばOK。

IKEAの計量スプーンとダイソーの保存容器は相性が良くて、計量スプーンの持つところが生地に浸かること無く、きれいに使えました。100mlは大抵計量カップで図ってしまいがちですが、こういうのにも使えるのかと、再認識しました。

 

あと、卵焼きを作ってみたんですが、一番深い溝に入れ、網目状に焼けます。

変わった形で焼けますが…あんまり美味しくないです…ふわっとしない…

焼く時は、スプレー油を使うとくっつかなくなります。

 

他にもじゃがいもやチーズもトライしてみたいと思います。

計量カップと

 

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://baby.kumausa.com/trackback/1160137

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

お得情報

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM