JUGEMテーマ:子育て

 

お遊戯会衣装で黒があったんで、白いチャコペンがあったらいいな〜って、手芸店でチャコエースホワイトAというのを購入し、早速使ってみるも、全くダメでした。

 

何がダメかというと、色がのらない。

線を引いた時に、全く色が出てくれません。暫く経つと色が出てきますが、それも何往復して書いたのに、薄い線がぼえ〜っとでてきます。

 

いやいや、線を書いてる時、どこに書いてるかわからないから、線を引きたいんで、これは使えない!ということがわかりました。

さよなら、320円…

 

いつもチャコペンとして使ってるのは、フリクションのカラーペンを使ってます。

主に茶色。この色は生地が赤でも青でもわかりやすいので、チャコペンとしては最高品です。

もちろん、アイロンで消えます。

が、今回の黒とかでは色が見えないので、他を探さねば…ということになりました。

 

うちの幼稚園ではサテン生地でお遊戯会の衣装をほぼ作るんですが、サテン代を削るため、ボンド処理という方法を使います。

生地がほつれ無い様にボンドを布に書いた型の線の上に塗り(大体5mm幅で綿棒で塗る)、乾いたら線に沿って裁断し、そのまま使う方法です。

これだと、縫い代がいらないので、生地代が浮きます。

 

で、そのボンド処理という方法を取ると、線が残ってしまうので、アイロンで消えるのがすごく便利なんです。

みんな、鉛筆とか、ボールペンとかで書いてるんですが、表からは目立たないから良いけど、いやいや、線は消えたほうがきれいだよね…ということで、フリクションを愛用してます。

 

さて、黒い生地の上に型を書くことが初チャレンジなんですが、先程述べたチャコペンがダメだったので、フリクションで何か良いのはと検索してみたところ、いろえんぴつが有りました。

あれ、色鉛筆か…白が無いけど…フリクションのいろえんぴつ何処かでみたな〜…ってなって、旦那が色鉛筆12色をケースでかってることを思い出しました。

もちろん白はないけど、白に匹敵する薄い色はあるので、黒のフェルトに書いてみました。

薄い色を書いてみたら、水色と黄緑が良くかけました。私は黄緑が一番だと思います。

ちょっとよくわからないかもしれませんが、黄緑色ので幅5cmの線を引いてみました。

もちろん、フリクションなので、間違えた線は鉛筆の頭ので消せます。

うはっ便利過ぎます!

これ、チャコペンとして出したほうがいいっすよ。他のを一蹴する商品になりますね。

 

ちなみに、色鉛筆としては、紙への色ノリが悪く、あまり良くないです。だから色鉛筆が使われずに残ってたんですけど。

そりゃそうですよね、書いたところが摩擦で薄くなって半分消えてると思うんです。

なので、正規では使わず今度はチャコペンとしてで色鉛筆使おっと。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://baby.kumausa.com/trackback/1160133

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

お得情報

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM