JUGEMテーマ:金魚

 

金魚すくいで得たらんちゅうに水槽をと、アクアシステムの水槽を一式購入し、ソイルを使って早3年…とうとう、ソイルをやめて、溶岩砂に乗り換えました。

 

ソイルはソイルで良いところがありますが、金魚には不向き。

特に、らんちゅうは底砂をハムハムしたり、小尾でゴミを巻き上げたりします。うちのらんちゅうの癖かもしれませんが。

 

で、水中フィルターを設置して、どうにか巻き上げる砂埃対策としては有効だったんですが、ソイルの底面フィルターとしての機能が果たして無いこともあり、やっぱり繰り返し使える石系が良いのでは?ということで、3年目にして溶岩砂にしました。

 

 

溶岩砂も細かいものをと、大体ソイルと同じサイズのものにしましたが、ソイルのように粉が巻き上がることなく、すぐに沈みます。

が、問題も発生。それは糞が舞い上がってしまうこと。でも、それは以前からの悩みなので、水中フィルターに活躍してもらってます。

結局、水中フィルターは必要なのです。溶岩砂でも。

(うちのらんちゅうは水中フィルタの下がお気に入り❤餌の時以外はここで寝てる)

 

溶岩砂にするにあたって、以前の金魚水槽には、ヤマトヌマエビとか水草、流木などを入れてたんですが、これらをメダカ水槽に移して、金魚だけの水槽ということで、簡素化することにしました。

これで、底面フィルターとして活躍してくれることに期待。

 

溶岩砂に変更して、1週間ほど経過しましたが、毎日糞を取り除いて、フィルターに細かいゴミを吸ってもらい、水の透明度は相変わらずです。

一番良いのはソイルだと1週間ほどでコケが発生しましたが、全く発生しません。

やっぱり、ソイルは水草用と思われます。

 

溶岩砂は真っ黒というわけではなく、色付の石もあるので、なんとなく富士山近くの河川の水底をイメージします。

多分、大きい岩と中くらい、小さい岩を枯山水のように配置しただけでも楽しそう。

枯山水好きなんで、石を集めてやってみても楽しそうです。

 

あ、水槽の背景を枯山水の写真とか貼り付けても楽しそうですね。

何もないのは、イメージが生まれやすいのでしょうか。

 

出目金が溶岩砂と一体化して、ステルスになることもしばしばですが、両金魚には落ち着く色のようです。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://baby.kumausa.com/trackback/1160110

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

お得情報

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM