長男が習字の時間に洋服が汚れないようにと体操着に着替えてて、墨汁の余分な墨をしまおうとスポイトで吸い込んで、墨汁を散乱さたらしく、体操着と椅子カバーと給食袋と体操着入れを墨汁で汚して帰宅しました。

 

墨汁汚れはなかなか落ちないというか、落ちない…のに、こんなに沢山のものに引っ掛けて…時間も根気もないので、とにかく体操着に絞り込んで、きれいにすることに。

 

 

で、以前に学校のお母さんから聞いた方法を試すことにしました。

それはボディーソープで洗うのです!

 

 

ボディーソープで洗い始めたら、洗濯機で落ちなかった墨が少しおちてグレーになりました。

わーいと思ったけど、そこから先がなかなか消えず…グレーの状態にして、翌日お店に走りました。

 

確か墨専用の液があったんでそれを求めてみたところ、5〜6回液をつけてはもんでを繰り返すそうで、ボディーソープと変わらない!と、買うのをやめて、ネットで検索したキッチン用マジックリンをと売り場を探しても、この商品が見つからず…

油用があったんで買ってみましたが、落ちませんでした。

次に、色々洗剤売り場を物色し、セスキの洗剤を見た時、電グルの石野卓球のツイートにマジックペンで落書きし、セスキの洗剤で消して、描いてといういたずらがあったのを思い出し、買ってみたものの墨汁には不適合でした。

 

次に、洗濯用のブラシが必要だと見ていたら、繊維に入り込むブラシがあったので、買ってみたら、ビンゴでした!

以前に、マジックペンの汚れを落とした時、繊維に入った汚れをどうにか落としたい!と思ってて、コレだと想って買ってみたら、まさにその通りで、繊維に入ってかなりいい仕事してくれました。

多分、エリソでにも良いと思うのですが、しみ抜きにも使えます。この細く長い毛足が曲者です。

 

 

洗い方は、まずブラシにボディーソープをつけて、生地を裏かえし、シミを真ん中にくるようにを5本の指で太鼓のように張って、ブラシで叩きます。

もしくは、下に汚れても良いタオルなどをしくのが良いのでしょうが、その時は頭にありませんでした。

で、これ以上薄くならないと思ったら表にして、同様に叩くを繰り返し、なんとなく薄くなりました。

 

今回は、墨汁シミが多すぎて4時間ぐらいやって諦めました。(体操着上(白)下(青)だったし、その前に椅子カバー(防災頭巾いれ)もやってて疲れてた)

 

翌日、あ、ウタマロもたったと取り出してやってみたら、すでに薄くなってはいましたが、更に落ちました!

…ん?ウタマロで最初から洗ってれば良かったかも?混合だったらもっと落ちたかも??とか考えたら何故そうしなかったかと…

 

まぁ、これでいいっす。墨汚れは多少残ってても、わかりにくいところもまではできたから。範囲が広すぎて辛いし…

旦那からは「新しいの買えば」と言われたけど、去年買ったばかりで、1年経ってません…運動会も終わったし、どうにかこれで残りは過ごしてもらいます!

 

 

…あとがき…

ブラシともみ洗いなどで仕上げは洗濯機で洗って、乾かしてみたところ、そんなに目立たなくなりました。(生地の表面が多少ボロボロになりましたが)ズボンの方はよく見るとわかるけど、一見ではわからないぐらいです。

もみ洗いしすぎて、指があかぎれになりました。手袋は必須のようです。途中からしたけど…なってからはもう遅いよね。

でもな〜、ある番組で墨作ってる作業員の人がお風呂で墨を流す際に、うぐいすの糞の洗剤を使ってたんですよね。多分すごい吸着力があるみたいなので、これだったら落ちたんじゃないかと思ったんで、旦那に行ってみたところ「うぐいすには寄生虫いるよ」ということで、いや、洗剤だから大丈夫なんじゃないかと思ったけど、ちょっと墨職人の健康が不安になりました。口に入れるわけじゃなし、大丈夫だとは思うんですけど…

 

 

まぁ、墨汁で悩んでいる人がいたら、ボディーソープとブラシで手袋して、是非、トントンしてみて下さい。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://baby.kumausa.com/trackback/1160109

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

お得情報

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM