JUGEMテーマ:金魚

 

金魚水槽のソイルから底面フィルターを引っこ抜いてしまってから、早1週間が経過し、ソイルから溶岩砂に変更して、立ち上げ直しました。

 

今年で3年目を迎える金魚水槽です。

つまり、3回目の水槽リセットとなりました。アクシデントがなければ、本来なら3ヶ月は先でしたが…

 

薄茶色のソイルが粉になるのも早かったし、らんちゅうと出目金がハムハムすることで、水中フィルタを導入したりと、色々やってきましたが、底面フィルターがあるのに、水中フィルターを使うのは、底面フィルターとしての機能を果たして無いからではないかということから、ソイルをやめて、崩れないし、使いまわせる溶岩砂にしました。

セラミックとか色々考えたんですが、黒いのがよかったし、自然のものが良いかと、長男が選びました。

 

溶岩砂が届いて気がついたのは、4Lじゃ少ないかもと、追加で麦飯石も購入。

本日届いて早速洗うことから開始です!

 

溶岩砂は思っていたよりも細かい!一生懸命洗って、10回を過ぎたあたりから水を入れた瞬間でも粉が出てこなくなり落ち着き始め、13回でこれ以上やっても摩擦で擦れて出て来るということを察知し、やめました。

 

麦飯石は赤っぽいんですよね。粒は5mmほどのでしょうか。これも洗って5回ぐらいできれいになりました。

仕上げに百均の園芸用のフルイで洗ったら、小さいのと仕分けられました…この商品は粒は揃ってないようです。

あと、植物系のゴミが意外と多かったので、しっかり洗ったほうが良いです。

↑この商品だけでも良かったのですが、黒が良かったので…でも、溶岩も思っていたより少し茶色っぽいんですよね…

 

アクアシステムの底面フィルターを側面ギリギリにつけると掃除しにくいことが前回でわかっていたので、40cm水槽のど真ん中に置き、その上に麦飯石をのせて、エアーズロックの様な感じでこんもりさせて、ナッツ現象(大きい粒子が上に上がってくる現象)にならないように、麦飯石の上に網を被せ、側面からは網が見えないようにして、その上に溶岩砂をのせました。

赤い網はダイソーで買ったメッシュの袋で、次男のサッカーボール入れを作った際に余ったのを使いました。

 

溶岩砂全部入れ、平らにならしたら底面フィルター上面より3〜4cmほど高くなりました。

しかし、溶岩砂と麦飯石がソイルと同様のフィルタがわりになるのか心配だったので、わかりやすいように白い濾過フィルタを敷き、粉ので具合を確認しながら水をれました。

ちょっと薄茶色になってるところは粉が出たところですが、水を入れ終わる頃にはありませんでした。薄まったか?

 

このあと、エアーをつけてバイオバランスを入れ、しばらく下から湧き出る水を観察しましたが、ゴミは出てきませんでした。

うちのは基本的にアクアシステムの機材を利用してますが、本来なら同社のソイルを使ってバイオバランスを入れなければならないのに(ソイルの中にいる微生物の補充にとバイオバランスがあると思うんですが)、他社の溶岩砂と麦飯石をいれたので、どこまで微生物が定着してくれるかが問題となってます。

 

一応、試験紙にて、pHが6ぐらいだったので、金魚を投入。転覆病傾向だったらんちゅうが元気に泳いでます。小さい水槽もそろそろ限界が見えてたし…

 

今後課題は、上面の白いフィルタがどの程度汚れるのか、底面フィルターが機能してるのかをチェックしたいと思います。

 

 

【今回の教訓】

石を洗う作業は外のむき出しの水道(洗濯機用)を使ったんですが、本日は風が強くて、私に水がバシャバシャかかって…ホースって必要だなってつくづく思いました。

次回までには、ホースを買います!

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://baby.kumausa.com/trackback/1160108

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

お得情報

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM