JUGEMテーマ:淡水エビ・シュリンプ

 

 

メダカと同居しているミナミヌマエビについて覚書

 

ミナミヌマエビの個体数が30匹前後で安定してましたが、水槽を大きくしたので、個体数を増やそう計画を実行中です。

 

最近、たまたま行ったアクアリウムでグリーンモスを発見&購入し、重しとなる土台をず〜っと前に購入していたので、それにグリーンモスを挟み込んで、水底に沈めておきました。

 

そこへ、ミナミヌマエビが数匹、頭から突っ込んでいて、コケでも食べてるのかと思っていたら、稚エビを放出していたようです。

 

何でわかったかというと、グリーンモスの切れ端が漂っていたので、ピンセットで捕獲し重しの中に突っ込んで居たところ、ゴミ?と思われるものが漂って、それをすかさずメダカが食べたのです!あ、稚エビだったのか!ということで、じ〜っと見ていたら、ちっこいエビが居ました…それ以来、ピンセットでゴソゴソはやめました…

思惑通り、グリーンモスの隙間が養殖場となって、エビが沢山住み着いているようです。

 

 

で、稚エビ観察をしていたら、体内が白いエビを発見。

実は以前にもお腹が白くなったエビをみていて、そのエビは死んでしまいました。

ぐぐってみたところ、病気などによる白化現象らしく、どうやって治したらよいかわからなかったので経過観察をしていました。

 

白化現象が確認できたのは、この1匹のみだったので、他に広がらないように観察を初めて1週間具合でしょうか、やっぱりそのエビは死んでしまいました。

他のエビの餌になる前に、放出しました。

 

しかし、白化なのですが、アナカリスが春に白い花をつけてわんさか状態になった際に、エビが花を食べていたようで、そこかしこのエビのお腹が白っぽくなったことがありました。

花がわき終わると水草が枯れますが、横から若い芽がでるので、それだけを取り出して、新しく植え替えましたが…

水草も花咲くのか〜…でも種とかできるのか?と最終的にどうなるのかわからないまま、食べつくされてしまったな〜。

 

 

 

そういえば、メダカ水槽に買った照明が3ヶ月もせず壊れたので、新しく買い替えました。

以前のよりは光量が少ないようですが、多すぎるとコケの対応で大変だったので、少なくても水草が育てば十分でしょう。

アマゾンで安いからと買ったんですが、中国製は駄目ですな。多分、熱の拡散方法が駄目だったんでしょう、熱暴走で駄目になりました。

光量が少ない方がコケ対策しなくてすむけど、新しい照明にしてからメダカの産卵がうまくできないようです。

過抱卵のメダカが現れ、お腹がとにかく大きくなってしまって…オスの不足も考えられるのですが、一応は数匹居ますし…

オスにもう少し頑張ってもわらないとですね。産卵促さないとメスは卵が産めないようです。

 

 

こんな感じで、メダカ水槽は賑わってますが、金魚水槽ではヤマトヌマエビを6匹追加し、彼らはコケ対策に追われてます!

頑張れ!

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://baby.kumausa.com/trackback/1160100

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

お得情報

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM