JUGEMテーマ:家庭

 

立春を前にして、今週はじめからメダカの産卵が止まりません。

 

生後1年強のは昨年から産卵が見られましたが、去年の秋口に生まれたメダカまで産卵してました。

産卵床(トンネルタイプ)をセットしておいたら、たくさん卵がついてました。去年までは中で産んでくれなかったのに…広くなったからかな…これだと自動で採取できるので卵ホイホイと名付けました。

 

秋口生まれは3世代目なので、そろそろ外の遺伝子が必要かもしれません。

 

今年も高級メダカすくい(1代目もコレで4匹ゲット)やってくれるかな〜…一応、白か青がきれいなので、そちらをメインにしたいんですが、1世代目の黒1匹の繁殖力が強く、青か白とのミックス種が現在の水槽を賑わせてます。

 

水槽立ち上げから2周間ばかり経過したら、コケ抑制の砂利効果も虚しく、コケが大繁殖。

多分、稚エビ対策したジェックスパワーフィルターの外側につけた不織布が良くなかったのかも。コケだらけになってしまったので、交換したら、中のフィルターはきれいだったので、かなり不織布で濾過ができてたようです。

 

が、中のフィルターの効果を期待したいので、ろ過マットを切って、髪用のシリコーンゴム(意外と便利)で止めました。

ジェックスのやつには稚エビ対策がないので、金魚水槽の水作のと交換したいんですが、ジェックスのはモーターが壊れやすいのでヘビーでは使えなさそうなので、まぁ、以前のでもろ過マットをくくりつけてたら、ミナミヌマエビは増えてたし、この対策でも問題ないと思われます。

 

もう一つコケ対策として、ジェックスのエアレーションの口に交換(水流を抑えるため水を出してた)、気持ち強めにして壁に当てて水流を発生させ循環させました。

 

スリムタイプの水槽なので、奥行きはないものの、横に長い分、水中濾過の機械の逆側の水が滞り安いので、エアレーションで撹拌できるようにしないと駄目ですね。

 

メダカは水流を嫌うようですが、小川でも水流はあるし、逆にエアレーションの近くで泳いで楽しむメダカも現れ、メダカの動きに変化が現れたので、逆に良かったのかも。ただ漂ってるだけでは面白くないもんな〜。

 

と、横に長くした分、メダカの観察がよくできるようになったら、今までよくわからなかったんですが、奇形のメダカがいました。

背骨が小尾近くで上下にうねってて、まっすぐではないんです。泳ぎも変でした。

多分、遺伝子異常だと思われます。2代目だったので不安ですが、3代目は大丈夫でした。

 

メダカ水槽に入れた金魚草は酸素を大量放出し、新芽が茎からではじめました。

早咲きの桜も咲いたし、そろそろ春だな〜ということで、鼻水が止まりません…花粉症ヤダもう!

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://baby.kumausa.com/trackback/1160089

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

お得情報

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM