JUGEMテーマ:家庭

 

最近はメダカかエビネタしか無い気もしますが、色々やってます。

 

今回は構想を形にし、出来上がりも上場でしたので、メモがてらに報告。

 

 

ミックスナッツ空容器は大体容量が2L入ります。

養生用に使ってたんですが、羽化したメダカの引数が増えてしまい、稚魚用の水槽をつくるくとにしました。

旦那がエアストーンからでる泡を弱める装置を作って、今のところ、これで稼働してますが、このメダカたちが1ヶ月を過ぎたあたりになると羽化したばかりのメダカを食べてしまう恐れもあるので、別容器にと思ったんですが、旦那が作ってくれた水流を弱める装置が容器全体の半分近くを使ってしまい、ちょっと狭い気も…

 

ということで、小さい容器には底面フィルタが一番だろうということで、自作してみることにしました。ちなみに、市販品で11×12程の底面フィルタは売ってませんでした。

 

色々試行錯誤してみたんですが、ミックスナッツの容器形状を活かし、園芸用の鉢底ネットを底面より1〜1.5cm上にくるように形を合わせてカット(鉢底ネットの平らな法を上面にしミックスナッツ容器少し出っ歯てるところで形を切り抜く)し、端に石油ポンプ(底面からミックスナッツ容器の上の線あたりまでの長さに)の硬い方の筒を鉢底ネットに筒と同型の丸い穴を開け差し込んで、土台が完成。

 

で、鉢底ネットの下には水をきれいにするゼオライトや麦飯石などを平らにひき、先程の鉢底ネットを加工したものをはめ込み、鉢底ネットからすり抜けないような工夫(洗濯ネットとか薄いフィルタとか)をして、よく洗った底石を平らに乗せて完成!

 

エアーの引き込みホースを石油ポンプの硬い筒にエアストーンとか使わずに差し込み、先端を鉢底ネット付近よりエアーを出したら、これで水槽ができあがりました。

 

 

私が一番ネックだったのは、底石を百均で買ったら粉が沢山でて、洗っても洗っても濁りが出てきて、最終的に少し水が濁りましたが、翌朝底面フィルタがちゃんと濁りを取り除いてました。

 

 

ん〜、前回ぴったり嵌る鉢底ネットを作ったのに、型をボール紙とかに取っておけばよかったと後悔。複数作るのに失敗ばかりしてました。角のアール部分が厄介ですが、容器と合わせながら切るときれいにハマるサイズが出来上がります。


前回はメダカ用でしたが、今回はヤマトヌマエビを育ててみようという企画を立ち上げて、そのための底面フィルタを作ってみました。

 

麦飯石の上にネットをはめ込んでウールをフィルタ代わりにしてみることに。苔と同じ作用があればと思いました。

ヤマトヌマエビは汽水で育つとのことで、塩水は大体市販のを使えとネットであったんですけど、岩塩を溶かしてみることに。

数億年かけて海が固まったものだから、ミネラルとかあって良いよね〜とか思ったんですけど、これが吉と出るか凶とでるかはおなぐさみ…

 

まだ実験中だし、爬虫類用のヒーターを注文したらマレーシアからなので、時間がかかって、羽化したばかりのメダカも危うい感じ…

とりあえず、玄関から入ってくる冷気を、百均の隙間用テープで塞いたら暖かくなったので、効果抜群ですね!

 

 

※石油ポンプの筒ですが、底面を少し斜めにカット(底に当たっても水が吸い上げるように)し、上部は蛇腹部分を使う少しアールがついて少し使いやすかったです。

 

 

我が家では、こんな感じで水槽が増えていき、最近では何かの実験室のようです。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://baby.kumausa.com/trackback/1160070

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

お得情報

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM