電子本のKindleとGoogle Playの比較

0
    JUGEMテーマ:家庭
    家に本を置かずに済む利点から、電子書籍に目を向けてみました。
    Google アンケートモニタで稼いだので、気になっていた本を購入してみました。
    お〜!ChroomBookでも、スマホでも見れて重たい本を持ち歩かずとも、さくっと読める利点がありますなぁ。
    外出先にてスマホの通信費を抑えたいので、商用施設にある無料Wi-Fiスポットを利用して検証しました。
    <表示の比較>
    ・GooglePlayの場合
    自宅ではChromeBookを使って、GooglePlayにアクセスし、書籍からマイブックを選択すると、購入した本が1冊づつ並んでますんで、選択して読みます。他に、自分で自炊した本などもアップできる利点があるようです。
    スマホでは、GooglePlayにアクセス、エンターテイメントにタブを変更し、書籍を選択、左側から中央へスワイプさせて、マイブックを選択すると、マンガ本の場合はタイトルづつたばねた表示になってますんで、そこをタップして読みたい巻を選択すると読めます。
    ・Kindleの場合
    アマゾンのKindleは、Fireタブレットを利用するためPCでの閲覧の出来は良くないです。クラウドライブラリというのを使ってブラウザ上で行うため、ズームとかもできないし、ページをめくるぐらいしかできないのは残念。
    スマホだと、Kindleの無料アプリがあるので、これを入れればFireタブレットでなくても使えます。ズームもできるから、こちらに特化したものだと思いました。
    <値段の比較>
    GooglePlayは、Googleアンケートモニタというアプリでアンケートに応えるとポイントがもらえてガンガン貯まります。
    Kindleは、アマゾンポイントが付くので、その分お得です。
    で、どちらがお得なのかですが、どちらもギフト券があるんで、これが安く買えれば、もっちょっとは安くなると思うんですが、本の値段はどちらも同じですね。この辺は差が無いようになってます。
    コストコで、ギフト券が安売りするときがあるのかな〜と期待してますが、アマゾンの方がギフトポイントを手に入れ易いんで、どちらが自分にとってメリットかという、使い勝手で決めるのがいいのかな。
    Kindleで本を買った場合、アマゾンポイントが付き、Googleアンケートモニタをやりたくない人は、こちらの方が後腐れ無いです。
    <無料で読める本>
    これはどちらも多くあります。
    Kindleは東京防災という東京都が作った防災の本があるので、これを見るために使ってみた次第。もちろんスマホでも見れるので、なにかの時に役にたつよう入れておきました。
    と毎日、目が痛くなるまで同じタイトルのマンガ本を見てたんですが、PCとスマホで観やすかったのはGooglePlayでした、私の場合ですが。
    電子書籍のレンタルの選択肢もありますが、それほど毎日読みたい訳ではないし、好きな本を気軽に読み返したいので、ありすぎるのも問題かな。
    ま、これ以上新しいところを利用すると、新規登録で個人情報の記入が面倒だし、しない方が人生的には良いので、主に継続的に使ってるところのサービスを利用すると良いと思います。
    ちなみに、LINEに似たようなGoogleのアプリもあり、さらにイベント情報や写真の共有もできるから、便利なんですけどね。
    まぁ、世界の叡智Googleより韓国のまがい物LINEなら、Googleの利用が良いかと私は認識してるのですが…日本人なら韓国モノはより使わない方が…と思うんですけど、なかなか世間に認識されませんね。反日国家だし、スパイに利用されてるかもですね。
    ちなみに、ウォルマートではSNS自体が禁止ですし、情報漏洩は否めないようですね。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    ランキング

    archives

    recent comment

    recommend

    Letter Factory [DVD] [Import]
    Letter Factory [DVD] [Import] (JUGEMレビュー »)
    Leapfrog
    フォニックスで英語の発音を楽しく覚えられる。2歳の息子もABCを発音で覚えました。

    recommend

    赤ちゃんの遊びBOOK
    赤ちゃんの遊びBOOK (JUGEMレビュー »)
    齊藤 恵,小西 行郎,小西 薫

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM