JUGEMテーマ:育児



長男は4歳になった時から、補助輪無しで自転車に乗っています。

んで、幼稚園のお母さん方から補助無しで乗れる方法を聞かれるので、記載しておく事にしました。
子どもには個人差があるので、あまり真剣にならないで、できなくても叱らず、遊びの一環として指導の参考にして下さい。



  1. まずは自転車についてですが、両足が地に着く状態から練習をして下さい。こうしないと子どもは怖がって乗ってくれません、って当たり前ですけどね。大人だって怖いもん。


  2. で、ペダルを外して(親がやってね〜)、両足で交互に蹴って前に進み、慣れて来たら片足で蹴るストロークをのばして行き、両足が地面につかなくてもバランスとって乗れるぐらいまで練習。


  3. ここまでできたら、ペダルを付けて、ペダルに足を乗せて漕ぎ出す方法を教えて自転車に乗れたら、とにかくペダルを回すように教えます。


  4. 多分、止まり方は両足を地面に付けて止まるので、止まった状態でブレーキについて教え、少し走らせてはブレーキを体感します。漕ぎながらブレーキという2つの動作を一緒に行うのが難しいと思うので、親は目を離さず近くに居て下さい。


  5. 直ぐになれると思うので、徐々に距離をのばしたりやスピードを出して乗る練習もして下さい。




長男はペダル無しのストライダーに乗っていたので、ペダルを漕ぐところからスタートでしたが、止まる時はストライダーの癖で足で止まるようになってしまったので、そこを補正し直ぐになれてもらえました。

一応、長男自転車はスコットの12インチで、アメリカ仕様のためコースターブレーキ(ペダルを反対に回すと止まる)がついていて、足の方がブレーキの効きが良いので、初めはこちらで止まるよう指導しました。


ん〜、ペダルを外して蹴って乗るってのが一番の近道だと思いますが、親的にはこの作業するのは億劫ですよねぇ。でも、それで自転車に確実に乗れるようになるので、検討してみて下さい。

因に、スコットの自転車はロード専門店、もしくはスコットの専門店(ららぽーと三郷中央で展示されてるので試乗するといいかも)で買えます。トレックも同様仕様の自転車ありますが、デザイン優先で息子はスコットを選びました。毎年デザインが変わっちゃうんで、いつ買ったかばれちゃうのが難点ですねぇ。


あっと、ストライダー持ってるけど乗ってくれなかったという方もいらっしゃったのですが、その場合YouTubeで動画を見せ競争心をあおる方法があります。
ストライダーのサイトでも乗ってる子の動画が紹介されてるのでそちらを見てもらえると、こんなことできるのかと、乗ってみたくなる事間違い無し!(うちの子で立証済みです)
本来ならば、ストライダー乗りが集まって競争させると良いのですが、長男の時代はもってる子が少なかったので、独りで頑張って乗ってました。

長男は自転車に乗ってると大人から「凄いね〜」と褒められるのが嬉しくて、大人の前を行ったり来たりするようになるという弊害もありますが…とにかく、褒めて褒めて褒めまくって乗れるようにしましょう。




追記

先日、テレビにて無料で教えてくれる自転車教室があったので、そこをご紹介しときます。

自転車産業振興協会主催の「自転車乗り方教室」
小学生以上で、自転車は貸し出し用で教えてくれます。
10時から2時30分受付で3時までやってるそうです。
年齢の上限はないので大人の方も大歓迎。
場所は皇居周辺!なので、電車で行きやすいですね。
2〜3時間で乗れる様になるっていうから、教えるのが大変な方にオススメっす!
参加料金は無料!なのはありがたい〜

残念なのは、小学生以上ということで、それ未満はできないのです。みんな、5、6歳から乗せたいのにねぇ。







追記2

子供に自転車のルールを教えるのって難しい…けど、このアニメをみれば、少しは理解できるかも??
こぐまの自転車マナー教室

まだ第一話だけなので、続編が気になります。

自転車に乗れるようになったらルールがあることも、お子様にも教えてあげて下さい。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

利用している会社の広告



Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM