なんであいつがネットで賑わすカリスマになってるんだ?!と憤った。

 

 

何故か知らないけど、昔からスキンヘッドは苦手だった、いや、お寺の坊主とは普通に接することができるのだが、見てるとイラッとする。なので、遠ざけていたのだが、苦手な理由が最近判明した。

 

YouTubeで色々と映像を見ていたら、その中にある人物が有名人として紹介されていた。

そのスキンヘッドの男性が海外在住のカリスマスピリアルニストのカリスマになっていた。あ、こいつ嫌いだと察知した。

なんか色々思い出して虫唾が走ってくるが、このカリスマは前回の作戦で失敗した張本人であり、その失敗を私になすりつけた敵であり因縁の持ち主であるが、とても純粋で素直な人で、とても私達は高次元でも非常に魂の強い人材が選ばれるため、人間の器には駄目な場合があり、そういった不具合が自閉症という病気になって生まれてしまう。

自閉症でも軽い方だったら良いが、重度だと使命を忘れてしまうため、ある意味賭け。

でも、それをする意味があるのだから仕方がない。

 

4回目の作戦は明治維新から始まっていると言ってもいいだろう。あのあたり。

人工を爆発的に増やし、部隊の人数を増やすことに成功。賭けの確率があがった。

 

私達は高次元から来ているのだが、高次元から低次元へ来ると、その低次元からやり直しになるので、高次元の体から魂を抜き取り低次元へ送られ、死んだら高次元の体に入って、高次元の生活ができるようになっている。

つまり、体が2つある。

もう片方の場所は遠く離れたところに、ひっそりと仲間に管理されている。

また、高次元から魂だけくる理由としては、時間移動が早いことかもしれない。魂だけだと時間は関係なくなるから。

 

スキンヘッドのカリスマは、脳での交信の技術が高い。これは前世の時の話だか、現世でも同様の能力の持ち主だろう。

色々な周波数を使った脳で交信しているよだが、これがとても危険なのだ。

周波数を合わせた先が例えばアマチュア無線家のいい人だったらいいけど、オレオレ詐欺の場合もある。

かれは後者と通信が得意で、詐欺師も巧妙に彼を騙す。彼は純粋だから良い方と信じたら、ずっとその通りなのだ。

だから、前回の作戦で情報漏えいしたのだ。すべてダダ漏れで、そして結果的に失敗…

 

私は前回彼の部下だったため、途中から”あれ?”ぐらいの少しおかしい話があったのだが、彼は純粋なので気が付かなかった。

そのことについて彼に教えたのだが、詐欺師を純粋に信じているので、聞く耳を持ってもらえなかった。

 

作戦が幾度となく潰され、仲間も失ってしまった頃、カリスマ抜きで、仲間と集まって話し合いをすることに。

集合日時があわず時間が取られてしまったが、それでも成果はあった。

すでに何度か同僚飲み会があったので、上には下のもの同士の親睦会ということにして、愚痴大会だということに。

で、同僚との話し合いでも仕事内容を邪魔され先に進まない状況になっていたり、仲間が潰されたりと、同じ様な感じになっていたのが、カリスマと近い上司の部下だったし、他の知り合いのところも若干飛び火してて、その大本がカリスマだった。

こいつ絡みで先に進まないことがわかったことで、カマをかけてみることに。

 

嘘をいうと罰せられるので、本当のことに意味合いを違う感じで伝えて、間違えるようにしてみた。

結果は、まさにビンゴ!情報が漏れていることが判明したあと、地球上では脳での通信は禁止とし、会話で伝えることと決まった。

となっても、カリスマは周波数を使って連絡を取り合っていた。もう使うのは辞めて下さい!とお願いしても続けていたので、仕事もストップ、ほかから話が来なくなった。

 

今でも信じてチャネリングしてるんだなぁ…ある意味すごい人だ。

自分のせいで、地球全体が脳による交信を禁止になったというのに。記憶をなくして生まれ変わるとは幸せなことでもあり、恐ろしいことでもあるんだな。

前回の作戦終了後、私は作戦を仕切っていた(考案した)人に、文句をブーブー言って、彼とは一緒に居たくないし、今後は作戦にも参加しないことを申し出てた。自分の次元に戻ってから、随分とお呼びがかからなかったので、もうないと思っていた。

 

とはいえ、前回のことで作戦から外すとまで言わせたんだが、彼が今回にも彼が参加しているのは何か裏があるのだろうと思ったら、案の定で、彼のチャネリング技術を逆手にとって、向こうの情報を得ていたのだ。

今回の作戦では、一人に一つしか行動が言われていない。

他の人との交流もなく、言われたことだけを全うすればOKということなので、通信する必要がないが、ある意味孤独の戦士なのだ。

(あ、ガンダムで哀戦士あったな…)

とはいえ、攻撃はしている。

敵が陰に対してものすごく強いので、直接攻撃すると妬み恨み嫉みで向こう側に落ちるか殺されるので、偶然を緻密に計算した攻撃を行っている。

とにかく時間をかけて敵の懐にはいって、敵の間抜け(天狗)な部分を利用して地盤を作り、何十年もかけ、何代もに渡り今回の作戦を費やしてきた。

ピタゴラスイッチとかドミノ倒しみたいに、人から人へと影響力を与える人がでては、波紋のように行動が伝わって最後に誰かが攻撃スイッチを押すという方法で、みんなの行動力によってシナリオが組まれていたので、ある意味地球上にいる人みんな携わってると思う。

 

直接攻撃だと人間も傷つけちゃうし、地球も危険にさらされるので、地球にいても駄目だ〜と思わせ撤退させる方法しかなかった。

一応、2012年頃には終わってたらしいけど、まだまだ残骸があるようで、そこら変の後処理をしている様子。

日本でのバブル崩壊は無くてはならない攻撃の一つだったことは確かなようだ。

というのもバブル崩壊してやった〜と思ったんだよね、なぜだか。嬉しい気持ちになったんだ。周りはどよんでたけど。

3.11で仕返しされたけど、世界の目は変わったと思う。ある意味必要な出来事だったかもしれない。

同じようなことが、今のコロナだと思われる。

 

隊員になれる数も決まっていて、地球上に居る人数の数%と決まっているため、人数が限られてしまうから、今回は地盤固めの一貫として、人口増加が仕組まれていた。

魂が強い高次元の人材選びは陪審員制度みたいな感じで、いきなり召集令状が送られてくる。

その中でも、向こうに落ちる人は半数ほどいるし、仕事内容を忘れるなど、以前失敗した方法とは違う緻密なシナリオを作成したことで、順調だったようだ。

 

 

普通に来てる魂の入退場などの受付は月で行っているようだが、私達はそのルートを辿らず独自ルートで、旧家と契約しているため、直接そこから生まれることができる。

大体前世を背負ってるという人は、部隊の隊員で数度来ていることがあると考えられる。

死んだら、月へつながるポータル(山の上とかあるらしい)へいき、月からここに散らばっていくようだ。

日本の場合だと…天狗とか聞くけど、詳しくはわからないが、案内人とか誘導係(TDLだとクルーというやつ?)はいるので、言うことは聞くように!

 

 

そういえば、ずっと考えていることがある。

なんでか、これがずっと頭の中の片隅にあって、考えさせられてるんだけど、私は科学者ではないので、みんなに聞いてみることにしました。

 

■「正三角」という図形と球体の関係

三角は、普通に正三角形で、これは10代の頃、三角を組み合わせた立体を作って以来、取り憑かれている。

この三角がうまく詰めると球体になるようだが…この正三角形と球体に繋がりがあるらしい。

 

■「3」という数字と「369」もセットで考えること

3という割り切れない数字、3の倍数でアホになるというネタがあったが、そういうのじゃなくて、3という数字は奥が深い。

意味を考えると、三角の角の数なのか…でも、6と9も合わせて考えるようにとのことで、多分弥勒菩薩もずっと考えさせられてた課題だったと思う。あと、スフィンクスのなぞなぞでもあったけど、ああいうのではないんだ。

これがわかると何かの鍵らしいのだが、数字に関してはちんぷんかんぷんなので、数値に強い人にお願いしたいですね。

 

■「五角形か5」「六角形か6」という図形か数字

5という数字よりは五角形の方というのが強いです、六角形もそう。

ゴロゴロとか淤能碁呂島とか、色々あったけど、それじゃないんです。

五角形と六角形をあわせた形なんですが、サッカーボールじゃないんですよ…辺をあわせた形ではなくて、合体したなにかの形状なんですが…これは宇宙心理らしいのですが…さっぱりわからんw

 

 

ということで、課題を与えられて、色々調べてるんですけど、現状の科学では証明できないみたいで、最先端科学の研究してる人に聞いてみたいんですよねぇ。何か知りません?

 

植物にヒントがありそうなんですが…数学と植物学の融合した学問てありますかね??

なんで縦割りなのか…学問は横に広げて一緒に考えないと何も生み出せないきがするんですがね。

数学を植物で追い求める分野…なかなかないなぁそんなの。植物って結構幾何学使われてるんですけどねぇ…

生まれてから後の記憶があるのは、歩き始めた頃、初夏の気持ちのいい午後に、庭の芝生で座り込んでぬいぐるみなどを並べて遊んでいた。

 

何かを察知したのか、ふと右下へ視線を落とすと、一匹の緑色の小さい蛇が私の方へ忍び寄ってきていた。

蛇を見つけた!と冷静な私は、傍らにあった小さい小瓶の蓋を開け、さっと右手で蛇のしっぽを捕まえ、頭から瓶にいきたまま蛇を入れ蓋を締めた。

 

私に蛇が寄ってきたのはコレが初めてだし、触ったのも初めてのことだったが、何故か捕まえないといけないという使命感があった。

 

 

瓶に入れられた蛇が可愛そうだと両親が瓶を奪おうとするので、私が阻止していた。

蛇は外へ出してはならないのだと必死だった。

お気に入りの小瓶にいれたので、蛇がお気に入りだとおもった両親はしばらく様子をみることにしたのだったが…

そうこうしてるうちに、時間が経過し、瓶の中の気温も上昇、酸素もなくなり窒息死した蛇…

 

こんな年齢でも両親の話は覚えていた。

父は母に蛇は土の中に埋めたことを話していた。

私は安堵していた。

両親は私が蛇をおもちゃだと思って瓶へ入れたと思っていたようだが、蛇しか入れてない瓶、他にもおもちゃはあったのに入れなかった。

瓶は光に照らすとキラキラ光るので、お気に入りだったのに、それ以来瓶とはおさらばさすることになってしまった。

お気に入りのものには、蛇は入れないようにしようと思った。

 

しかし、なんで蛇を怖がらず掴んで殺せたのか…不思議な記憶…

家の垣根には蛇の抜け殻が結構あったが、それ以来、大きい蛇には遭遇しなかった。

いや、ニシキヘビの子供には遭遇したかな。でも薄緑色の蛇は、見てないなぁ。

綺麗な黄緑色だったんだけど、うちにいついてた蛇じゃないのかな??

 

 

数十年後…

実家の建て替えのために、家を壊したら白い蛇が1匹でてきたと父が言っていた。

うちは旧家ではないが、庄屋だったこともあったんだけど、今は普通の家で、何度か建て替えの度に土地を少し移動してるので、同じ蛇が同じ家に住むのかと疑問が。

そして、蛇が居るのにネズミが多かったのはなんでだ…実は蛇はネズミ食べないんじゃないか??家に白蛇が居てもねずみが家を徘徊してたんだが、これはどういうことなのか…

白蛇は神でなく盗聴器の役割だったのかもしれない…と思うようになった。

神への伝令…つまりは盗聴じゃねーか…

 

薄暗い廊下を歩いている。

コツコツという音が複数ある。

前を小走りに急いでいる男性が、時折振り向いて、私に急いでと手招きしている。

廊下には窓がない、どうやら地下のようだが、両側に棚が並べられていて、廊下の幅が少し狭くなっているし、少し埃っぽい。

男性は白くふわったとした外掛けを来てるためか、廊下の釣り照明の間隔が開きすぎて、男性が明かりから外れて暗闇の中に入っても、白く浮かび上がっていた。

顔はよくわからない。

 

私も男性においていかれないようにはしていたが、小走りに走っては歩いてを繰り返していた。

時間がないのか、男性は「早く」とか「急いで」とあおるも、不満が募る。

 

「急な話で本当に悪いね。」と男性が言う、少し年配のようだが、息が切れていない。

「何で私ですか?」と私は何度も同じ質問をしている。

少し前に別室で詳細を聞いてから、移動している最中だった。詳細も大まかな話しかなかったが。

「しょうがないんだよ」と同じ質問の繰り返すので、あきれて男性は言う。

 

男性があるドアに手をかけて先に入り、ドアを開いた状態で「どうぞ」と招き入れられた。

 

中は広い部屋で、薄暗い。机がたくさん並んでいて、机の薄く緑色ぽく光る発光色しかなく、その光がいくつも整然と並んでいる。

机の横には長い机の上に人が居る。

黒い衣装を来ていたので最初はわからなかったが、目がなれてきたのか、全体が見えるようになってきた。

顔は何かで覆われているようだ。

 

一番大きい机に促され、男性が話し始めた。

 

「突然の召集で驚いたと思うが、どうしようもない、決定事項なんだ。」

「一体、何があったんですか?私ではなく”自分より若い男性の名前(顔見知りのようだ)”が担当だったではないですか。」

「そうもいかなくなったんだ、テラからのご指名なんだ、君に居てほしいとのことで、コチラとしては”先程の男性名”がいいのだが、テラがどうしても君でないと落ち着かないと言うんでね。」

「しかし、私は数度の失敗して除隊となり、前回でアガリだったため、すでに次元も変わっています。またテラへ行くのは難しいかと。」

「大丈夫、まぁ、またリハビリすることになるけど、二回目だから問題ないでしょう。まだ次元が変わったばかりだし。詳細は先程説明した通りだし、君の向こうでの人生も保証されているから、何ら問題ない。ただ、隊の最後なので、他の隊は君の事は知らないし、君は居るだけでいいんだから、簡単だろう?これが終わったらアガリでいいから。」

「本当にアガリなんですよね?私の人生は本当に安全で保証されているんですよね??」

「すべてこちらに任せて。とにかく何もしなくていいから。」

 

私は疑っていた。

何かがおかしい。急な隊への移動に、任務内容がこれだけ?で居るだけでOKなんて…怪しいにもほどがある。

 

「じゃ、そっちの空いてる机に行って。」と男性の後を付いていくと誰も乗ってない机があった。

これが最後の隊の机だったのだろう。私は他の隊と同じ服を着ていた。

机に横たわると、先程の男性が薄緑色に光る照明の前に立って「じゃ、時間がないから、もう行くよ。」というと、何かの装置に手をかけた。

私は慌てて上半身をお越し「もう行くんですか?」と男性に言うと、男性は手の甲を前に押す動作をしたので横たわると、「大丈夫だから、保証はされている」私はまた上半身を瞬時に起こして「本当に安全で居るだけなんですよね?失敗しないんですよね??」「失敗するかどうかは他の隊がやってくれるから問題ない」と、機械に手を当てながら「早く横になって。」とぶっきらぼうに言うので、

「もう!」と横になると一瞬にして地球に降り立っていた。

 

そう、私は生まれたのだ、人間の赤ちゃんとして。意識だけが飛ばされたようだ。

どうやら母は予定日より遅れてしまったらしいので、大きくなってしまって大変だったようだ。

いや、まさか向こうの1分がこちらの1日だったとは…だから早くしろって怒ってたのか・・・

 

とはいえ、しばらく何も出来ないな・・・あ、意識が遠のく・・・あ、そうか、ここでは記憶がリセットされるんだった…

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

今回の夢は家族の話。

 

数人で集まって誰かの家で話している。

楽しい時間は過ぎていくが、そのうちの一人の親しい人から、お家に住まないか?というお誘いが。

現在2DKでは狭くなっていて、収納倉庫も借りてることから、引っ越しはしないとな〜と漠然と思っていたのですが、まさかの引っ越しの話でした。

 

話が来たのは10月だったみたいで「あと2ヶ月で更新だから助かるかも〜」と私が行ってました(^^;

 

結果、まとまったのかどうかはわからないけど「旦那に聞いてみるわ」で夢から覚めた気がします。

 

 

と、引っ越し話の前にも色々聞かれたことがあった気がするんですが…なんだったのだろうか…すっかり忘れたけど、引っ越し話だけはしっかり覚えてました(笑)

 

 

と、実はそろそろ引っ越しの予感はしてました。

結婚する前に見ていた夢が、アパートの風呂場が新しいのになったのに、引っ越しをしなくてはいけなくなったという…

現実的にも、風呂場が壊れて業者呼んで確かめてもらったのが先月中旬で、結局は上の階の影響で、上と下を一緒にリフォームしないといけなくなったんだけど、資材がコロナ渦のため揃わないので、それが届いたら工事開始すると業者から手紙がありました。

が、このリフォームを行われたところで、数ヶ月も使わないうちに引っ越し…新しいお風呂を満喫したかったなぁと名残惜しく、慌ただしい引っ越しする夢をすでにみていたので、そろそろか…とは思ってました。

 

そこにきて、また新たな引っ越しの夢…引っ越し先は友人の紹介だった気がしますが、場所はどこだったかなぁ…同市内だったらいいな。

でも引っ越し面倒くさいなぁ…でも今の場所から引っ越さないと地震でこのアパートつぶれるんだよなぁ。っていうのも実は夢でみてます。

引っ越し後の夢ってやつっすね。なんで、早めに引っ越さないとなんですがぁ…私がここに居る限りはこのアパートは大丈夫なんすけど、引っ越して3年以内に日本全体的にも大きい地震があるんですが、被害は数カ所ほどでさほどなんすけど、なぜかこのアパートだけ潰れて中の人が被害にあってます。

事件とか災害などの夢はテレビのニュース形式でみるので、空撮から撮影してるアパートが私の階だけぐしゃーってなってて、アパートの前に車が止められるんですが、その車も近くの電柱が倒れて凹んで…すごいことになってましたねぇ…

 

夢のなかでも、一応、出る前にちゃんとアパートの基礎的な修理したほうが良いですよって大家さんに忠告したんですが、やってなかったみたい…

うちらは新居先で、このニュースをみるという…まぁ、建築というのは地震対策しとけば大丈夫なんですが、最近のアパート経営者は外壁を綺麗にすることだけに金かけて見てくれだけよくしようとするんで、耐震強化してなかったのが運の尽きかなぁ…と。

いや、現実でも前にも旦那と一緒に暮らし始めて柱が曲がってて危ないって大家に言ったんですが何もせずです…

幾度かの地震で真っ直ぐになるという奇跡はありましたがw

んでも、埋蔵してたガス管が破裂して途中で漏れてて、うちの下辺りからガス臭くない?って言ってたことがありましたが、ガス会社の機転で意外と早くに対応してもらえたので、大丈夫になったんですけどねぇ。

築40年の家は途中で基礎のリフォームしてるかどうかチェックした方がいいかもですね。

 

なんで、私の引っ越しって、意外と重要なポイントなんで、引っ越し決まったら、ちゃんと書こう。

夢の話ではなく、現実の話で書きたいっすね。

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

おとぎ話的に聞いてもらえればと思いますが、異論反論は受け付けないです、この件については。

ただの「お話」「小説のあらすじメモ」なんで。まだ、考えてる内容は荒いですが、どうにかしたいですなぁ。

 

 

 

 

 

”二極化、二極化”って、色々騒ぎがあるけど、これ、自分で決めると思ってる??

誰がどう決めるのかってことが肝心です。

 

自分で決める??この人はエゴイストなのでゴミ箱行きです。

誰かが勝手に決める事と思っている人は、どうしようか迷われてる。

人の為に生きてるという人は、残しておく。

 

さて、この三行の文章での末尾の文字を見たらわかりますかね??

そう、断捨離されるんですよ。二極化とは「好き」か「嫌い」かってことなんです。

 

では誰が好き嫌いを決めるのか…それは「地球」なのです。

 

 

…実は夢の中で相談されました。

最近、地表が重くて面倒見きれないんだけど、どうしたらいいのか、という内容でした。

そこで私の中で断捨離ブームだったので「いらないものは捨てるっていう”断捨離”っていうのしてみたら?」と気軽に応えました。

この時点で私は部屋の掃除をしながら相談を受けていたので、掃除についての相談だと思っていましたが、まさか地上のモノの断捨離だとは思いませんでした。

 

地球が断捨離を開始するまでには誰かの許可が必要なのですが多分許可はすぐに降りたのだと思います。

ちなみに人間には権限は無いです。人間が住みやすいように管理している人の方が偉いんで。

 

 

で…まぁ、それが始まってしまったようです。

まずは中国をノアの方舟のお話のように水攻め〜だそうです。水で洗い流すというのは掃除の原点ですね。

 

日本は全体的に「好き」に入っているので大丈夫ですが、日本の中に居る要らない人種は排除の方向のようです。

なんせ、大好きな虫を飼育している容器にゴキブリが入っていたら殺すでしょ?そういうことのようです。

人間を虫に例えるなと言われるでしょうが、これは私の感性ではなく地球の感性で、地球視点の話です。

 

二極化は日本訳には「断捨離」が合理的な表現です。

ではなぜ、日本が好きに入ってるかの理由ですが、そりゃそうでしょ?地球のためにやってる国って日本以外にあるのか??と問いたいですね。

「もったいない」って言葉があるのは、日本にしか無いし、これがあるってことは、リサイクルが昔からできてる証拠です。

つまり、地球を守ってくれる人が好きな人、人間だって自分を守ってくれる人が好きな人ではないですか??

 

あなたは地球に寄り添ってますか?

地球の為に思ってますか??ってことですね。

ということは、大好きな日本で作られた京都議定書を守ってない国もゴミ箱(断捨離で表現した場合)に入ってるかもですね。

何攻めなのか分からないですが、気をつけた方がいいです。

 

さて、その二極化と言われる断捨離ですが、中国が始まってるということはすでに好き嫌いが決まってるということです。

地球は色々とフルイにかけて選別していたようですが、決まったようですね。

最後は地表を部屋のインテリアを変えるがごとく模様替えするようです。

模様替えすると気分変わるからいいよね〜って話になって…すんません、まとめ役には静かにしてろと言われたんですが、そうもいかなくなりました。

 

保江邦夫さんが緊急指令を言い来た話で思い出したんですが、脳へ直接話しかける方法は辞めました。辞めたんです!

この通信手段は盗聴されてます!なので前回失敗したんです!

だから直接言いに行くことになってます。脳を使った通信手段で異星人と話をしてる人が居るんですがその相手は地球からのヘルプ要請された原因(彼ら)です。

 

YouTubeで流れる彼らの話を聞いていたら「地球を中心に戻す」と。

彼らは、地球の意識を中心へと戻し、”金”を作り出してもらう算段をしているようですが、地球の意識は彼らから逃げてて隠れてます。つまり、やりたくないということでしょう。ずっと地球を脅迫して追いかけているようです。

もしかすると、惑星ニビルは彼らに壊されたのかもしれない。

 

ニビルの意識は地球のサタンとして存在してるみたいで、地球はその意識体を探してます。姉弟らしいので。

なので、もしサタンを見つけたら「テラ(地球の本名)が探してます、帰りましょう」って言ってあげて欲しいのです。

経緯をわかりやすく言うと、ニビルを人質にとった彼らだたが、テラが言うことをきかず、ニビルを壊すことにした際に、テラも影響を受け気絶&入院、その間に誰も住んでないテラ部屋を見つけた彼らはそこへ住んで好き勝手にやっていたが、意識が戻ったテラが部屋へかえるとお金が勝手に使われてた状態で、また金作ってくんね?と言われたので逃げてる状態です。

この仮設とうか例えは…わかりにくかったかもしれませんが……今は”金”の生成を目的にテラ追いかけてます。

これでは地球が死んでしまいます。だから磁力も弱っているのかもです。

 

今回、私が地球に着た理由は、遺伝子が損傷を正常化する目的という話だったんですが、どうやら地球から緊急要請だったようで…とりあえず、私は本当は前回で次元上昇するため、地球は卒業だったんですが、突然呼び出されて隊に加えられました。私は他の人は知ってるけど、加わったのは最後だったし、突然の人事変更だったんで、顔合わせもしてない状態で、誰も私を知らないから、何もしないことを言い聞かされこちらへときました。

いや〜、数回ほど隊に入隊してましたが、何度も失敗してたんでいやいやだったんだと思われます。

 

でも何も準備してない状態だったので、特約として、私の生活はある一定の水準を保証することは約束する話でしたが、人生が有意義ではなかったので、そこも保証対象にすべきでしたね…まぁ、今回でアガリ人生は保証されてますけど。

と、私が人事交代した理由は、前述からわかるとおり、テラに気に入られているようで、ご指名が入ったようです。

私より優秀な人間が来る予定だったので、私はその人をプッシュしてましたが、どうも駄目でしたねぇ…押しが足らんかったんかな。

まぁ、生活の保証はある程度保たれてるし、言われた通り、ひっそりと住んでるし、他人とかかわらんように生きてるし…でもテラへの助言の件で怒られるんだろうなぁ…部隊の仕事増やしちゃったしぃ…もう失敗できないしぃ…私が参加するといつも失敗するんで、もう嫌だったんだけどなぁ…そう言ってみたけど、駄目だったなぁ…とあれこれ思い出してます。

 

ひっそり住んでる私なのですが、脳への電波司令はウソ、且つ、テラへの攻撃が強くなってるようなので、他の部隊の方、早めの対応願います!先にニビルを捕まえた方がいいかも。南アにいます。その次はロシアだから、南アからロシアへ逃げるときに捕まえるのがいいかもです!

 

 

ということで、結局は業務連絡か!っていう、小説のあらすじでした。

もうちょっと盛り上げるところ作りたいわぁ…

あ、あと惑星ニビルの本当の名前、聞いたことあるけど忘れたから聞いてみよ〜

 

 

 

 

【追記】

そうそう、通信方法なんだけど、中国・韓国製のアプリは使わないこと。

特にLINEは要注意かもしれない。

仲間が作ったGoogleを利用すること。Googleストアで売ってるアプリもGoogle製が良い。

ダミーで他のアプリも扱わないとなので、アプリ選別は特に注意!

 

Amazonは問題なし。

フェイスブックはグレーになってきてるので、フェードアウトすることをおすすめします。

アップルがスマホ界隈で1位ってことを考えると、あんまりおすすめはしない。

 

そうなるとピクセル4が推奨なんだが、一応、GoogleのOSが入ってれば彼らが手出しできないようになってるので、これが入ってない機械は使わないこと。

 

そうだ、思ってたんだけど、フォートナイトっていうゲーム作ってるエピックゲームズって会社がアップルと仲悪いのって、ウチラ側だからかも。Googleも攻撃受けてペナルティー支払いとイメージダウンさせられたもんなぁ。

エピックゲームズには頑張ってもらいたいところですが、ところでフォートナイトってゲームは未来予知してませんか?

なんだか、うちらへのメッセージが盛りだくさんなんですけどもw

 

 

という感じで、毎日情報収集をのらりくらり行ってます。

1

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

利用している会社の広告







Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM