生後1ヶ月のメダカの稚魚、らんちゅうに食べられる

0

    JUGEMテーマ:育児

     

     

    事の発端はらんちゅう(丹頂:尾まで5cmあるかないか)の具合が悪くなり、ヒーターのある浴槽で療養させるということになり、そこに居るメダカの稚魚が邪魔なのでメイン水槽の親と同居させる話になり…

     

    生後1ヶ月のメダカの稚魚を成魚と少し動き寒さで鈍くなったらんちゅう(江戸錦:尾まで5cm満たない)と一緒の水槽に入れてしまったのです。

     

    最初は稚魚が江戸錦から逃げていたので、大丈夫そうだと思ったんですが、一晩で12匹中10匹がいなくなり、朝みたら2匹が必死に泳いてました。まぁ、このぐらいの数なら、逃げきれるんでしょうけど…

     

    なもんで、稚魚を別水槽に移動し、稚魚用のヒーターをメイン水槽に移行し、低温に弱いらんちゅうをいたわる方向で、メイン水槽にて他の生物も一緒に暖まろうと考えてます。

     

    というか、本格的な冬になる前にやならいと、既にらんちゅうは18度の水温でダメなので、他のメダカやヤマトヌマエビもダメになる可能性もあるし、冬支度を始めないとダメだろうと思ったわけです。ていうか11月前にはやらないとダメかな。来年はそうしよう。

     

     

    メダカの成魚ならば生後1ヶ月の稚魚と同居させても問題はなかったです。

    なので、メイン水槽はメダカ用にして、らんちゅうは療養水槽にまとめて入れておくべきでした。

    らんちゅうとメダカ稚魚の混泳は成魚になってからという結論に達しました。

    というか、金魚とメダカの稚魚は一緒にしちゃダメ!成魚になってからです!

    グーグル先生に混泳はどうか調べてみたところ無かったんで、体験してみないとダメなこともあります。

    なもんで、同じ過ちを犯さないよう、他の方にも告知しておきます。(まぁ、こんな間抜けなことをする人は居ないと思いますけど)

     

    しかし、メダカの稚魚には、白とか青とか黒いのにラメ入とか居たのに…残念です。

     

     

    10匹も食べた江戸錦はというと、午後になって消化不慮を起こしてるらしく、水底で動きが停止ることしばし。まぁ、動いてるし、水温もそんな低くないから、死なないとは思うけど。

     

     

    で、生き残ったメダカの稚魚と小さかったがためにメイン水槽に入れられなかった1匹、3日前に生まれたばかりの稚魚2匹は小さい水槽に移して、温かい部屋でぬくぬくとしてます。どうにか、この5匹は大きくなって欲しいものです…

     

     


    メダカの卵が孵化した!

    0

      JUGEMテーマ:家庭

       

       

      金魚とメダカのカテゴリ加えたほうが良さそうだな〜ってぐらい、今は金魚とメダカのネタですみません…

       

       

      以前、採取したメダカの卵が孵化しました!今のところ6匹で、あと1匹孵化しそうです!でも、よくよく考えると、孵化させるための装置にお金をかけてしまったので、普通に成魚メダカを買ったほうがやすかったのでは?という問題が。

      お金から考えればそうかもしれませんが、自分で孵化させて育てるというのは、お金じゃ買えないことだから、価値はそこじゃないんだということがわかりました。

       

      小学2年生の長男が喜んでくれたし、あと少しで2歳の長女も喜んでハイタッチまでしてくれました。っていうか、いつもしてくれますけどね。

       

      しかし、孵化っていうのは、夜行われるものなのでしょうか。

      というのも、朝にカビて白くなった卵を排除する作業を行ったときは、産卵用ネット内はなんら変化無く、旦那が帰宅して何気なくみたら稚魚が数匹見つかったので、全部をネットから外へだし、少したってまたみたら、また1匹いました。しかも、あまり動かない…孵化したて?なのでしょうか、じ〜っとして動かず、危機を感じると素早く動きました。

      他の稚魚は元気におよいでいるので、生まれたてというのも、なかなか体験できないっすね!

       

      水槽用ヒーター買ってよかったな。届いた翌日に500円安くなってたけど…でも、数日遅れてたら孵化しなかっただろうし、複雑です。

       

      生まれた稚魚は、個体差がまちまちなので、大きめのメダカに稚魚用の餌をあたえてみました。ん〜、あんまり食べないかな…いや、食べててもわかりにくいし…

       

       

      とりあえず、孵化は成功。これからがスタートです。


      らんちゅうの顔が黄色い!

      0

        JUGEMテーマ:家庭

         

         

        ある日、朝起きて水槽のライトをつけ「らんちゅう」を見てみたら、顔がぼやけてる感じがして、まさか、琉金の白雲病が感染って顔に?!と思い、まじまじ見てみました。

         

        顔の輪郭がモヤッとしてて、ちょっと黄色みかかってて気持ち悪いし、何やら脂肪が増してるのか、表面ももこもこしてるからモヤッとして見えるようです。

        皮膚の表面に白雲病ぽい後も無く、顔全体が黄色いので、おかしいと思い、ググってみました。

         

        すると、「黄頭」という現象であることがわかりました。

        色揚げの餌の効果が出ている印のようです。

         

        が、ちょっとヤダ。白い方が良い…黄色い脂肪が表面にでてきてるだけのように思えるし、食べ過ぎっていう証拠なのかも??

        確かに、沢山餌を欲しがるから、あげてしまったな…

         

        食べ過ぎも早死する要因になるそうなので、ここはこらえて1日3回の量少なめで行きたいと思います。

         

        それにしても、顔がどんどん黄色くなっていくんですが、これっていいことなのかどうか…個人的な見解が色々あるようです…

         

         


        また水槽の話題なのですが…

        0

          ASP方式のメイン水槽が迷走中でしたが、どうにか落ち着きました。

           

          琉金の白雲病が治ったので、メイン水槽に入れたら、らんちゅうと喧嘩してしまって、外置きの水槽に琉金と出目金が島流しになりました。

           

          さて、らんちゅうはかわいいので、メイン水槽に居てもらって、メダカ(黒、白、青2匹)と水草を入れてたら、水草に紫外線が当たらず、葉っぱが透明になっていたので、水槽用のライトを購入。

          白いLEDライトに少し青がはいってて、夜は青だけにして、月明かりを演出してます。ライトと一緒に流木も買ってみました。いい感じでディスプレイできたと思います。

           

          さて、ライトのおかげで水草の状態は良好になったんですが、その副作用というか良いのか悪いのか、メダカが産卵を始めました。

          メス、オス2匹づつなんですが、夜型の我が家はライトの照射時間が長くなり、メダカが勘違いして産卵を開始してしまったようです。

           

          イケアのクリップ式ライトは昼白色のため、ず〜っと照射しても(紫外線がないから?)夕方の様で、メダカは産卵しなかったんですが、今度のライトは紫外線もでるようで、日中の光と思い込み、産卵がはじまってしまったようです。

           

          メダカを買って増やそうと思っていた矢先だったので、卵から育てる方向にしたら、やれ産卵床だ、ヒーターだ、稚魚と分けるネットだと合計したら、高級メダカが沢山買える値段に。

           

          ん〜、卵から育てるのは大変だな〜(金魚は育てたことあるんだけど、メダカは自主的に増えてた)…自作した産卵床は良くなくて産み付けてくれないから、買いに行ってみたら、それでも産み付けてくれなくて…場所が良くないのかな〜。

           

          とりあえず、産卵はやめてもらうよう、照射時間が影響することを突き止めたので、早めに電気を消す方向でいくことにしました。

          これから寒くなる時期なので、産卵されても育てるのが至難の業です…

           

          今まで産んでくれた分は、どうにか育てる方向で、ヒーターを買いました…あぁ、散財…

           

          なんですかねぇ。全く、趣味の世界はお金がかかる…けど、ロードバイクより安い…って、こんだけ買ってもロードタイヤの前後分ですからねぇ…あ、比較しちゃダメダメ(汗)

           

           

          それにしても、らんちゅうの食欲が止まらず、メダカの餌までがめついて食べてますが、メダカの卵は食べないんですよね。共存できてるのかな。

           


          メダカが産卵し、琉金をメイン水槽に戻す

          0

            JUGEMテーマ:家庭

             

             

            琉金に白雲病ぽい症状が出て2週間経過し、やっと新しいウロコで覆われたので、メイン水槽に戻しました。

             

            と、ここで金魚すくいで獲得した金魚の初期対応をメモしておきます。

             

            病床用水槽に、すくってきた金魚は1Lに対し5gの塩を入れた水の中に5日間餌を与えずに入れ、フィルタ付きのポンプを常設。

            とにかく、餌をあげたくなってもがまんして、経過観察。

            白点病(体に白い点や雲のようなもの)がでたら、薬を与え様子を見る。

            5日後元気な金魚をメイン水槽と同じ水温状態なら、そのまま移して終了。

             

            と、こんな感じで、メイン水槽内の状態を維持して病気の拡散を防がないとダメなことがわかりました。

            すくってきた金魚は、不健康であったり病気持ちの場合が多いので、この初期対応が必要です。

             

            あと、金魚すくいをするタイミングですが、開始そうそうにすくって、速攻に持ち帰り、初期対応をすることをオススメします。

            金魚すくいのオケの状態がすこぶる悪く、時間経過毎に悪化し、金魚の状態も最悪。終わりごろの金魚は帰宅して数日後に死んでしまいました。

            開始早々にすくった金魚は未だに元気で10年ぐらいは元気で生きていそうです。

             

             

            金魚用品の物欲が止まらなくて、色々買ってみたんですが、これはダメだった…とか良かったのをメモしておきます。

             

            金魚水槽内のゴミ(水草の葉っぱとか)はゴミと利用の小さい網を使うと便利です。

            うんちは網ですくうより、スポイトで吸ったほうが綺麗にとれます。

            砂利をならす時は手より専用の砂利スコップでならした方が、綺麗になしますし、掃除もできるので一石二鳥。

            水の入れ替え用ポンプは、掃除用のポンプ「水作 プロホースL」が便利で、水の中にあるゴミを取り除き、部品が外れるので掃除も楽。最初に買った水抜き用のは時間は短縮できますが、全くゴミを吸い取らないので不便でした。これなら掃除をしながら、水換えができるので、便利です。

             

             

            実は、めだかが産卵してしまって、ちょっと失敗しました。

            金魚用の水草に産み付けてしまい卵がかえるかどうか…今回は想定してないなかったので、金魚とは別水槽にして、メダカが繁殖し易い環境を整え、家の中で飼うことになりました。

            お外でと思って、メダカ用の発泡スチロール水槽を購入していたのですが、こちらは維持の悪い出目金用に。

            出目金って底意地悪いんですかね…琉金をいじめるんです…なので一緒には飼えないから、独房になりました。

             

            メダカの卵を着床させるところを作りました。

            ぐぐってみたら、スポンジの硬い方を放射状に束ねて入れる方法があったんですが、これだと見た目が…だったので、麻ひもを代用してみました。棕櫚に似てるからちょうどいいかな〜と。で、浮きをどうするか悩んでたら、スポンジを適当な大きさに切って、真ん中に穴を開け、そこに麻ひもの束ねたところを差し込み完成。これなら、棕櫚製で売ってるのと変わりないですね。

            ただ、お腹に卵があるのを発見してから作ったので、終わった時には食べられてました…。

            他のメスも産卵しそうなんで、いれておきましたが、ここに産んでくれることを祈りつつ、産卵後どうするか思案中であります。


            水槽にあう台と照明

            0

              水槽にいれた水草が、家の照明に向かって斜めになっていたので、真上からの照明が必要かと思い、イケアで良い物が無いかと探してみました。

               

              事前に、水槽購入したところで、ライトの値段をチェックしてまして、それより安いと嬉しいな〜という感じでした。

              が、実際、イケアのライトを色々みてると、水槽用のライトは妥当な値段であることが判明。

              でも安売りのクリップ式ライト「JANSJÖ」の前の型が安売りで、これは便利かもと購入してみました。

               

              ライトを照射してみました。

              水槽の縁にクリップでとめ、ライトの首をぐっと曲げて…とやったら、首の付け根のところがうまく固定できず、天井のガラス板にあたってしまいました。

              仕方ないので、ガラス板の上にライトを乗せた感じでライトを照射したら、近すぎて影が濃い…これは少し興ざめな感じに…

              ちょうど、水槽の真上にカレンダーがあったんで、紙にクリップを挟んで照射してみたところ、いい感じの陰影になりました。

              1日照射したら、水草も上を向いてくれたので、これで一安心です。

               

               

               

              あと、水槽用の台をイケアで探しました。

              ホームセンターで木材を買って…とか考えたけど、イケアの「RAST」というベッドサイドテーブルが、うちの40cmの水槽に調度良い感じだったので、これを買って組み立てた方が安い!と買ってみました。

              無垢の木材なので、余っていた柿渋を塗り塗り…いい感じの色合いになりました。

              イケアでは無垢の木材に対しトリートメントオイルを塗ることを推奨してますが、柿渋は防水・防虫になるので、機能的にも丁度いいですね。

               

               

               

              またまた金魚300円+めだか400円=700円のために、色々買ってしまいました…

              病気の琉金と病気かと思われる出目金は病理水槽にいますが、コレ用にろ過付きのポンプを購入して、水槽内が綺麗になりました。

              出目金は早期の白点病かと思ったんですが、そうでもなさそう。琉金はまだまだ安心できません。

              ちょっとづつ餌を与えて食べる気力はでてきてるんですが、まだまだうまく食べれず…頑張れよ〜


              らんちゅう2匹と琉金1匹、出目金とめだかを飼い始めました。

              0

                JUGEMテーマ:家庭

                 

                夏のはじめ頃に、金魚すくいがしたい長男が、和金と出目金を獲得し、実家にあった水槽とポンプを持ってきて、育ててました。

                 

                で、先日に和金が尾ぐされ病と思われる病気にかかり死亡。まぁ、金魚は長持ちしないよね〜という定説がありますが、実は頑張れば10年ぐらいは生きてくれるようです。

                 

                持ち帰った金魚に1Lにつき5gの塩をいれた水に5日間、餌をあげずに放置しておくそうです。

                たしかに、塩水治療はよくある方法らしく、病気や元気が無いときなど、餌をあげずに放置して、健康にするそうです。

                 

                と、こんなことを知ったのは水槽にいれた後で、和金が弱り始めて塩水治療開始したんですが、遅かったです…

                 

                 

                出目金は元気でなにもせずとも生きていけそうなんで、めだかと一緒の水槽にて飼育開始。

                この組はとても相性がいいのか、めだかが上の法を泳ぎ、出目金が底の方を泳いですみ分けができてます。

                この水槽は水草を増やして、外で飼育しようかと思う次第。

                 

                 

                さて、和金が死んでから数日後、近所で高級金魚すくいがあったのでやってみました。

                1回300円で、小さめのサイズだけど出目金より大きく、全くすくえませんでした。でもすくえずとも、1匹すきなのがもらえるのですが、息子が2回、私が1回挑戦し、息子が丹頂と江戸錦のらんちゅうをゲットし、私がなににしようかと悩んでいたら、琉金がほしいと言い出す長男。本当は江戸錦が欲しかったので、息子とじゃんけん対決し、私が負けて琉金になってしまったのです。

                 

                で、夏の初めから金魚を飼い始めてたんですが、水の家買えがめんどくさい…

                フィルターがなかったんで、汚れては替えて…で、子供らが餌を多く入れたりして濁ったりと、アクシデントもあり、面倒で取り替えなかったのもありで、和金が病気にかかったんだと思うんですが、そうなると、水質保持は大切!ということで、高級金魚のためにASP式水槽を買いました!

                 

                実に綺麗!全く濁らない!やほ〜と思ったら、琉金が病気に…

                 

                病気の琉金を隔離し、薬を買いに行きました。店員に琉金の写真を見せて、白点病の「ヒコサンZ」をオススメされたので、これにしました。ASP式OKで水草があっても大丈夫なのはコレらしいです。

                残ってるらんちゅうたちに与えたら、水槽内が青くなりました…原液も青かったけど、それが薄まった感じです。

                と、これで様子見で、大丈夫だったら水換え不要。

                 

                きになる病床水槽の琉金にも薬を与えておきました。

                 

                 

                あとは様子をみるだけですが、なんの気なしに買ってしまったASP式水槽…水の入れ替え時に土も入れ替えるのかな〜、フィルタも買い替え?とか考えると恐ろしい値段に…

                こまめに交換すると水道代もかかるけど、そこまではいかないかな…でも手間が…など、水槽ってお金かかるから、あんまり手を出したくなかったなぁ…


                | 1/1PAGES |

                calendar

                S M T W T F S
                  12345
                6789101112
                13141516171819
                20212223242526
                2728293031  
                << August 2017 >>

                ランキング

                archives

                recent comment

                recommend

                Letter Factory [DVD] [Import]
                Letter Factory [DVD] [Import] (JUGEMレビュー »)
                Leapfrog
                フォニックスで英語の発音を楽しく覚えられる。2歳の息子もABCを発音で覚えました。

                recommend

                赤ちゃんの遊びBOOK
                赤ちゃんの遊びBOOK (JUGEMレビュー »)
                齊藤 恵,小西 行郎,小西 薫

                profile

                search this site.

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM