JUGEMテーマ:らんちゅう

 

夏頃から具合が悪かったらんちゅうですが、とうとう死にました…

 

色々あったけど、結局、転覆病治らなくて、最後は松かさ病もでちゃって、もうダメだと思ったら3日後ぐらいに死にました。

 

 

松かさ病はそれまで収まってましたが、水温があがったのかな〜…水中ポンプを導入したから、それの温度が少し上がったといっても微妙な温度差ですが…

 

寒くなって、動きが鈍くなったため、転覆病よりお腹あたりが感想し、赤くなる症状もありました。

水をかければ治るんですが、動かなくなったことで、さらに悪化してしまい、軽症のうちになおりませんでした。

 

もう半年ほど転覆してたので、こっちも疲れちゃいました…し、水の交換しなきゃ〜と思ってたら、娘と私までインフルになったりして、手がつけられない状態が長く続いたのもダメだった原因かもです。

 

結構大きくなったんですが、らんちゅうは育てにくい!というのが数年育てて思ったことです。

 

水温変化には敏感だし、水の汚れもダメ、餌は食べるけど腸が詰まるという…病弱過ぎです。

小さい子がいると、らんちゅうに手が回らないので、次回は育てやすいのにしたいと思います。

 

でも、長女が欲しがった錦鯉は飼いません!絶対。無理だし。

 

旦那はコメットほしがってたな。

 

 

しかし、魚は春先ぐらいから飼い始めるのがいいですね。

寒いと水温調節大変だし、買ってきても死にやすい。春先ぐらいの水温が暖かくなってからの方が素人には良さそうです。

 

 

メダカも全滅しちゃったし、ミナミヌマエビもダメそうだし…水槽1つ余ってしまったし…

また水槽立ち上げるのも面倒だな〜…

今度は何買うんだろう…犬猫よりは飼いやすいからいいんだけども…冬が大変なんだよな〜…

JUGEMテーマ:らんちゅう

 

らんちゅうを見てると、たまに転覆病なのだから、もう少し元気なさげにしててほしい時があります。

 

まるまる太ってるのが気に食わないというわけではないのですが、3L水槽に塩浴させていて、もがくぐらいの動きしかできない、ただ浮いてるだけなのに、餌欲しさに人が居ると寄って来ます。

目が澄んでて、物欲しそうな猫のそれと同じように、こちらをみては、口をパクパクさせます、逆さまで。

 

もちろん転覆病…脹満状態なので、餌はあげられません。お腹が凹んでもとの状態になるまでは、あげられないのです。

 

それをみると、こいつ転覆病ってわかってて、餌欲しがってるなって思うことしばし。

逆さまになってることは本人も自覚しており、たまに正位置に戻ろうと、もがいてみては浮いてるだけ…すでに本人は逆さま状態をある種の正位置にしようとして、餌をくれといっているのかも。

 

とりあえず、本日は水を入れ替えて水温18度に。前回よりは1度下がった程度。前に、暖かい日が戻った時、水温20度になり、松かさ病が見えましたが、夜になって水温が下がったので、松かさ状態も収まりました。

 

思うに、松かさになるかならないかの境目はなんなのかと。

桜の開花予想のように、毎日の気温を加算してある値に達すると咲くような感じで、金魚の体温は外へ放出しないから、加算したある値となった時、立鱗して体を冷やそうとするのだろうと推測しています。

なので、まだ松かさ病になるのなら、水温を低くして、体温をリセットさせないとと思っていますが、多分、水温18度でも高いのかもしれません。目標水温を15度にして、立鱗状態を見てみないとですね。

体温の放出と、水温は比例して下降すると思うので、もっと水温を下げないと駄目かもしれません。

夏の水温状態によって、これは左右されるので、毎年違いが出るかもですね。

 

水温が上昇してるとき、氷でも入れて低下させた方が良かったのかな…しかし、転覆しながらも、生き延びられるとは、いつまで生きてられるのか…生命の不思議を感じます。

JUGEMテーマ:らんちゅう

 

 

転覆病は治らないけど、松かさ病は、ほぼ治りました。

結局、何が原因なのか、完全解明まではできませんが、一つの説が浮上しました。

 

多分、暑い日にカラスが口を開けるがごとく、魚を鱗を立てて体温を下げているのではないか。

最初はフグのハリセンボンと同じ原理かと思ってましたが、しかし、どうしてその体制になる必要があるのか。

病気というのもあると思うのですが、一番は「放熱」の可能性が割合を占めている可能性を感じました。

確かに鱗を立てれば、肌が露出して放熱できます。理にかなった現象ではないでしょうか。

体内に蓄積された熱が放熱できない状態に陥ると、鱗を立てて体温を下げようとする…生き物の生理現象的なものだと思います。

鱗の立て方はフグのハリセンボンと同じ原理な気がします。

 

今年の夏は暑かったし、転覆病になった時に温かい方が体にいいのかも?と思って、水温を28度から30度をキープしてたんですが、それが駄目でした。人間は温かい方が体には良いと思ったからなんですが、相手は魚なので、通用しないですよね…

思えば、海洋魚に素手で触れただけでやけどしてしまうので、魚には冷たい方がいいんです。

 

松かさ病になったら、水温18〜19度の塩浴させて下さい。

 

他のには伝染しないと思いますが、水温上昇が原因なので、他のもならないとは限りません。

水温が高い場合は、水を入れ替えるか、水を冷たくする方法を行って下さい。

 

この方法を行っても駄目だったら、病気ってことですかね…

 

…でも、一番治したいのは転覆病なんですよね…水温低下してもあんまり良くならない…

JUGEMテーマ:らんちゅう

 

やっぱりですね。松かさ病は水温を下げると良くなるようです。

 

本日は、水槽を洗って水換えをして、水温が19度になりました。

水換え後、しばらくして様子をみると、松かさ病が少し減りました。背中まで進行してたのに、腹部の中腹まで大丈夫になりました。

この調子で、徐々に水温を下げていけば良くなりそうですが、次の問題は転覆病をどうするかです。

 

水温を下げれば転覆病も良くなるかと思いきや、全く良くならないですねぇ…まだ変わらずお腹が水面から出た状態が続いてます。

たまに動いてはお腹の出てるところの乾燥を防いでいるようです。

 

松かさ病がフグと同じではないかという仮設はでしたが、やはり原理は同じようです。

フグは4倍ぐらいまで膨れるそうなので、フグは特殊としても、それに近いところもあで胃が膨れると破裂して死ぬのだと思います。

 

なので、どうにか胃の中身を空っぽにする方法を考えないとなんですが、このままの状態が何年も続きそうな気配があります。

 

でも、餌を与えてないんですが、体はパンパンなんですよね。普通だったらゲッソリしそうなのに、同じ体型…胃の中で詰まってて、それを栄養に生きてるのかも。

 

もう少しゲッソリしてくれれば転覆病も治りそうなんですが…

JUGEMテーマ:めだか メダカ

 

メダカは全滅したけど、ミナミヌマエビ数匹と石巻貝4匹は生き延びているので、違う水槽に移し、メダカ水槽をリセット開始。

 

メダカ水槽の水を抜いて、底石を洗って、水槽を洗いました。

 

水は、細かいゴミがたくさん出てきましたが濁りはありませんでした。底石は、思っていたより泥水ではなく、濁る程度のもので、かなり良く洗いました。

というのも、設置した初期に表面に苔がびっしり生えてしまって、苔のついた石だけ洗ったんですが、あら得なかった石が汚れの原因になる可能性があったためです。

洗い終わったら、外に乾燥させました。

全部乾燥が終わるまで、復帰はまだできません。

 

一番厄介だったのは水槽で、GEXの横長の強化プラスチック水槽なんですが、この容器、上部が反しになってて、水がうまく切れませんし、汚れも残ってしまうんです。

その反し部分にも、苔がびっしりついていて、たわしでこすっても落ちないし、しょうがないので、泡ハイダーで落とす方向に。

ついでに、内側の側面も泡ハイターをつけて、すぐに洗いました。

 

とにかく、水槽に残らないように洗い続けて、乾燥させることに。

反しの部分の苔は完全には取れませんでしたが、乾燥すればどうにかなるかな…

 

水槽には、ハイターの匂いはないので、乾燥させれば大丈夫だと思うのですが、問題は中で何を飼うのかという問題です。

ん〜…今のところ、らんちゅうしかいませんが、薬浴してるため、大きい水槽での薬浴はやりたくないし…

どうせ、逆さまでプカプカしてるだけなんで、元の状態になったら話は別ですが…そこまでには長く掛かりそうです。

 

とりあえず、水槽用品の乾燥が先かな。乾燥できないと、何もできないし。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:めだか メダカ

JUGEMテーマ:らんちゅう

 

 

前回、らんちゅうの松かさ病への対策を書きましたが、その最後に未来の水槽について考えたので、まとめてみます。

 

現在でもサクッとできる構想なんですが…水槽管理を自動で行ってもらう未来の水槽構想です。

  • 水質管理及び水の継ぎ足し
  • 照明のオンオフ及び紫外線量の調整
  • 個体の体重
  • Wi-Fiで現在の水槽内映像をスマホで見れる又は遠隔操作
  • フィルタ汚れのお知らせ
  • 苔感知センサー

以上が上部フィルタですぐにでもできる可能性がある未来の水槽っすね。

 

他にも考えたんですが、底面フィルタの下の底にゴミが溜まる(底面フィルタじゃなくても溜まるか)ので、鳥小屋の糞掃除しやすいような二重構造にして、下の泥水がとれるように、水槽底部側面に蛇口みたいなのがあって、それを抜くと泥水がでて水換えが簡単にできるみたいな構造の水槽希望です。

 

電子メモタブレットで描いてみました!Wi-Fiついてないんで、写真撮ってアップしました。

 

この構想だと、網状のが負荷がかかる為、難しいですね。

あと、泥水がきれいにできるのかも難しいところです。

 

机上の空論なんで、実際に行ってみないとなんですが、これは底面フィルタでなくても使える案なんで、ぜひ誰かやってみてほしいな。

 

水槽の素材も進化したけど、メンテ面で進化する事ができるといいな。

JUGEMテーマ:らんちゅう

 

 

松かさ病がフグの膨れた状態と似ているということで、色々やってみました。

 

病気のらんちゅうは28度で温めるより、水温を20度以下にした方が良さそうです。

あと、松かさ病は細菌によるものとありますが、そうでもなさそう、まさにフグと同じ感じなのです。

 

確かに、食道と腸を塞ぐ何かの原因が細菌かもしれませんが、それよりは筋肉か脂肪の膨張により塞がれた方が妥当な気がします。

だって、大切に育ててる(箱入り娘状態)のに、細菌感染に突然なったなんて、腑に落ちなくないですか?

 

夏終わりから秋頃に、食欲旺盛になるんですが、ここで餌を上げすぎるのが良くないのかもです。餌を欲しがる金魚には、栄養少なめのをたくさん与えて、よく食べない金魚には栄養多めの餌をあげないと、転覆やら松かさ病になる可能性があります。

 

というのも、私も見に覚えが…たくさん食べるから栄養価の高い餌にして、たくさんあげてましたねぇ…

で、転覆病が始まるみたいな…

今年の夏は暑かったから水温も下がらず30度をキープしてたんで、それも良くなかったのかも。

もしかすると、餌と水温は比例するかもしれないです。

 

個体の体重と餌と水温…これがキモでしょう。

最近では携帯型のデジタル重量測定器(外国旅行時のスーツケース測るやつ用)があるので、そでてサクッと泳いでいるらんちゅうを計測できるといいのですが…そこまではやってないです。

 

 

【松かさ病への対応策】

急激に水温さげるのは体への負担も大きいかもしれないので、少しづつ水温を下げたところ、比例して鱗の立ち具合が少なくなった気がします。

筋肉が引き締まってきてると思います。

多分、温かい水の中だと細胞が膨張してしまうと思うもうので、水温を下げて、塩浴で細胞の水分を抜けばいいと考えてます。

 

一応、目標水温は18度としてます。現在、21度ほどで塩浴し、細菌対策なし。数日に1回水換え。

エアーありだけど、空気食べてる気がして、たまに切ってる。

透明なフンがでているので、スポイトで除去している。

 

ちなみに、ココア浴は無意味でした。ココアにまみれて楽しそうだったけど。

ココアを入れて良かったのは、入れた最初に、エアーで水面が泡状になって、転覆で出ているお腹に泡で覆われ、怪我して出血してたところが1〜2日で完治しました。により、水面は泡で覆った方がいいのはわかりました。

 

ココア浴教訓:転覆したら水面を泡で覆え!

 

 

私も素人だし、よくわかりませんが、こういった水中型のペット、特に金魚は、病気にかかってるのを解剖してほしいし、後世に伝えてほしいですが、一般的見解が金魚=よく死ぬものなので、全く進歩してないように思います。

アクアリウムで売られている薬も、なんとなくなものばかりだと思うし、金魚の専門医もいないわけだし…

 

あれだな、金魚の体重が計測できる水槽とかあればいいのに。

水量がわかれば、個体重がわかると思うんだけど、浮力があるから…って、計算厄介だな…水も夏と冬とじゃ重さに誤差がでるしなぁ…

あれだな!個体の重量で餌の量がわかるんだら、オートマチックな水槽がでても良さそうだな。

水道と繋がった水槽にマイコンがついてて、水量と水温が勝手に調節され、魚の個体重量を計算し、勝手に餌が出て来て、時間で照明がついたり消えたりして、紫外線量も計算され、掃除時期を教えてくれたりする未来の水槽が出そうだな…上部フィルタ型のだったらすぐできそう。

しかも、アレクサと繋がったらすごいな!「アレクサ、今日の金魚の体重教えて」とかできたら最高だな(笑)

JUGEMテーマ:らんちゅう

 

らんちゅうが松かさ病になって2週間ぐらいかな。下手すると持っと長いかも。

 

病理水槽を30度弱ぐらいで温めて療法してましたが、18度が適温のらんちゅう(金魚)なら、低い方が体にいいのかも?と、ヒーターを23度のにして実験開始。

 

前回はココア浴してみたんですが、これは意味ないですね…

 

病原菌によるものかも?と思ったんですが、転覆病で起こったお腹の膨張が内蔵の何処かに影響が出ている方とにらみました。

 

しかし、松かさ病を見てると気持ち悪いな〜…ぞ〜っとするけど、何かに似てる…フグのハリセンボンに似てるかも?

 

フグのことをぐぐってみたら、胃の一部が変形したところで、海水や空気の出口を筋肉をこわばらせて溜め込む…

なるほど。金魚ももしかすると胃の付近でこういった現象が起こっているのかも。

松かさ病になると体が膨らむ傾向があるのは、フグと同じ原理なのかも?

転覆から松かさ病になるのはこれかもしれない。

金魚の場合は筋肉のこわばりというより、肥満で出口が塞がれた可能性大だな。あとはストレスの可能性もある。

 

ということは、温め療法で筋肉を緩ませるより、低温(金魚が快適な18度)療法で筋肉を引き締めて縮ませたようがいいのかも?

で、低温療法を徐々に始めることにしました。

 

今のところ、機嫌よく生きてます。逆さまですけどね。

 

 

JUGEMテーマ:金魚

 

 

らんちゅうが転覆病と松かさ病で病理水槽に隔離しているので、金魚水槽をリセットすることにしました。

なんの病気が原因化不明だし、こちらをミナミヌマエビ水槽にするので、水槽づくり開始。

 

水を抜く作業開始したら、水はきれいでした。

溶岩砂を洗ってもきれいでした。

底面フィルタの周りにおいた麦飯石は、めっちゃ汚かったです。

茶色い汚れが出るわ出るわ…水槽の底に茶色いのが溜まってたようです。

でも、これバクテリアだったのかな?だったら、麦飯石に沢山付着していた事になります。

溶岩砂にはバクテリアついた形跡ないけど、水がめっちゃきれいでした。

多分、溶岩砂がゴミを取り除いて、麦飯石のバクテリアで水が透明になっていたかもです。

 

水槽の内側も苔がすごかったので取り除き、フィルタと麦飯石、溶岩砂の順でセットし、水とバクテリアを投入。

ヒーターもセットして、少し放置してバクテリアを溶岩砂や麦飯石に付着させます。

 

水槽のリセットしたけれど…課題山積み。

また、水槽底に茶色い濁りがでるなら、なにか方法を考えないと。

あと、麦飯石と溶岩砂が多少混ざってしまったので、洗濯ネットで別途にすれば良かったのかも。

でも、その場合、洗濯ネットが汚れないか問題だな。

 

対策の一つとして、

水槽の水抜くやつ(水作プロホース)を水槽の底にぶっ刺して水を抜けば、汚い水が抜けるかもですね。

今度やってみたいと思います。

あと、底面フィルタの付近を吸い上げることは可能なのかどうか…やってみないとわからないっすね。

 

 

あとは、水槽のレイアウトをどうするかだな。

現在のエビが生息しているのは横に長いタイプで、金魚水槽は普通の奥行きがあるタイプのため、レイアウト重要です。

らんちゅうみたいに、底石をハムハムしないので、汚れも浮き上がらないから、水中フィルタいらないのはメンテ面で助かります。

現在のレイアウトを移行して、水草追加するかどうかだな〜。

 

 

JUGEMテーマ:めだか メダカ

 

 

メダカが全滅した水槽、ミナミヌマエビが5匹ほど生息してるので、そのままにしてますが、この整体を別水槽に移行して、きれいにあらうことを計画してたら、水が黄色くなってることに気が付きました。

 

と、その前に、ミナミヌマエビの生き残りの5匹…メダカ用のヒーター入れてたんですが、23度の設定にするヒーターで、もしかすると水温が低すぎなのかも?と思い、水温を自由に変化できるヒーターと交換し26度設定にして、大体28度ほどの水温をキープするようにしたところ、ミナミヌマエビが生き生きして、苔を沢山食べるようになりました。

 

もしかすると、メダカの全滅も低温過ぎたのかもですが、しかし、23度ほどをキープしてたので、低すぎるというのは無いと思うのですが…昨年は20度でも生きてたし…今年の夏があつすぎて、ずっと30度をキープしてたこともあり、暑いのに慣れてしまったことが考えられます。

水温は少しづつ下げていった方がいいのかな…

 

28度設定にしたミナミヌマエビは元気に泳ぎ回るまでになり、赤くなってた死にそうなのも、色が戻ってきてます。

 

しかし、水が黄色いというのは富栄養化が起こっているのかもと、ググったら出てきました。

アンモニアや雑菌が繁殖してる可能性があるとかですが、一応pHは6〜6.5ぐらいで維持してるんですが、それでは計り知れない何かがあるのかもです。

…メダカは全滅しちゃったけど、ちょっと汚い方がエビは生き生きしてる気がしますけどね。

 

移す先の水槽はらんちゅうが居た金魚水槽で、転覆病と松かさ病が併発し更にお腹が膨らんで、蛇の生殺し状態になり、泳がないなら小さい水槽で死ぬまで薬浴することにして、金魚水槽洗おうと思っていた矢先、メダカ全滅だったんで、どっちも水槽立ち上げ直さないと駄目な状態に…

 

そんな状態なのに、私は風邪引いて全く動けず…というか、面倒だな〜。

 

メダカ水槽に入れてたアナナスも剪定して小さくしたので、そのまま底石に埋めてたんですが、石とかにくくりつけた方がレイアウト楽そうだな〜と今頃思っていたりと、手間がかかることが多い…

 

 

作業方法と手順考えないとな〜

 

まずは、金魚水槽の掃除が先だろうな…やることが多すぎるが、一つ一つやらないとな〜。

ヒーター23度のしか余ってないのが、この時期に水変えする面倒な点だろうな。水温上がるまで時間がかかる…

 

<追記>

メダカ水槽に使っていたヒーターですが、20L以下のやつだったかもと思いだしました。

昨年までは10L未満で買っていたので、それに合わせたヒーターを買ったかもです。

そうなると、今のは20Lほどなので、出力が足りなかったかもですね。

さっき、壊れてるのかと1L水槽で実験したら、ちゃんと水が23度ぐらいで温まったので、水が冷たくて死んだ説が有力かもです。

 

※18L用のヒーターでした。これじゃ暖まんないわ。


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

お得情報

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM