JUGEMテーマ:アクアリウムブログ

 

数週間前に、ミッキーマウスプラティを産んだ母プラティが今朝方死んでいるのを発見しました。

 

数日前より調子が悪く、白点病にかかってしまっていました。

産んでから、ずっと調子がわるかったみたいでしたが、これといってヒレが閉じてるとか無くて、普通に元気で、いきなり白点病になった感じです。

 

産んでから数日目に調子が悪いことを確認し、塩浴&薬浴をして、少し調子がよくなったので、本水槽の戻し、数日後にこの有様ですよ。もっとちゃんと塩浴しとけば良かったかな〜と思いつつ、あんまりやり続けるのも良くないなと。

 

多分、塩浴中に餌をあげなかったのも良くなかったのかもしれません。

というのも、次の卵がお腹にあって、栄養をつけないといけない時期だったように思われます。

卵胎している最中は栄養不足になりがちなのかもしれません。もう少しいたわって上げれば良かったかも。

 

 

で、これが死んだことにより、メスが居なくなりました。

ん〜、オス5匹が暴れまくってますが、何匹かメスプラティを入れるか考え中。

というのも、前回産んだ数、20匹強…現在は17匹になりましたが、17匹が大人になったことを考えると、メスはいらない気もします。

 

私的にはプラティより、アカヒレかグッピーがきれいなので、そっちに充填を置きたいかも。

プラティは泳ぎ方が好きではないです…

アカヒレもそろそろ産卵しそうだし、グッピーもメスのお腹に卵を確認しました。

 

これらがうまく育てば、グッピーアカヒレ水槽ともう一つ水槽を立ち上げたいので、これ以上個体はいらないかな。

 

ちなみに、先週末にザリガニを1匹頂きました。これの餌になる確率も?!

いやいや、ザリガニは実家にあげようと思います。

ザリガニ水槽があるのでね。うちでは面倒見きれないよ〜

JUGEMテーマ:アクアリウムブログ

 

 

いや〜、びっくり!

朝起きて電気つけたら、ミッキーマウスプラティの稚魚が数匹死んでて、病気かも〜!と白点病の薬いれてみたんだけど、昨日は暑かったから、その影響か?ということで、水換えをしました。

 

多分10匹未満は☆になったかな。残りは15匹になりました。

 

朝、寝坊しちゃったんで、稚魚たちが気になりつつ、子供らの朝ごはんと用意に追われ、やっと出ていったと思った数分後、次男がプール忘れた!と泣いて帰ってきたけど、連絡帳にはプールの準備やらは書いてなかったし、第一、本日は雨のため入らないです。気温も低いしね。

 

ということで、戻り損して行かせました。

次男はなんでも長男に言われて戻ってきたそうですが、この長男、宿題を置き忘れてますw

お前が帰ってくるべきだったな。

 

という具合で、朝から揉めるし…次男は泣くし(忘れ物して戻ってくるの3日目だぞって、本日は忘れ物なかったのに…)、長男はどうしのか…とやきもきしながら、水槽作業しました。

 

水も汚くなってたし、水換え必須だったようで、稚魚たちは復活しました。

 

☆になった数は多いけど、いやいや、まだ多い気がします。

本来なら、淘汰されて然るべきなんで、こういうこともあるさと、弱い個体を古いにかけられたと思って、前に進みたいと思います。

 

さて、水換え前に旦那から水草がある水槽に薬を入れるなんて…と言われましたが、水草もエビもOKのやつの薬を何時も買ってるのに、忘れたのか…

 

まぁ、いいや。それが原因でもないし。

本水槽にも薬入れてるけど、水草大丈夫だしなぁ。気が付かないのかな??

 

あ、そういえば、旦那に言われて思い出したことがあります!

旦那が底石の麦飯石から茶色いのがでてくるので、ろ過マットで受け止めてることについて、言及がありました。

水槽の水浄化のためなら、一番下は石ではなくろ過マットが良いのではないかと。

生物ろ過が一番上なのでは?と言われました。

いや、それで水がきれいなのが保てるのか、実験中なんすけどって、そうそう、人間の飲水にする濾過方法と、水槽の濾過方法は一緒でも問題ないのか?という実験中であることを思い出しました!

 

まぁ、麦飯石からでるゴミを拾うフィルタは必要かもしれませんが、最後は麦飯石のバクテリア濾過でOKな気がします。

 

まぁ、半年は実験しないと、実験にならないと思うので、しばらくが現状態で続けたいと思います。

JUGEMテーマ:アクアリウムブログ

 

 

 

ミッキーマウスプラティの尾びれの開き具合で体調がわかることが判明したんで、違いについて撮影しました。

写真の上が具合が悪い方、下は少し具合が悪い方…健康じゃないんかい!って感じですが、これだけでも違いが如実です。

 

まぁ、具合が悪い方は白点にかかってることもありますが、尾びれが常に閉じてる状態です。

プラティを見てたらバックする時は全部ヒレを閉じて移動してますんで、ホバリング状態か、前に進んでいるのにヒレが閉じている状態で、下の方に居る場合は、塩浴した方がいいかもです。

 

昨晩選別しましたが、今朝方も尾びれが少し閉じてるのが居たので、病理水槽3匹になりました。

 

んで、白点にかかってるのは、もう、全ヒレを閉じて下の方でぼ〜っとしてます。

照明当ててないからかもしれないんですが、寝てるようです。

他、軽く調子悪いのは、調子が戻ってきてますんで、明日に再度見定めて見ようと思います。

JUGEMテーマ:アクリウムブログ

 

水槽を見てたら、尾びれに白い転々がついてたミッキーマウスプラティが1匹いました。

 

見つけてそうそうに病理水槽を作り、病気のプラティを入れました。

 

未だ居るかもしれないと、全部の生体を観察してみましたが、白点病になっているのは居なかったので、念のため、ヒコサンZを入れて予防しました。

 

が、今のところの経験上、1匹が白点病になっても、同水槽内の他の魚にでることはあまりないんです。

 

あと、白点病にはなってませんでしたが、調子が悪いプラティを発見し、こちらも病理水槽に入れました。

よく見たら、子供を産んだメスでした。どうやら体力が落ちているようです。

 

プラティの健康具合ってわかりやすいことがわかりました。

最初に尾びれの開きが悪くなります。

今回のメスは尾びれだけでしたが、白点病にかかっている方は背びれも胸鰭も尾びれも全部開いてません。多分、尾びれだけは調子悪〜いって感じで、全体のヒレが開かない状態のは、絶不調!ってことでしょう。

あと、どちらも共通するのは、いつも物陰に隠れて底近くで泳ぐことです。

 

軽く調子悪いメスは、塩浴とヒコサンZで、数時間で少しづつ調子が上がってます。多分、出産で体力なくなってたのかもですね。

産後のママは、隔離して塩浴させた方が良さそうです。次回よりそうします。

 

絶不調のは、白点病前に気がつけば良かった!尾びれ大注目です!

人間の場合、体力が低下して免疫力がなくなると、まず、肌がカサカサになります。子供は如実で、風邪とか体が弱ったとき、直ぐに皮膚に症状が現れます。

なので、多分、魚の場合は免疫力低下で白点病(=お肌カサカサで粉吹いてんじゃん的な)になると思われます。

確かに、魚は自分の体の周りに粘膜を張って体を防護しているので、この粘膜が弱ると雑菌が付着するのだと思います。

こうなると、まぁ、最低3日間は塩浴&薬漬けになって、3日間で駄目だと7日間という目安でやるといいと思います。とうのも、この数字は人間もそうなんですが、病気が治るのは大体奇数であると思うんですよね。

医者も薬が奇数で出されるし、薬剤師も7の倍数を暗記するそうです。

 

で、白点病なんですが、本当は布かキッチンタオルとかで拭ってあげると早く治るんですが、問題なのは、人間が魚の体温より高すぎで魚がやけどする可能性があるということです。

マグロが有名ですよね。触るとそこだけ火傷した感じになって傷んで売り物にならないって。

鱗が熱い金魚は触ってもOKなぐらい鱗が強いんで、前に飼ってた琉金が白点から穴な奇病になって白いのを全部取り除いたら早く治ったことがあったので、それ以降は取れるようなら取り除いてましたけど、プラティってどうなの??ってね、分からないなら触らぬ神に祟りなしってことで、塩浴&薬浴でどうにかしないとですな。

幸いにして、入れた瞬間に少し取れましたけど、まぁ、まだ付いてます。

 

ということで、病理水槽が増え、3水槽が…って水槽増えすぎじゃ!

そして、子プラティが大きくなったらどうする問題も今から考えないと。

プラティ用の水槽を立ち上げ検討ですが…欲しい人にあげたいし、生体買い取ってくれるところに売りたい…頭痛の種ですなぁ。

 

 

あと、白点病は水温が27度以上を数日続けるとなるみたいです。金魚もそうでした。27度前後の水温になったら要注意です。

私的に25度をキープしたいんですけどね…夏は要注意ですよ、ホント。冷却用の扇風機買おうかな…

JUGEMテーマ:アクアリウムブログ

 

 

底面フィルタの強化を実験中。

先週、2ヶ月目にして掃除と水換えをし、底面フィルタの更なる強化を行いました。

 

で、それから1週間経過しました。

現在、こんな感じ。

手前側のろ過マットが茶色く汚れました。

これは、最下層の麦飯石の中にあるバクテリアや汚れが噴出したものだと思われます。

水中ポンプの水出口を手前側に設定していたので、手前側のろ過マットがすごく汚れました。

写真ではわかりにくいですが、背面側は、さほど汚れていません。

 

この実験でわかったことは、水はガラス面に沿って下へ流れるということです。(この現象をなんというか忘れた)

昨日、水温が27度になってしまい、早急に冷ますため氷を入れたら、シュリーレン現象(詳細はググって)にてわかりました。

大体ガラスの1cmほどあたりで、この現象が見られますので、ろ過マットがこのあたりにあるのは正解です。

 

それと、もう一つわかったことがあります。

ろ過マットの上に流木置いたら、その部分だけ白くなってました。

つまり、上にもの乗せるなってことですね。乗せた分、濾過能力がなくなることがわかりました。

と言うことで、流木をどかしました。

 

 

あと、何故か水槽の手前が汚れる…

手前側が異様に汚れるので、流れる方向を後方→手前から、後方→ガラスに当てることにしました。

最下層の麦飯石にあるゴミやバクテリアなどの汚れがろ過マットに付着してしまうようです。流れを変えて見えない方へ。

 

 

 

 

樹脂粘土で作った「水面」ですが、すでにどかしました。

色々ゴミが付着してたこともありますが、先程の濾過の件、砂にも同様のことがあるのかもということで外すことに。

前回、横から見た写真しかなかったので、上部より撮影し、キラキラ具合を確認です。

向かって左側がラメ入り透明の樹脂粘土で、右側が水色の樹脂粘土、ラメも入ってません。

横から見たら水面に見えるのは水色ですが、上から見るとラメがきれい…反射が多い夏の水面って感じです。

樹脂粘土はお湯に入れれば、変形可能なので、また違うのを作ってみようかと。

あと、平たいのは浮き上がってしまうので、石などの重しが必要です。

石を中洲に見立てて樹脂粘土を組み合わせるといいかもですね。

 

 

プラティの稚魚たちですが…

昨日、一匹死んでました…その時は何故??って感じで、驚きの方が先に立ってましたが、時間が経過するにつれ、どうしてなくなったのか原因を考えようとしたら、メイン水槽も稚魚水槽も水温が27度になってました!

メイン水槽には先に述べた氷をですが、稚魚に氷は…ということで、気化熱(詳細はググって)で冷ますことにしました。

キッチンタオルを濡らして、ガラスの外側へペタッと貼り付けて終了。乾いたらコレに水を噴霧する。

これで2度ぐらい低下しました。

ちなみに、メイン水槽も気化熱やってみましたが、水槽が大きいのは気化熱は駄目です。水量に対してまかない切れません。

直接水面に風を当てた方がいいかもです。

水槽が小さいほど、気化熱方法は有効のようです。水槽が小さいと周りの影響が出やすいので、気をつけないとですね。

 

生まれてから1周間経過して、水槽が汚い…けど、稚魚が小さくてネットですくえないので、自作の投げ込み式濾過をやめ、小型水槽用水中ポンプにしました。

それと底にある汚れをスポイトで取り除き、幾分か新しい水を入れました。

これで、あと1周間経過すれば、ネットですくえるようになると思うので、水換えしようと思います。

まぁ、濾過能力はさほどかと思いますが、

 

総評

ろ過マットがこんなに汚れるとは思いませんでしたが、麦飯石の汚れが気になりました。

あと、濾過マットのうえには何も置かないこと。

ガラス面側が一番汚れるので、もっと濾過できるような仕組みを考えないとな〜

 

 

そうそう、アカヒレ3匹とグッピーメスを入れました。

グッピーオスは嬉しいので、メスにひっついてますが、メスは嫌がってますな。

アカヒレは前回いれたアカヒレがメスであることがわかり、オスを…と買いに行ったら、オスが見分けつかないと店員に言われ、数撃ちゃ当たる方式で3匹かいました。どれかオスが居るといいな…

ということで、4匹加わって狭くなってきたかもです。多分、これがMAX生体数かと思われます。

JUGEMテーマ:アクアリウムブログ

 

水槽を立ち上げて2ヶ月目になり、富士砂の中にゴミが多くなっていたのが気になってしまったので、砂を洗おうと思ったら、活性炭の具合も気になって、その上下にあるマットの具合もみたかったので、砂と濾過マットをどかして、活性炭をどかして…と、一番したの麦飯石はそのままにして、その付近まで水を抜いて入れ替えました。

 

活性炭上下にある濾過マットはさほど汚れていませんでしたが、富士砂と接触していた面は砂の細かい粒がついて離れなかったので、そのまますてました。

 

つまり、濾過マットと富士砂の相性は悪いことがわかりました。

 

富士砂は汚れが酷かったので、とにかくカルキ有りで洗ってきれいにしました。富士砂は濾過が目的というより、ゴミを絡め取る方が望まれますので、汚れることは否なのです。

 

活性炭は…コレが問題でした。

活性炭入れを作り、3つの枠にしたのはいいのですが、入れるところに封をしていなかったため、富士砂と少し混ざってしまいました。

抜けたところ…どうしようと思って、百均にて活性炭を調達しに行ったら売り切れ…仕方なく、3枠の量を同じぐらいにして、今回は封をしました。

 

上部と下部を仕切っていた洗濯ネットを立体的に作っていたのですが、この立体するための四隅を縫っておいたのに外れてしまったので縫い直しました。

 

 

さて、水も抜いたし、各部品を入れることに。

 

麦飯石の上には活性炭を敷きました。今回は上部と分けるのに、洗濯ネットを使いませんでした。活性炭から黒いゴミが出なかったこともありますが、活性炭と麦飯石は仕切らずに一緒の方がアンモニア吸着に有効的ではないかと思ったからです。

その上に、並の加工がされた灰色の硬めスポンジを以前見つけて買っておいたので、それをガラス面に密着するようにはめ込みました。

スポンジは上部フィルター用のを2枚使えば、底面に敷き詰められるので、この用品を利用しています。

並加工されたスポンジは少し硬めで、ゴミを良く取るというのがウリ文句でしたが、硬いフィルターにして、富士砂が麦飯石へ侵入しないようにしたかったので、コレにしました。

(この硬いフィルタがうまくいくなら、接する面を接着剤でくっつけようと考えてます。一体化した方が便利かと)

 

というのも、前回の洗濯ネットでは境目を作っても麦飯石にまで落ちてしまう富士砂があり、薄っぺらいものでは境界線としては使えないことがわかりました。

あと、活性炭を挟むように濾過マットを上下に足しましたが、濾過マットがふにゃふにゃになって、取り出しにくかったです。

 

という失敗を踏まえて、今回は…パワーアップをしてみました。

富士砂が麦飯石までこぼれないように、縁(水槽のガラス面)にろ過マットを半分に切って添わせ、中央には洗濯ネットで仕切った富士砂をいれました。

 

…そしたら、前回より嵩が増えてしまった…前回は9cmだったのに、今回は13cmに!富士砂部分は半分ぐらいでも良かったきがします…ま、それは次回に…

 

そして、石で作ったアーチも壊れ…

 

あと、水をイメージして、グルガンで作ったのは撤去して、新しく樹脂粘土で作ってみました♫

 

あ”〜!かっこ悪い…ええ、かっこ悪いんですが、このぐらいの厚みがないと富士砂がしたに落ちてしまうんです。

なもんで、側面真っ白!でも、清潔感は凄い!1ヶ月ぐらいすると茶色くなります。

すでに、魚の糞をキャッチしていたので、そこは最初はなんでスポイトで吸い取りました。

意外と、濾過マットの能力凄いんですよ。ダサいけども。家にあるのがこれしかなかったし、安かったんで仕方ないです。

まぁ、ちょっと実験中なもんで、これがどういう状態になるか、水への影響など色々変化を観察したいと思います。

 

今回の水換えにて、一番の問題はアーチが崩れたのと、ミッキーマウスプラティが出産し、そちらへライトを移動したので、背面からライトが当てられず…そこが一番痛手かもしれません。実験できない!

透明にラメがはいった樹脂粘土で作った水面…うまく表現できてないし!ってことで、レイアウトは位置から考え直しです。

樹脂粘土のラメは上からみると、とてもきれい。もしかすると滝を再現できるかも?と新しいアイデアが浮かびました。

 

 

そうそう、水換えしようと思って魚が元気かと観察したら、お腹が大きかったプラティの様子がおかしくて、お尻の穴が大きくなっていて、落ち着きたいところに雄に追い掛け回されていたので、小さい水槽に移して様子をみることにしました。

 

で、上記にあるようになんだかんだやってて、活性炭が少なくなったので、食品買い出しついでに買い物へ行ってる間に出産していました。

 

まさか生むとは思っていなかったので、帰ってきて様子みたら少しほっそりしてたので、あれ?どうした?と思ったら、小さいのが動いてた…でも、親からは離れてたな…食べられるぅっていう本能かもしれない。

ウィローモスもいれといたんで、物陰にひっそりしていました。

 

水槽にいた魚を救難水槽にいれ、水換えを終了するべく続行し、写真のところまでやり遂げました!

 

で、子プラティどうする?ってことで、本当は親水槽と一緒でいいかと思ってたんです。増えたら困るから。もうメダカの時は大変だったんで、ヤダって思ってたんですよ。増えに増えて…みたいな。

 

ま、メダカじゃないし、初プラティだし…と、少し大きめ水槽に移して飼育することにしました。

 

子どもたちに、生まれたよ〜というと、初めは見るんですが、メダカと一緒だということで、新鮮味ゼロ…まぁ、卵から孵化するわけもなく、感動薄いかもしれない…

 

でもちょっとビックりな数が居ました。20匹強はいるかもです…最後まで何匹残るか…

小さい水槽用の水中フィルター入れたら流れがきつかったようで、稚魚たちがざわついたのでやめました。今はエアレーションだけやってます。

水流無い方がいいようです。

 

ということで、明日からは2水槽稼働です。

 

 

JUGEMテーマ:アクアリウムブログ

 

水槽に逆行のレイアウトというか、逆光でどう見えるのかという実験です。

 

まず、逆光にした時に、水から反射する光を演出してみたくて、反射→白のレフ板を考えて、グルガンで平らな水面に似せて作ったのを、アーチのしたに置いてみました。

写真中央の白いのがグルガンで作ったやつです。

真上にライトがあるので、アーチ上部の影が見えています。

逆光にした場合、この影はなくなるようにしたいので、写真右側(のブルーライトが3個ほど見えてるところ)にライトを設置し、

上部のライトを消してみて、逆光の確認を行いました。

グルガンのが反射してくれるといいのですが…ちなみに、グルガンは乳白色のしか家にありませんでした。

 

ガッツリライトを当ててみました。

上部のライト影はきえましたが…?????思ったのと違う!やっぱり、グルガンのは反射しないし、水面にもみえないし…失敗。

本当は透明なので作りたかった…けど、グルガン自体意味無い気がします。

旦那からガラスとか鏡では?と言われましたが、う〜ん、かっこ悪い…枯山水にもならん…

白い砂は使いたくないんですよねぇ…

 

ちなみに、背面のライトをブルーだけで点灯してみたら…

あ”〜!!ってなことになって、全くもって逆光失敗。

紫に見えるのは、UVライトを当ててみました。

アマゾンでおもしろグッズを買い漁っていたときに買ったものです。

何に使うかって?

男性ってトイレでおしっこ飛ばしません?長男と次男が全く入ってないんで、それチェック用に購入してみましたが、部屋の細かいチリの方がよく見えて、子供らから小姑の如く、掃除してないよ〜って怒られてます(笑)

でもこれで、グルガンの乳白色はUVライトでも青白く光らないことはわかりました。

 

 

<総評>

子供らから、白いの何?雪?って聞かれて、光が反射するかな〜っていう実験なんだけど…といってもわかってもらえず。

でも、長女は白い雪みたいできれいだから、このままでOKということで、現状維持しつづけてます…

 

他に手を考えなければ…石組みの上も隠してライト部分を穴の一点集中させて…と考えてますが、反射する素材も考えないとなので、そちらを攻略してからじゃないと先にすすめなさそうです。

 

 

…ウィローモス、大きくなったな…苔がついてエビの導入考えなきゃ。

 

アヌビアス・ナナは葉っぱが徐々に増えてます。買ったときはスタンダードな葉っぱのサイズだったし、濃い緑でしたが、現状小さい葉っぱが数枚でてます。ここから大きく、元のサイズになるのかな…黄緑じゃなくて濃い緑になって欲しいのだが…

 

そろそろ、立ち上げて2ヶ月経過したので、水換えしないといけないのですが、意外と水がきれい…

でも、底石の間にゴミが詰まってるようなので、石を洗いたいし、底面フィルタの設定をマイナーチェンジしたい…

 

水換えは1回しましたが、水が減少したら継ぎ足してるぐらいなに、水がキラキラしてる…イブキのエアストーンにしたら、酸素量が増えて魚が元気です。現状が一番調子いい感じです。

JUGEMテーマ:アクアリウムブログ

 

なんか、面白そうな水槽レイアウトを考えてるんだけど、お金かかるしな〜ということで、案だけ考えてみることにしました。

考えるのはタダだもんね〜。

 

で、YouTubeで水槽レイアウトをしている動画を見ているのですが、自然界ってそんなに変化に飛んだ景色ってないよなぁ…と。

大体材料だって、石と流木と水草で、なんとなく造園と同じ感じで石組みしたり、木を置いたり…あとは水草で動きをつけたりしてるぐらいなんで、ラピュタみたいな天空城のレイアウトはできないし…いや、できることはできると思うのだけど、それなりに大きくないと迫力がないというか。

 

うちのは40cmで、めんどくさがりな私はメンテする時に、さくっと取り除けるレイアウトを考慮してるんです。

もう、1回水槽から出せば全部一体化して取り除けるぐらいの勢いなレイアウトで、置くだけでそれなりに空間が見えるやつというのを考えてるんです。

やりたいことは、かなりハイレベルだと思っておりますが、キャストで作られてる城とか沈没船は嫌なんで、というか、キャスト自体が嫌いなんですよね、私。燃やすと有毒だし、水に入れると何か滲み出てきそうだし…お土産物とかでも、キャスト製は買いませんもん。

 

で、今考えてるレイアウトはコレ!

雑誌を写真におさめましたので、著作権的には大丈夫!だと思います。

ここ、私有地なんですよねぇ。こんな私有地羨ましい。

逆光の水槽レイアウトがなかなか無いんですよね。参考にしたいんですけど。

確かに正面からみたら、緑も少ないし、淋しい感じです。なので、表裏一体レイアウトにすれば、裏は太陽を浴びた感じで、表は写真のような、光の筋(これ天使の梯子と言うそうです)で見せる感じで。かと言って、裏側は見えませんけどねw

ちなみに、水面の反射は無視するか白い砂でとか、UVレジンで水面を作ってみても楽しそう。

 

一応、他のレイアウトも考えたんです。

この前、高速で群馬あたりを走ってたら、いい感じの山があって、車から撮影してみました。

なんとなく、水槽のレイアウトでありそうな景色ではありますね。

 

この写真↑なんか縁起よさそうなんで貼っときまっした。レイアウトとか関係ないけど、雲の中に鳳凰が飛んでます。

龍は良く遭遇しますが、鳳凰は滅多に無いです。(一つ前の写真に鳳凰の頭があります)

撮影中は気が付かなかったな。連射してたようで、沢山写ってました。

 

 

水槽レイアウトで面白そうだなと思ったのが、コレ↓

石が人工的にカットされ、階段状になっているんですよね。

人工物が自然になってしまったパターンで、ちょっと貴重かもしれません。

 

 

と、今のところ、こんなところを考察しています。

他にも、もっとありそうなので、撮影だけはしておこうかと思います。

 

龍とか、縁起良さそうな写真もアップできたらいいな…

JUGEMテーマ:アクアリウムブログ

 

寒さのためにだめになったアヌビアス・ナナ、一つだけ再生しそうなのを残してみたんですが、私のヘマにより葉っぱが乾燥し、葉っぱがなくなってしまったのです。

 

でも、小さい葉っぱが3枚でて、再生の兆しが。

なんか茎だけでも意外と再生できるのでは?と思われるのです。

茎も緑色…ということは、葉っぱだけではなく茎からも光合成をしているのだと思いました。葉っぱが一時的に全部なくなった時でも、根は伸びていたし、新しい芽も葉っぱの反対側からも出始めています。

 

葉っぱ3枚のうち、一枚を水換えのときに何かに引っかかって半分になってしまったようです。

もったいない…

でも、他の2枚が光を浴びているし、茎全体も光が当たっているので、問題ないかな。新しい葉っぱも出そうだし。葉っぱは小さいけど、成長すれば元のサイズになるでしょう。黄緑色なのは新芽だからだとおもます。そのうち濃い緑色になるかと。

とにかくアヌビアス・ナナは根がすごく伸びますね。結構地下まで伸びるので、定期的に根を切らなきゃだめですね。岩にも付きやすいのですが、くっつくまで時間がかかります。

 

このまま成長してくれるといいな。

JUGEMテーマ:アクアリウムブログ

 

 

水槽を立ち上げなおしてから、1ヶ月経過しました。

 

で、水が臭ってきていたし、富士砂の中にもゴミが多くなってきたので、本日、子供が寝静まってから決行しました。

 

水槽の中に入れてある装飾品を取り除き、プロホースで水を吸い出しました。

水換え開始は順調にいっていたのに、直ぐにつまづきました。

前回より、プロホースからホースに繋いで水を直接外に捨てる方法をとってたんですが、若干ホースの長さが足りない…ので、ホースの長さを足そうと、前に買っておいた1m強のホースを、百均のミーツに売ってた繋ぐキッドを事前に購入してあったので、早速繋いで使用してみたんですが、つなぎ目がうまく繋がって居なかったのか、そこから漏れてて水が捨てられない状態になっていました。

 

玄関から外へ流していたので、つなぎ目がちょうど私の靴に!!

靴が少し濡れてました…あぁ、買ったばっかりだったのにな…

とりあえず、形が変わらないように布を詰めて水気を吸い取る方法をとり放置。

 

と、水捨てなきゃ!水槽作業続行です!!

接合部分を外して短いながらも使えるから、それで!と作業続行。どんどん水が外へ流れ出ていきます。

半分近くまで水かさが減少してから、魚達を救出して、更に続行!

 

水槽の半分ちょっと減ったので、装飾品を入れてから、きれいな水を足す作業開始!

バケツに水をためて、カルキ抜き液体を入れて置いたので、プロホースを洗ってから指し直し、少しづつ水を注入。

この作業を2回ほどして、水が波々に入り、魚たちを入れて作業終了。

 

途中、色々あったので、1時間ほどかかってしまいました…次回はもう少し早くしないと。

でも、次回やる時は、富士砂を洗って、活性炭のチェックしないとだめかもです。

 

立ち上げ時に底面に隙間が空いた為にスポンジを差し込んでおいたんですが、表面は茶色く汚れたものの、下の方はさほど汚れもなく、まぁ、面倒なので新しいものに交換したんですが、水底の石の汚れの目安として目視できるし、細かいゴミも取ってるし、あった方が便利ですね。

 

水換え後、麦飯石濃縮液を入れて、バクテリアを足して、終了です。

 

 

そろそろ、ミッキーマウスプラティのメス1匹が、魚を産みそうなぐらい、お腹がパンパンになってます。

今回水換えしたことによって、何か起こらなければ良いのですが、増やそうとは思って無くて、勝手に増えたら凄いな的に思っていたら、子どもたちは増やそう!と思っていたようで、サテライトか何かで稚魚たちを確保しなければならなくなりました…

 

いや、私的にはミッキーマウスプラティは水槽の調子を図るための、いわば人身御供だったわけで…でも手を加えなくても増えそうな予感…

 

実家に預けた水槽の出番が近いかもです…これ、ジェックスの水槽なのに、水作の水中ポンプで稼働してたから、底面フィルタだと問題が生じますね…外掛けだと、かっこ悪いしなぁ…水中ポンプだけだと問題多いし…決行面倒ですね。

 

 

明日は明日で、布団の衣替えです!主婦忙しいです!小学生の子は土曜日に運動会だったので本日代休、火曜日の明日は、運動会延期だったら火曜ということで、この日は給食なしのため、弁当なのです。今年から小学生2名になったので、二人分…高学年と低学年のため、量も違うし、好みも違うから面倒です。


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

お得情報

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM