JUGEMテーマ:家庭

 

 

旦那が、中華鍋か北京鍋か、それとサイズがわかりにくいというので、かっぱ橋へ実家に子供を預けて行ってきました。

 

すでに夕方だし、日曜日だったので、ほぼシャッター街になっとりましたよ。

こんなのも発見しました。かっぱ…出るんですかね…

 

商店街を外れたところに、たいやき屋を発見し、寄ってみました。

羽がパリパリで、本体はもっちり。あんこが沢山はいってましたよ。

と、コレ食べてたらお店が閉店してて、完全なシャッター街になってしまいましたが、良い出会いでした。

手は旦那のです。Googleマップの口コミにお店のコメントしといたんで、気になったら探してみてください。

 

で、何を買ったのかというと、結局、中華鍋か北京鍋は買いませんでした。

というか、デカすぎだよ。家庭用には不向きだよ。

それより、だし巻き卵用の銅でできたやつが気になったよ。結局買わなかったけど。

 

バシタカが「とんねる」という番組で言ってたトング買ってしまった…以前似たような商品を買ったら、シリコン部分と本体の接合部分が甘く、手首が折れるような感じでくねくね動いて、掴む(締める)と隙間が空く粗悪品でした。紹介されたトングはトングの先端が曲がらないようにできているので、良いです。

早速、コストコのプチフランスパンを焼いてトングを使いました。長い方で正解でしたね。

短い方はサラダの取り分け用かな??

長いのにしたのは、火より遠い方が使えるから。これは正義です。

 

他に、縦横に置ける麦茶用のピッチャーです。前に買ったやつの容器にヒビが…。

前のよりコンパクトデザインになってて、水漏れもなくなっていたのでよくなりました。買い替えて正解!

でも、2.1Lは若干小さいんですよねぇ。2.5Lぐらいだったら、これ2個で十分です。

 

あと、ワイングラスを。なんか、樹脂製で割れないんだそうです。

確かに落としても割れなかった…でも、ワイングラスの首の部分を保つと、器部分がブルブルします。

子供らに人気です。

JUGEMテーマ:子供とおでかけ

 

無事、帰宅しました!

我が家に帰ってきたら、家の中がめっちゃ臭い!何の匂いかわからないけど、空気の入れ替え作業と、旅行の片付けを行い、子供らは車で寝て、帰宅しても寝ました。

 

帰宅して3時間以上経過するけど、まだ臭うので、次亜塩素酸ナトリウムを散布しました。

少しは匂いが収まったかな。でも、すこ〜し匂います。

 

次亜塩素酸ナトリウムは、ノロやロタで有名になったんですが、殺菌作用もあるので、匂いも排除できるので、便利です。

 

多分、旅行前に家で焼き鳥焼いた時の匂いがついてて、雑菌と混ざって臭ったと思われます。

家出る時に次亜塩素酸ナトリウムを撒き散らせばよかったです…

 

さて、我が家の旅行のカバンはイケアのフクラタのトロリー用バッグです。

コレ、コインランドリーへ行く時にも使ってるんですが、一番の使い所は旅行用カバンです。

丈夫で、長方形の四角い作りなので重ねても落ちないし、うちの車の横幅にピッタリで、軽いのが一番!で、背負えるのが特徴。

さらに、安い!まぁ、車での旅行の場合限定ですが。

 

まぁ、明日の学校や幼稚園の準備をしたし、旅行前にやっておいたアクアリウムの石組みとウィローモスのオブジェも大丈夫そうだったので、本水槽に入れ、トリートメントしたプラティも本水槽に入れました。

 

トリートメント中、1匹死んだようで、仲間で食べてました。

確かにヤバそうなのが居たので、翌日には☆になっていたかもですね。

なので、餌は十分あったようです。

 

プラティを本水槽に入れたんですが、まだエラが赤いんですよねぇ…本水槽に入れない方が良かったかな??

でも、薬浴用の容器は狭かったから、そろそろイライラしだしてたしなぁ…

一応、元気は取り戻していたので、アカヒレと混泳させても問題なさそうだったので、水合わせをしてから、本水槽に入れました。

 

そういえば、トリートメントの動画で、イソジン液を買ってきた袋の中に10Lに1gほどの少量を入れ、1分ほどつけたら魚だけ取り出しトリートメント開始するというのがありました。イソジンで病気や虫を排除できるとのことで、今度やってみようかと思う次第。

それをやっていれば、エラが赤くなるのも少しは抑えられたかもです。

 

が、時間はかかりますが、塩浴でも大丈夫だと思われます。今回は十分な時間を与えられたので、エラが赤いのは透明か半透明ですけて見えてしまうのかもしれないと思うので、本水槽に入れて様子を見たいと思います。

 

と、石組みのウィローモスオブジェですが、移動しようと持ち上げたら、2つに分解されました…あぁ…次回くっつけます。

 

流木邪魔!だけど、あるといい感じなので、配置考えなきゃな。

 

プラティが隅っこにいってしまって手前にこないのが淋しいです。なにか習性があるのでしょうか。

可愛いけど、やっぱりメダカが良かったかなと、後悔しとりますが、今回は熱帯魚で実験なので、しょうがないですかね。

JUGEMテーマ:家庭

 

GWの前半の総集しちゃってますけど、まだ真っ最中ではありますが、足の乳酸が溜まりっぱなしなので、でかけられない…

 

ということで、総集しちゃいます!

 

 

4/27は厚木基地のスプリングフェスへ行ってきました!

基地内って人生初!入場無料で誰でも入れるんですが、条件があり私の場合は、免許証+住民票写しを持参しました。

門にいる自衛隊員に見せて、中にはいると、TDLかと思われる行列が。

しかし、待ち時間もさほどかからず、手荷物検査と金属探知機のゲートを通過し、アメリカ軍に個別に携帯型金属探知機でチェックを受けますが、特に何もないです。

うちらは小さい子も居たため、サクサク入れたのかもです。

 

実は、今回このフェスのために、大和駅近くのホテルで前泊しました。

子供らに朝市で電車で揺られるのって辛いし、正直、午後まで保つかどうか…だったので、ホテル代は痛い出費ではありましたが、GWですし、ちょっと違った感じで宿泊するのも楽しいだろうと試みました…

金曜の夕方に家をタクシーで最寄り駅へ、夕飯前にホテルにチェックインし、荷物を置いてガストでご飯を食べて、風呂入って寝るて、旦那は仕事終わってからホテルで合流という感じ。

 

翌朝、次男(小1)が5時半にうつ伏せで寝た状態で「おねしょしちゃった」報告を受けた私…いつでもトイレへ行けるようにトイレの電気漬けといたのに役に立たなかった…すげーことやらかす次男…おねしょはマットレスまで到達し、どうしようもない状態…

フロントへ電話して、了承して頂き、掃除の者がまだ来てないので、そのままでOKですと言われましたが、できるだけ対応した意思を見せねばと、水分を吸って大きくなるタオルをダイソーで買って持ってきていたことを思い出し、それを濡れた部分に当てて水分の吸い取りに成功!結構乾きました。これ、次回の旅行でも持っていこうと思います。

濡れたパンツとシャツ(パジャマは着てなかった)をホテルにある使い捨ての石鹸で洗って、コインランドリーが併設されていたので、乾燥機だけ利用しましたが、家庭用なので乾きにくいです。1時間かけてパンツとシャツを乾かしました…

 

朝からバタバタでしたが、その御蔭で全員早起きできたため、朝食をゆっくりとれました。

お腹を少し休ませてから、電車で数駅移動し、厚木基地の正門まで徒歩で移動。子供らも頑張ってました。

 

基地内に入ると赤い鳥居があり、それの向かって左に行くと飛行機などの展示や実際に乗ってみることができました。

が、子供らは飛行機には興味無く、まずはぬいぐるみを子供ら分購入し、子供らが遊ぶスペースが用意されており、空気で膨らませて中にはいってはずんで遊ぶバルーンがいくつもあり、それに子供らが夢中になっている間、旦那は一人で飛行機を見に行きました…

 

と、ポツポツ雨が…初夏も間近という時なのに、この日はすご〜く寒くて、トイレへ行きたくなった子どもたちは、トイレと共にここを切り上げて、お父さんのところへ行くことに。

飛行機というか戦闘機の展示は滑走路まで行かなくては行けなくて、その道中、出店が並んでおり、そこで休憩&昼食を。

子供用の自衛隊の制服で記念撮影ってのがありましたが、子供ら興味なし!そして、ケバブうまかった!これね、まったくもって不人気だったんだけど、暖かいのが2本300円ですぐに出てきて、肉がうまいの!子供ら大喜びで何本も食べてました。

ちなみに、基地内はドルが使えたのです!知らなかった…家に大量のドルがあるので消費したかった…

各テントでレートが違うので、ドルの方が安いこともあり、今度はドル持っていこう!

 

午後から戦闘機見に行き、滑走路まで歩く歩く…途中、消防隊がデモストやってたりして楽しそうでした。

滑走路では自衛隊の輸送機の内部が見れました。あと、アメリカ軍の戦闘機を見に行こうとしたら、土砂降りになり、子供らを戦闘機の羽の下で雨宿りしながら、ポンチョをかぶせて、雨と寒さをしのぎました。

戦闘機、陸上ではこんな使い方もありますよ。便利です。

しょうがないので、ここで切り上げて、博物館に雨宿りのため逃げ込み、二階の展示で時間を潰してましたが、それでも雨が止みそうにないので、帰ろうということに。

建物から出ると雨がポツポツ状態というかほぼ上がってる状態で、今のうちに帰ろうということに。

また、徒歩で駅まで歩いて、自宅まで電車で帰りました。

前泊したお陰で子供らも最後まで体力があったから、前泊正解でした!

 

 

で、翌日は、旦那の親戚と一緒に上野動物園へ行くことになってましたが、集合時間を大幅に過ぎてから出発!

前日に10kmほど歩いていたので、足に乳酸が溜まった状態でしたので、なかなか足が動かない動かない…

 

たどり着いた上野動物園のチケット売り場が並んでる…40分ほどで自動券売機で小学生6年まで無料なので大人分購入し中に入れました〜!

が、パンダ60分待ち…レッサーパンダの展示なし…パンダと名のつくものは見ないと心に決めて、まずは親戚と合流。

行くまでに像と日本ザルをみました。長女(年中)は像が大好き。ダイソーで像の帽子を買うほどなので、像から離れませんでした。そして「像さん大好き」と大声で叫ぶ長女…いや、像に届かな…あれ?像が口パクパクして反応してる?!

何度となく叫ぶ長女の声に像が反応、偶然ではなさそう。もしや、像と会話できるやつでは??

が、猿でも同じような声掛けを行いましたが、猿はこちらを見るも無反応。気がつけば次男と長女はうんちの数を数えてました…何しとるんじゃ。

 

で、先に旦那と長男は親戚と合流していたので、うちらも合流&休憩。長女間髪入れず像見に行くというので、今度は旦那に行かせました。足に乳酸溜まりっぱなしで、私も休みたかった…

 

子供らが像を見に行ってる間、親戚の人たちはモノレールに乗りに行ってしまったので、別行動に。子供らが帰ってくる頃には行ってしまわれました。

 

で、以前の上野動物園では考えられない、車での出店(この場合は出張ケータリングだろうか)があり、そこで牛タン串を食べる子供ら。行きにベルギーワッフルを何枚も食べてたのにまだ食べるのか!長男は肉巻きおにぎりまで食べてました。

次男が地図を見ながら動物を全部見れるようにルートを考えて、次男を先頭にして動物たちを見に行きました。

次男を先頭にすれば、迷子にならないと思ったのですが、次男はルートをちゃんと把握し、引率できてました。すげ〜。

だてに迷路好きではなさそうです。

 

で、結局、半分しか見ることができず、モノレールに乗って帰ってきた親戚と合流し、一緒に帰りました。

長女は動物がまだ見たいと泣き、長男はプレーリードックが欲しいと、次男は残りの半分のルートを考えるため地図とにらめっこで、帰路に。この日は7000歩強でしたが、乳酸のお陰で全くあるけませんでした。

子供らは元気だったので、乳酸という言葉は無いようです。

 

本日は乳酸を取り除くため、骨休み日とし、足をモミモミします。

主婦もほぼやってないw でも、洗濯物は洗ってコインランドリーで乾かしました。

休みの日は家の中に子供らが暴れるので、全く乾かない(花粉症のため部屋干し)のはわかっていたので。

 

しかし、歳なのだろう、疲れが取れない…

JUGEMテーマ:家庭

 

基本的に海が苦手な我が子どもたち…波が怖いとのことで、じゃ、潮干狩りなら海を楽しめるのでは?と、子供らもやってみたい!というので、行ってきました。

 

潮干狩りといえばGWですが、実はこの時期だと遅く、レジャー用に惰性で行っていて、春頃が貝のシーズンなので、知ってる人は早めに行ってるので、GWには取り尽くされてなくなってます…また来年稚貝を漁業組合が撒いてくれることを祈ります。

 

でも、春時期は風も海も冷たいので、桜が咲き始めた頃の暖かい日に狙っていくと良いと思います。

ということで、我が家もそれで行ってきました。

全く混んでないので、入り口近くの駐車場に駐められて、潮干狩り入り口のすぐそこから遠浅が続いて、さほど人も居ないので、好きな場所でホジホジできました。

 

とはいえ、少しフライング気味に到着してしまったので、潮が引いてない状態で、着替えたりなんだりしてたら、潮がかなり引いてました。準備も整ったし、行ってみようと会場へ行ってみることに。

 

が、長女が潮が引いたところが歩きにくい為、歩けないというので、浜から近いところをホジホジしながら少しづつ沖へ進んで行きました。

なんでもヤドカリが怖いとか。長女だけかと思ったら他の子も叫んでて、どうもグロテスクないきものらしいことが判明しました。

ほんで、大きめの穴が開いてるところを掻いてると、アサリがたくさん出てきました。

 

今回、初めてではないのですが、発見したことがあります。

・潮が完全に引いてる所は砂が固くて掘りにくいので、少し海水が残ってる所を掘るとかんたんに掘ることができることがわかりました。

・大きいアサリは深いところにいるので、結構掘ります。

・海水を怖がらず、沖へ進むと、はまぐりがたくさん出てきました。

 

あと、この時期は海水は温かいのですが、風が冷たいので、厚着必須ですが、子供は下半身と両手首が汚れるので、汚れてもOKな服装(うちは水着着せました)で、対策した方がいいですね。

長靴という方も多かったので、その方が正解かもしれません。

 

今回の収穫物は、ほぼハマグリでした。

というのも次男が最強運も持ち主で、たまたま沖の方へ歩いていって、たまたまほったところに、たまたま大きい貝があったので、浜近くにいる親に見せたら、父と長男が本気出してたくさん収穫しました。

母は沖へ行けない長女と海水ギリギリのところで、大ぶりのアサリをゲットしてました。

収穫できる量は決まっていて、足がでたらその分追加料金払わなくちゃならないんですが、うちは入場券にある制限量でも食べ切れる自身がないので、その限りを持って帰りました。

アサリは選別して大ぶりのだけ残し、ほとんど放しました。もっと大きくなれよ〜。

これでも、半分は旦那の実家へおすそ分けしました…が、まだたくさん残ってます。

 

帰宅後に砂抜きを行って夕飯に食べたら、ハマグリ美味しかったです。現場の海水を持ち帰って砂抜きしたのがよかったのかもです。

子どもたちは、潮を噴く貝を観察できて楽しそうでした。

私は帰宅後に塩抜き用の容器探したり、汚れた服を洗濯機にかけ、道具を水洗いして干して…とか忙しかったです。

 

早く、水槽のリセット立ち上げをしないとなんですが、麦飯石と富士砂が混ざってしまって、選別できずに困ってます。

長男に今夏も金魚すくいするのかと問いてみたら、すると言ったので、それまでには水槽をどうにしないとな。

JUGEMテーマ:子育て

 

家族でスキーへ行ってきました。

どこかは教えたくない穴場…村営とだけ言っておこうかな。

リフトは1台しかないし、地物民しかいない憩いの場です。

しかし、未だにその方言の発音方法が不明なんだよな…標準語から音程が始まったと思ったら、話終わりが変わるので、あれ?となって、言い方変えなきゃと思いつつ、どうしたらいいのかわからずじまいです…

 

さて、子供ら3人はスキーもせず、ファミリーゲレンデというか初心者用のところの端で、雪遊びをひたすらして終わりました。

かろうじて長男と旦那がリフト券(激安)の午後券で滑って元とった程度です。

 

 

本題!

行きは早かったのでSAで朝食にする!というので寄りました。

で、食べ終わってからお土産物色!何があるのかな〜ということで、この時期といえばイチゴですかね〜

ちなみに、長男の味覚指標の採点方式を採用。美味しくないもの=忍者ということにしました。

 

《行きのサービスエリアで見つけたお土産》

イチゴしか入ってないやつ。結構美味しい。

サクマドロップのイチゴした食べない子には、超おすすめ商品です!

 

珍しくて買ってしまったドライトチオトメです。

フリーズドライかと思ったら、温めて感想させているそうです。

イチゴは冷凍すると変色するので、苦労した商品ではないでしょうか。

食べると後からイチゴが走ってきますが、歯にイチゴがへばりつくので、食べにくい…

みずみずしくないイチゴですが、料理の具材としては、みずみずしく無いのは適していると思われます。

細かくして、クッキーとかお菓子の具材としていいかもです。

 

 

《帰りのサービスエリアで見つけたお土産》

何故かリラックマとコラボ商品が多数ありました。

イチゴクリーム大福にコリラックマのイラストが印刷されてるので、珍しくて買ってみました。

味は、思った通りのものでしたが、長男は忍者でした。

しかし、見た目がかわいいだけに手が出しにくい…長男と私はイチゴの絵柄のみ食べて、後は手を付けられない…

 

長男がどうしても買ってくれというので、買ってみました。

パッケージだけリラックマで、中身は何の変転つもないものです。

イチゴ味がほんのりするスイートポテトです。

さつまいもとイチゴにバター味が合わない…私と長男はかなりの忍者でしたが、次男と旦那は美味しいそうです。

 

無難な味。価格もお手頃だし、お土産には良いですね。

私は美味しいと思いましたが、キャラメルは歯にくっつくので、そこが気になるかな…

ピンクのシートで小分け放送されてて、かわいいですが次男はキャラメル自体がイチゴの形してると思っていたそうで、そこはがっかりしてました。

 

包装がコリラックマだったけど、中身は変哲のない餅の中にイチゴとホイップクリームが入ってて、くっつきやすいのか、粉がまぶしてあって、ボロボロしたり、手にくっついたりで食べにくい商品でした。

ちょっと、お土産にしにくいかもです。

長男は忍者と言ってました。(私も同意ですが実は一番売れていた商品です)

 

 

 

この他に、りんごバターがあったので、買ってみましたが、パンにつけて食べた長男はよもぎパンに似てる味だと言ってました。

なぜ「りんごバター」かというと、switchのゼル伝にて、色々料理が作れるんですが、その中に「りんごバター」があったんです。

海外ではメジャーな食べ物(ジャム的な)らしいのですが、日本には馴染みがないので、どんな味なのか、自分で作ってみようとまでしたんです。

そんな矢先に遭遇したので、長男のご所望で買いました。

思っていた味ではないようで、がっかりですが、トーストだったら美味しいかもと、明日の朝にトーストでもう一度チャレンジしてみるとのことです。

ゼル伝に出てくる料理が気になるんで、ゼル伝レストラン期待してるんですが、なかなかできませんね…

とちおとめとコリラックマがコラボするなら、りんごバターもゼル伝とコラボしてほしいです!

JUGEMテーマ:子供とおでかけ

 

 

夏休み、どこへ子供と遊びに行こうか悩んでるなら、1泊2日でも楽しめる苗場プリンスホテルの夏季営業はいかが?

 

ということで、3連休に苗場プリンスホテルの夏季営業「なえばサマーパーク」へ行ってきました。

現在はフジロックがあるため、一時中止になりますが、7月31日より再開されます!

 

 

うちは苗場プリンスホテルには泊まりませんでしたが、レジャーだけ楽しむことも可能です。

フロントの近くにあるチケット売り場で20枚綴りのチケットを1万円分は使うので、買ってしまいましょう!フロントだとクレジットカードで帰るので少しお得です。

 

で、このチケットは1枚200円として利用可能で、レストランやカフェ、売店でも使えますが、お釣りは出ないので注意です。

 

 

スキー場が幾つかのエリアに別れており、子供の年齢にあったレジャーを楽しんで下さい。

うちが楽しめたのはパンダルマンエリアの「スリル満点 サマーチューブ」で、タイヤのチューブを膨らませたもので、斜面を滑ります。滑走するところは決まってて、滑りやすくなってます。登るときは簡易エスカレーターで登れるので、小さい子が居てもOK!身長90cm以上の小さい子は大人と一緒に滑ることが可能で、チケット3枚で2回滑走できます。

が、この2回は一人2回ではなく、兄弟がいたら一人づつ2名利用できます!なので、1回300円と良心的。うちは3人なのですが、上2名で1回づつ滑って、下一人と父と母で1回づつ滑ったら、上二人が物足りないと言い出し、もう一回づつ滑ったので、結果的に2回づつ滑りました。3人ってややこしい!

 

次男が「ウォーターボール」という、空気で膨らませた大きいボールの中に入って水の上に浮くのをやりたいと言ったので、設置予定の場所に行ったらなくて、聞いてみたら場所が変わってて、カヌーの隣でやってました。

もともとある池を利用したエリアで、水を増やしていたんですが、湧き水なのか水が冷たかった(長男と次男談)そうです。

5歳からできるので3人目はできませんでしたが、やる気は十分でした。

ライフジャケットを羽織って空気玉の中に入るんですが、中は温室状態になってるので、気持ち悪くなったりしたら途中で中止ができます(当たり前ですけど)。

1つだけなので、結構待ちましたが、順番が回って、まずは長男が入ってみました。

両足でたち、ハツカネズミのごとく回す…のは至極大変そうでした。係員さん曰く、立つのも難しいのに、走るのはもっと難しいとのことで、良くやったものだと思いました。

次に次男はというと、5歳なのに大丈夫か不安になり、中からの言葉が通じにくいので、駄目だと思ったら手でバツを作ってと親から頼みました。次男も立つのに時間はかかりましたが、両足で立ち上がり走り出しました。両人ともにバランス感覚は優れているようです。徹取り早くバランスのトレーニングに使えそうですね…。10分の終わりギリギリに次男はバツを出したので終了…よく頑張りました。

 

家族全員で楽しめたのは「ブルートバギー」で、お手製の荷台に乗って、スキー場をめぐります。これは3歳の娘も大喜びでした。

ふと、夏のスキー場をみて思ったんですが、苗場の滑走路って複雑なんですよね。ここをトレッキングというか散歩程度で、夏に下見できたらいいのになと思いました。多分、下見したい人って多いと思うんですよね。滑走する時に危ないところとか、こう滑ると楽しいとかあったら聞きたいし。多分、乗り物乗りながらよりは歩いた方が楽しいと思います。山ブームですしね。

 

ゴンドラで天空テラスも良かったです。ここの「レストラン プリンス」では、軽食が食べられるのですが、冬はスキーの休憩所となるので、どういうところか下見もできます。

うちの子供らはポテトを買っては食べを4回繰り返し…長男はカツカレーまで食べてました…うちはここに入り浸り状態です。

 

ちなみに、チケットを買わずにゴンドラを利用することができますが、大人はチケット7枚(1400円相当)で、子供がチケット3枚(600円相当)となり、大人は割引券を使った料金と同額なんですが、子供は割引券を使うよりさらに安いのです。

あと、子供にチューブ入りポリドリンクをアイス状態にしたものが1本もらえます。熱中症対策だと思うのですが、良心的過ぎて感動しました。ゴンドラに乗ってる時間内に食べ終わります。出口にゴミ箱があるので、食べきっちゃいましょう!

 

入り浸りスポットのもう一つはエーデルワイスのクレープ屋で、次男は「そんなバナナ!?」を食べてました。真ん中のバナナがチョコスプレーで顔になってました。そんな商品があると知らず、次男のうわ言と思っていた私…メニュー表にはちゃんと記載されてました。これ、インスタ映えしますよ。私はやってませんけどね。

 

他にも魅力的なのが多数。カヌーは池の水が冷たいので座ると直に冷たさが伝わってきて気持ちいいと長男。

セグウェイも楽しそうだったけど、アブに指をさされて辞退した長男…居たのがわかってたら係の人に払ってもらいましょう。

おもしろ自転車で長男と次男が遊んでる時、近くのホテル入り口より渡り廊下付近で一休みできるので遊び足りないけど親は疲れてる場合はココで20分ほど骨休め(大理石の椅子が冷たくて気持ちいい)できます。

と、色々あるので、楽しんでみて下さい。

 

7月31日からホテル内で制作もできるので、宿題の工作ができますよ。

 

 

<あとがき>

しかし、行った時期は関東が猛暑だったので、苗場も高地なのに30度ありました。夜は熱帯夜…マジかよ…って思ったけど、水が冷たいから良かったかも。関東は水道水がぬるま湯状態でした…

プリンスホテル以外では、合宿が増える(高所トレーニングに最適&逃げ場がない)ので人も増えますが、寂れた町並みが外国人に人気のようで、探索してる人も居ました。意外と人が増えつつありますね、ココ。

 

 

※ホテル内のレストランではクレジットカードが使えて、プリンスカードだと5%引きになりますが、部屋につけると5%引きにならないので、気をつけて下さい。あと、レストランは毎年変更されます。

JUGEMテーマ:家庭

 

小用で長野県へ行ってきました。

 

GWの翌週の土日はGW疲れで高速が空いてましたよ。

ま、それを狙ってたんですけどね。

 

で、子供らのためにトイレ休憩を佐久平(下り)のハイウェイオアシスへ立ち寄りました。

そこで、別棟にお蕎麦屋さんがあったので、そこでお昼を食べて、お土産売り場を見てた(昔お土産物を企画販売する仕事をしてたので、ついついチェックせずにはいられない)ら、久々に私的ヒット商品を発見!

真田幸村の日本刀…中身は…

鉛筆です。刃模様の鉛筆が柄(持つところ)から鉛筆が分解できます。

台座は梱包されてたやつの台紙を折り曲げます。

なかなか、よくできてます。これで540円。お買い得かどうかはアナタ次第。

鉛筆の他に、ボールペンもあったんですが、大きさ的にはこちらが良いです。

これって、長野県のどこSA,PAでも売ってるのかな?佐久平では売ってました!

 

で、コレを買って子供らに自慢したところ「お母さんって変なの好きだよね」って言われました。

そういいながら、奪い合って遊んでるじゃねーか…

 

ちなみに、帰り(上り)は甘楽へ寄りました。

建物が新しくなって、富岡製糸工場のレンガ造りになってましたが、トイレのおむつ台付個室が1つで、着替え台はなかった…

ちょうど、観光バスでトイレ休憩に寄った幼稚園と重なってしまったので、結構待ちました…

ちょっとした公園もあったし、土器のオブジェもあったりしたので、見とけばよかったかな…

 

関越道も空いてたし、とんぼ返りだったけど、早く帰ってこれて良かったな。

帰りは私だけ爆睡しちゃったけど…

JUGEMテーマ:家庭

JUGEMテーマ:育児

 

 

本日は、11/11ということもあり…といいうか、この日しか無くて決行しました。

 

実は、今週はじめから病院通って、風邪を主役の次男5歳と長女3歳と私が治療に励んで薬を服用しておりました。

そのかいあってどうにか熱もなく(私は昨日微熱気味でした)、咳は残ってたけど、今しかない!ということで朝から準備をし、9時半に家をでて10時に祈祷し10時半には帰宅して着替えて完了しました。

 

失敗したのは、次男の和装なんですが、帯の締め方がわからず…襦袢などの着方は知っていたのですが、前回は実家の母に頼んでやってもらったので、今回は私一人で5歳と3歳を和装にしなければならず…

仕方ないので、ネット動画(沢山ありました!)を見ながら帯を結ぶのに30分ぐらい四苦八苦していまいました。みてもわからないんだもん…前日にしっかり予習しとけばよかったと後悔。

時間が無くて、3歳長女はお父さんに任せたら帯が足りないことに気が付き、急遽晒(さらし)を割いて紐状にして帯にしました。

 

娘のは最近のものなので、着るのに簡単に作られていて、次男のは30年前のもので、本当の着物状態…で、色々帯を結んで最終的に重要なのは袴の前で結ぶ方法で、後ろは袴で隠れるので、さほど頑張らなくても良かったなと今思えば…。

 

そうそう、余談ですが、前日に次男の着物の内容物を確認したところ、足袋が小さくて(てか足がでかい)、仕方なく夕飯を食べ終えてから買いに行きました。今の足袋は靴下状で簡単でいいですね、靴下価格では無かったけど…

 

次回は娘が7歳になった時だな〜と思ってたら、実家の母からやるなら早めに言うようにいわれ(今回は木曜日に用意をお願いした)たのですが、なんでも長襦袢が汚くなったから作り直すとのことで…おいおい、手縫いかよと思ったら、生地はあるから縫いは頼むそうです…そっちの方が高いんじゃね?と思ったり。着物(私が着た…何十年前だ??)の方は大丈夫だそうです。

ちなみに、着物は私の祖母のお手製です。お針子さんでしたw

そんな祖母には「お前は縫うセンスがない」と言われました…その通りです。

JUGEMテーマ:家庭


土曜日に、ディズニーランドへ行ってきました。イースターのイベントが始まって、初めての土曜日ということもあり、混んでましたが、月の後半は空いてるんで、そのイメージで行ったら大変な状態に。

いつも、旦那の会社が入ってる保険の割引制度を利用してるんですが、それが5〜6月限定で、去年まで6月後半まであったのが、前半までとなってしまったので、めちゃめちゃ混んでる状態に遭遇してしまいました。

ちょっと見通しが甘かったな。イースターは人気がないんで、さほどと思ってたけど、それなりに人気がでてきてるようです。


最初に家族で乗れるバズのアトラクションへ並んだら、いきなり不具合が発生し、並んでいる客にファストパスと同等のカードを家族分を手に入れました。並んでから10分ほどでわかったので、すぐに貰えてラッキーでした。

長男は身長が伸びたおかげで、色々なアトラクションに乗ることができるんですが、次男は…というと、スプラッシュマウンテンに乗れる身長で、これに旦那と長男と次男で乗りました。
120分待ちを30分ほどで終わり、帰ってきて落ちる時の恐怖写真を買ったそうで見てみると、抱腹絶倒!次男が恐怖でおののく顔がちゃんと撮れてました。
もう懲り懲りかと思ったら、本日の朝にミッキーに会いに行きたいといいだし、船に乗ると言うのです。落ちたあと泣いて戻ってきたので、可哀想だとおもちゃを買ってあげたので、総評価は良かったようです。


その次の日曜日は、長男のクラブチームのサッカー大会があったので、出場してきました。
1,2年生の低学年の部でしたが、2年生が少ないので、1年生がカバーするため、全く刃が立たず…というか、攻められる子が居ないのはダメですね。長男も自殺点入れてるし、キーパーやったら入れられるし…散々な結果に…

長男が居ない方が勝てる気がしますが、まぁ、仕方ないですね。あと冬にもう1回あるので、どうにか調整できるといいな。
3年生になると、コートが2倍(現在1/4サイズ)になるので、もっと大変になるなぁ。
 

JUGEMテーマ:育児


私の実家でいちご狩りへ行くというので、現地待ち合わせにして行ってみることに。

昨日から長男はすきー教室へ行ってます。スキー場の人が頑張って雪を集めてくれたみたいですが、本日より営業終了とのことで、明日の午前中まで練習があるんですが、それはどうなっちゃうんでしょうか…

さて、長男抜きでおでかけすると楽ですね。長女を心ゆくまで歩かせることができました。いつもだと長男と次男が悪いことするので、抱っこしながら叱るというのが常でしたが、長男が居ないだけで、こんなに楽だなんて…女の子だったらもう少しは下の面倒を見てくれそうですが…

いちご狩り現地にはマイクロバスで送迎され、個人宅のいちご農家へ行きました。

次男と長女はいちごが取れないので、私が収穫しヘタを歯でとってから次男へ渡して、2パックぐらいは食べてたかな。長女もなんだかんだで1パックぐらいは軽く食べていたかも。

長女はただでしたが、次男は3歳から有料でしたが、それに見合う量を食べられたと思います。逆に大人はさほど量が食べられないので、とびきり美味しそうないちごを選んで食べるといいと思います。


30分1400円(大人)は安いのか高いのか…あ、いちごの名前忘れちゃったし…一般には売られていない品種だったのはわかるんですが…

いちご狩りは、その地域でしか食べられない品種を食べに行くというのが醍醐味なので、品種を選んで行くといいですね。

しかし、ハウス栽培のため、コートは暑かったな。マイクロバス乗り場にコインロッカーがあると便利だな〜。しかし、都心が過密人口になり、田舎は人がいなくなる現象は、まだまだ続くかもですね。そうなると、手頃なレジャーとして人気かも。

都心近郊にこういった農業レジャーが沢山できるといいですね。


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

お得情報

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM