JUGEMテーマ:育児

今年もツール・ド・フランスが始まりましたな〜。

昨日はカベンディッシュが落車したことで、ストライダーなどのペダルなし二輪遊具による事故に伴い、国民生活センターがこれらの遊具に注意喚起をしたのを思い出しました。

うちは、旦那と私がロードバイク(ロードレーサー)に乗ってるし、サイクルロードレースも(有料チャンネルで)観戦してることもあり、自転車についての知識と二輪遊具については購入前にじっくり調べ、長男にストライダーを買い与えたのに怪我をさせてしまい、その件をブログに書いた所、NHKの電話取材を受けたのに、その放送をみるの忘れちゃって…一体どんなことを言われたのか…

でも、ちょっと言い忘れたことがあったので、記載しておきます。

日本人はサイクルロードレースに触れる事が無いので、どういった練習方法が良いのか、目線の位置、防具についての知識の無さ、自転車による事故のパターンの告知や知識が無いことが、こういった(欧米では普通に乗られてる)二輪遊具による事故が多いのだと思いました。

いやはや、サイクルロードレースをまず見て下さい!と言いたいところですが、地上派での放送はNHKの
ツール・ド・フランス総集編でご覧いたけるんでけど、ツールが終わってからの放送なので、ちょっと面白く無い…
まぁNHKだけあって、初心者でもわかりやすい解説なんで良いのですが、名前の呼称が英語読みなので、自国での発音で呼ばないところが酷いかもしれません。(多分通訳がロードレース知らないんだろうな)

さて、ロードレースに触れない日本人が、二輪遊具をどのように遊ばせて良いのか…悩ましいところだと思います。
日本には自転車を教える子供向けのスポーツ倶楽部とか無いですからねぇ…なので、親が教えないとダメなんですが子供はまたがれば走れてしまうので、それによってお親は意気揚々と公道を走らせてしまうんでしょう。

が、間違いです。乗れてしまうからこそ危険なのです。大体、乗れたといっても、真っ直ぐだけ。左右に身体が持って行かれたときの対応や、目線の位置をどこへ持って行くのかなど、教えることは山ほどあります。
ちなみに、始める時期は怪我がしにくい長袖長ズボンでヘルメットとグローグは必須、防具があれば良いが2歳児向けなんて滅多に売ってないけど、有ると安心します。

本来なら、乗って止まる方法からパイロンを並べてスラロームの練習(身体を左右に振っても転ばない)を教えつつ目線の位置の指導も行い、やっとこさ公園で走っても良いよとなります。

うちも、公園で目線の位置から横揺れの練習(カーブの際に必須)、目線の位置を教えて乗らせてました。
子供はどうしても目線の位置が近いので、遠くを見るように指導します。そうするとによりカーブを曲がる際に身体がそちらへ自然と傾くので、壁に激突などの怪我を防ぐことが出来ます。
これは大人でも同様なので、(大人ができないことを子供に教えるのは難しいので)実践してみて下さい。カーブが楽になりますよ。

とういう具合で、遠出して旦那の知り合いの方がやってるインラインスケートの練習場を間借りして、スラロームの練習を徹底的にやらせようと思ったら、行った最初に坂道にての怪我…怖さに対する知識がない2歳児…親の指導が足りませんでした。

そう坂道は自分の能力以上のスピードがでてしまい、制御がきかなくなり、恐怖で足をつき、バランスを崩して落車(転ぶ)するんです。
落車の際に、怖いので自転車から降りようと手をつくと骨折します。なので、転ぶ際はハンドルを握ったまま転んだ方が軽症になることが多いですので、そのようにするよう教えるのを忘れてました。

これはサイクルロードレースの落車を見るとわかるんですが(だから冒頭で見て欲しいと言ったんです)、人間が無傷=自転車は大破、逆に、自転車が無傷=人間が大破するんです。
プロも転ぶ際はハンドルを握ったまま転びます(ていう練習をしたりします)。その方が擦過傷ぐらいで済みますから。
(自転車から離れるとギアで足を切ってしまうこともある)

多分、こんな知識もない親が怪我をさせてしまうんだと思います。なので、もっと自転車のことについて知って欲しいのです。

国民生活センターの注意喚起で足りないなと思ったのは、商品と一緒に乗り方の練習方法の冊子を入れること。
あと、坂道での実験映像も見ましたが、人形は足を着かないので自転車ごと倒れますが、子供は足をついて左右にぶれるから転ぶのであって、その検証はされてませんでした。まぁ、出来ないしね。

一番酷かったのはフジテレビの実験検証で、芝生の緩い坂を下り親がストップと言って止まれるかどうかを小さいバイクをまたがった5歳児がやってましたが、2歳児が言う事を聞くのか?ということと、抵抗がある緩い坂の芝生の上…こいつらアスファルトを舐めてるなって。
あと、子供は坂道にて、両足を前にあげて転がる傾向があるので、その検証もなし。わかってないな〜感が否めない…
まぁ、もちろん坂道は危険なので、ダウンヒルはやらせないで欲しいですねぇ…


ちなみに、プロが坂道を下る際のスピードは80km/h以上…トライアスロンの選手も自転車は常に集中しなければならないので、一番キツいと言われてますし、ジロ・デ・イタリアではレース中の下り坂で死亡事故もありました。

自転車の乗り方を知らない親が、子供に対して教えられるのか…このことをふまえて二輪遊具のことを考えて欲しいですね。

JUGEMテーマ:家庭

以前乗っていた12インチのスコットの自転車を実家で乗る用に持って行ってました。

で、本日遊びに行ったので、自転車を乗り回してたんですが、派手にコケたりしてたんです。

おじいちゃんから近くの公園まで自転車で行こうと言われ、ブレーキを使った際に壊れました。

最初は部品が外れたと思って、引き返して直そうとしたら、ぽきっと根元から折れていました。

レバー総取り替えじゃん!ということで、近くのホームセンターへ行ったら、TEKTRO(テクトロ) ブレーキレバー JL530-RSなんて、そこいらじゃ売ってないけど淡い期待で行ったらやっぱり無かった…

子供用はレバーが近いので大人用では付けられないから、子供用を買わないとダメなんです。


ということで、ネットで買いました。消費税増税2分前にね。


壊れたのが早くわかって良かったけど、ぶつけまくるとレバーは折れるので注意です。
コースターブレーキが付いてるから普通に乗れるけど、新しくかった自転車のブレーキレバーに慣れた長男は無いと不安のようです。

ブロックタイヤが付いてたのを普通のタイヤにしたら、実家では荒れ地しかないのでブロックタイヤに戻す事になりました。で、ノーマルタイヤがある部分だけすり減ってて、何故かなと思ったら、コースターブレーキが一定のところであたるようで、そこだけ波打つ感じでタイヤが減っていたのでした。
たまには、前後ローテーションしないとね。

ということで、持って行ったら直ぐに修理で持帰って来たのでした。

JUGEMテーマ:育児

昨日と本日、長男は自転車に乗りまくりでした。

昨日は公園で幼稚園の友達と園内を走り込み、本日は旦那と一緒に10kmほどサイクリングロードを走って来たのでした。


長男の自転車は特殊な為、他の子に乗せないようにと思っていたら、サクッと自転車交換して友達の自転車を乗りこなしてたら、友達の方が長男の自転車に四苦八苦してて、最初は乗れなかったけど、どうにか乗れて一緒に走ってました。

が、長男の自転車のブレーキがVブレーキの為、一般で市販されているものより効きがものすごく良く、友達が効き過ぎて転んでました。

なので、自分の自転車を乗るように注意したんですが、友達の自転車の方が速いと言って降り様とはせず、走ってたんですが、皆と一緒に走っていても長男の自転車が遅いのです。確かにコースターブレーキ車体は重そうだけど、市販の自転車も負けず劣らず重いはず。

では何故遅いのか…ギアか?って思って、旦那に相談したら、やはりギアが坂道(オフロード)を走っても大丈夫な仕様のサイズである事が判明。そういえば、ちょっとした山があって長男の自転車だったら簡単に登りきってたけど、友達の自転車だと登れないから平らな草道を走ってたっけ。

しかし、漕いでも漕いでも先に進まないのはスピードでなくていいかもと思いました。というのも、友達の自転車でスピード出して乗ってたんですが、市販車はブレーキが甘いので安全に止まれないんです。というか、長男がスピード出す過ぎで、市販車はそれの想定外のスピードであると思われますが、トレックは最初から想定されてて、ブレーキもVブレーキと大人用が取り付けられてるところをみると、かなり練られている感じです。

が、1つ難点が。ハンドルが一直線過ぎて、どちらが前かわからず回転させてしまい、フロントブレーキのワイヤーカバーを破損させました。

友達と貸し借りしてたら、ぐるぐる回っていたようで、友達からも「そのハンドルが悪い」って言われてました。確かに一直線のハンドルは遅いのですが、荒れ地では安定感があるのです。

なので、トレックの16インチは荒れ地用仕様であると思われます。公園はオフロードが多いから、ま、そういう考えなのかもしれません。


しかし、友達も補助輪無しで乗れるようになっていたんですが、ヘルメット被ってないんですよね〜。12歳までは条例で被る義務があるんで、守って欲しいなって思いました。

長男の場合はスピードが速過ぎるのでヘルメットは必要なのですが、長男の自転車を貸した相手はどうなるの?と思い、ヘルメットが無い子には貸さないように注意しようかと反省しました。

幸い、怪我はありませんでしたが、ちょこちょこ転んでいたので、手傷が心配かな。グローブもしてくれると安心だな〜。


そうそう、子ども達と一緒にママチャリで走ってみたんですが、子ども達の目線が近くてカーブの時に曲がれない子やバランスを崩す子が多いのが気になりました。

身体を入れて曲がるとか出来ないみたいで、教えたらできるようになってましたが、曲がる方(なるべく遠く)を見て身体と曲がる方に傾け、ハンドルで曲がらない様にすると、カーブでも転ばず奇麗に曲がれます。
あと、曲がる手前でブレーキをして、曲がっている最中はブレーキをしないという注意も必要かな。

公園内でもカーブがどうもうまく曲がれない子が多かったので、公道でも同じ走行になってしまうので、ちょっと練習が必要かも。乗れたからいいかではなく、曲がる練習も必要かな〜。


ということを、旦那に話したら、本日はサイクリングロード10km走行に挑戦!見事完走して帰ってきました。
途中、公園で道草食ってたらしいですけど、昨日の公園では味わえない景色だったようで、楽しかったようです。

あ、昨日乗りにくかったハンドル、少し下げました。ちょっとは近くなったから乗りやすくなったかな〜。

JUGEMテーマ:家庭

やっぱり、スコットの12インチは小学生までのサイズでは無かった…んで、新しい自転車を注文。今度は大人の事情でトレックになりました。

見た目はかっこ悪いけど、タイヤも舗装道路用みたい(スコットのは何故かブロックタイヤだった)なので、これになりました。


トレックのカタログには、女の子用のもありまして、男の子用と違ってリボンなどの装飾がかわいらしく、前カゴがついてて、なんともメルヘンティックなのに対し、男の子用は無骨すぎて頑丈であることは一目瞭然のフレームワーク、股をぶつけないようにフレームにはパットもついてて、サドルから飛び降りて止まっても大丈夫な仕様になってます。(これはしないでほしい)

スコット、トレックとアメ車にこだわっているのは、コースターブレーキ(ペダルを反対に回すとブレーキがかかる)がアメリカが主流のためなのですが、コースターブレーキを選んで正解だと思ったのは、握力が不十分なのに猛スピードで公園を走ってまして…手のブレーキだと止まれないぐらいのスピードなので、コースターブレーキじゃないと不安です…

コースターブレーキはアメ車だったらついている機能なので、スコットやトレックの他にキャノンデールなどなどもありますが、子供用自転車が日本で販売されてるかは、ブランドに問い合わせてみて下さい。

トレックは小さい子から揃うし、ヘルメットやグローブ(ウェア部門はボントレガーという会社になってますが同じグループです)も販売されてます。

ちなみに、自転車業界でもイタリアの自転車はイタ車、アメリカの自転車はアメ車なんて呼び方をする場合があります。各国、自転車に対する姿勢は誠実ですが、アメリカは商業的、イタリアは老舗的な感覚でしょうか。日本では自転車に対する思考が廃れてしまいましたが、台湾で受け継がれているようです。
全盛期は日本が一番の時があったんです。スゴイ自転車作ってたんですけどねぇ…

JUGEMテーマ:育児

いやいや、次男はデカイのです。1歳5ヶ月にして体重13kg、身長85cm(だと思われる)ぐらいなんで、幼児の月齢平均的身長・体重によれば、2歳ぐらいのサイズにあたるようで、ストライダーにまたがる事ができたのです。

平均的な1歳5ヶ月のサイズだと、身長が5cm程足りないので、出来た子がいるからと乗らせないで下さい。個人差があるので、子供に合わせて下さいね。

で、長男が乗ってた時のホイールがタイヤが剥けてウレタンが見えてたんで捨てて、リムホイールに交換したんですが、このタイヤが重い!

ストライダーがうたってる重さ+1kgあったんで、これはリムホイールを元のホイールにしようということになり、検索してみると新しいタイヤになっているようで、シールドベアリング付きのホイールを購入しました。

装着後、自転車を逆さまにして、タイヤだけ回すとブレはいつも通りあるんですが、回転が良いですね。これならどこまでも転がって行きそう。下の子がいるご家庭は消費税前にかっておいて良かったかも。前後だと高くなりますからね。
色も豊富なので、前後でカラーチェンジしたら目立つかもしれませんが、うちは前後同じ色にしました。


さて、ストライダーのサドルがXLサイズだったので前のサドル(少し切れてたんでダクトテープで補修)に戻して一番下に装着し、次男をまたがせてみると足が付きました!いや、予想ではつま先ぐらいは着くかもねって思ってたから、足の裏全部が着くなんて…いや、こいつがデカイのか…
って、またがって歩いてるし〜!と、普通に歩けました。

ハンドル切る動作が出来ないので、直線で進むことしか出来ませんが、それでも楽しいようです。

で、うらやましそうに見ていた長男がストライダーを横取りして縦横無尽に走ってしまい、ストライダーの取り合いで次男が泣きわめいて大変でした。

長男用の自転車あるんですが、ストライダーと同じタイヤサイズを買ったら、年中はじめのころには小さくなってしまって、買替えか?とこちらも購入しようか検討中です。いや、スコットの店員さんは小学校入るまで乗れる!って言われたんですけど、やはりそれは強引だとわかりました。次は16インチか18インチか…身長次第?

JUGEMテーマ:育児



長男は4歳になった時から、補助輪無しで自転車に乗っています。

んで、幼稚園のお母さん方から補助無しで乗れる方法を聞かれるので、記載しておく事にしました。
子どもには個人差があるので、あまり真剣にならないで、できなくても叱らず、遊びの一環として指導の参考にして下さい。



  1. まずは自転車についてですが、両足が地に着く状態から練習をして下さい。こうしないと子どもは怖がって乗ってくれません、って当たり前ですけどね。大人だって怖いもん。


  2. で、ペダルを外して(親がやってね〜)、両足で交互に蹴って前に進み、慣れて来たら片足で蹴るストロークをのばして行き、両足が地面につかなくてもバランスとって乗れるぐらいまで練習。


  3. ここまでできたら、ペダルを付けて、ペダルに足を乗せて漕ぎ出す方法を教えて自転車に乗れたら、とにかくペダルを回すように教えます。


  4. 多分、止まり方は両足を地面に付けて止まるので、止まった状態でブレーキについて教え、少し走らせてはブレーキを体感します。漕ぎながらブレーキという2つの動作を一緒に行うのが難しいと思うので、親は目を離さず近くに居て下さい。


  5. 直ぐになれると思うので、徐々に距離をのばしたりやスピードを出して乗る練習もして下さい。




長男はペダル無しのストライダーに乗っていたので、ペダルを漕ぐところからスタートでしたが、止まる時はストライダーの癖で足で止まるようになってしまったので、そこを補正し直ぐになれてもらえました。

一応、長男自転車はスコットの12インチで、アメリカ仕様のためコースターブレーキ(ペダルを反対に回すと止まる)がついていて、足の方がブレーキの効きが良いので、初めはこちらで止まるよう指導しました。


ん〜、ペダルを外して蹴って乗るってのが一番の近道だと思いますが、親的にはこの作業するのは億劫ですよねぇ。でも、それで自転車に確実に乗れるようになるので、検討してみて下さい。

因に、スコットの自転車はロード専門店、もしくはスコットの専門店(ららぽーと三郷中央で展示されてるので試乗するといいかも)で買えます。トレックも同様仕様の自転車ありますが、デザイン優先で息子はスコットを選びました。毎年デザインが変わっちゃうんで、いつ買ったかばれちゃうのが難点ですねぇ。


あっと、ストライダー持ってるけど乗ってくれなかったという方もいらっしゃったのですが、その場合YouTubeで動画を見せ競争心をあおる方法があります。
ストライダーのサイトでも乗ってる子の動画が紹介されてるのでそちらを見てもらえると、こんなことできるのかと、乗ってみたくなる事間違い無し!(うちの子で立証済みです)
本来ならば、ストライダー乗りが集まって競争させると良いのですが、長男の時代はもってる子が少なかったので、独りで頑張って乗ってました。

長男は自転車に乗ってると大人から「凄いね〜」と褒められるのが嬉しくて、大人の前を行ったり来たりするようになるという弊害もありますが…とにかく、褒めて褒めて褒めまくって乗れるようにしましょう。

JUGEMテーマ:育児
最近、自転車に乗れる様になった長男。ブレーキもできるようになって、意気揚々とスピードを出し立ち漕ぎしたり、コーナーでコケたりしているらしい。補助輪付きで乗る用にできてる自転車なので、こういうことは想定されてないから、見てる方が怖いです。

そんな長男君は自転車に乗れる様になったので「ストライダーは弟君にあげる」とのこと。
いや、弟はまだ2か月になったばかりだし、乗れる様になるのは先だから、乗ってても良いのだけど。でも、乗れてもあと1年かなぁ…

旦那は、長男用の次の自転車を考えてるし…自転車には困らないね、我が家はたらーっ

 自転車は旦那が居るときでないと乗ってはダメってことになっているので、土日しか乗る事ができません。

で、先日の土曜日に「ストライダー」に乗りたいと息子が言うので、旦那と乗りに行きましたが、旦那的には自転車の練習をして欲しいらしく、自転車も持参してました。

息子、3歳児なのに自転車2台体制…


息子的には前回の練習で自転車が怖かったみたいで、ストライダーがいいと強く言ってましたが、私が夕飯の支度をしてると「お母さん見て〜」と呼ぶ声がしたので行ってみると、自転車で右旋回しコースターブレーキで停止できるようになってました。

まっすぐしか進めないと思っていたのに、ちょっとハンドルさばきが強引だったけど右旋回してからのブレーキはビックリしましたね。

その後、息子は何回も同じ様にコースターブレーキで停車できるようになっていたのですが、あとは着地の足に不安がある程度でしょうか。まだ、足の長さが足りず、つま先しか付く事が出来ないので、もう少し身長が伸びてくれるといいかな。

夏休みの間に身長伸びるといいね。



親的には、次第に自転車に乗れる様になると図に乗って危険運転する可能性もあることから、プロテクターを付けた方がいいかと話し合ってます。

一応、既に購入済みで用意してあるので、いつでも大丈夫なんですが、プロテクターのサイズが小さくても幼稚園年長さんぐらい用なんで、息子には少し大きいかも。
冬だったら厚着してる分大丈夫だと思うんですが、夏だと肌が露出して危険なので、やって欲しいんですけどもうまく行きませんね。


さて、自転車も乗れたと思ったら、ストライダーでは停止する際に両足で後輪を挟んで止める技ができるようになってました。前からで来てましたが、しっかり停止する事は無く、結局は足でストップしてたんです。

これは自転車のコースターブレーキができるようになったからみたいで、同じ原理だから2台体制で交互に乗ってうまくなっているみたいです。


んで、旦那は次の自転車の買替えに意欲が。でもまだまだ先の話だし、現状では選択肢が少ないので、将来的にはジュニア用もいい自転車が販売されるといいな。
ホームセンターで販売されてるジュニア用の自転車が、どうしてあんな物が売れてるのか分からない我が家なのでした。

 旦那の気まぐれから、始まったのでした。

昨日、暇だったこともあり「補助輪外して自転車乗ってみる?」なんて、気軽に息子に聞いたら、息子も「うん!」と自転車に乗れるので、嬉しそうに答えました。

ということで、補助輪を両方外し(片輪だけじゃないんだよね)、息子と隣の駐車場へ行きってました。

私はそんな息子が転んで泣くことを考えたら可愛そうで、見ない様にしようと思っていたんですが…


最初は地面を蹴って、ストライダーの様に乗るのかな〜と思っていたら、息子は自転車に股がって旦那が振れる自転車を抑えて、息子がペダルに足を乗せて漕いだのでした!

うわ〜!転んじゃうよ〜って思ったら、普通に乗ってました…あれ??!!

息子はまっすぐ進んでましたが、やはり止まるときはどうするかわからず、ストライダーの要領で足を地面に付いて止まってました。

自転車の練習課題は、乗り出し(漕ぎ出し)と停止ということがわかり、漕ぎ出しはどうにかできるようになったものの、停止がうまくできませんでした。


息子の自転車には2つブレーキがあり、1つは手元のブレーキ、もう1つは足を反対に回すと停止するコースターブレーキなんですが、手元のブレーキが弱いし握力もないしレバーが遠い(指が届かない)みたいで、あんまり使えず。

そう、ストライダーで事故がある度にブレーキつけろとか騒がれるけど、実は幼児は手元のブレーキが使えないんです。だからないんですけどね。なんで、ヘルメットやグローブ、プロテクタを付けて乗って欲しいんですが。

で、アメリカでは幼児の自転車にコースターブレーキが当たり前の事らしく、握力が無い分を足でまかなう仕様になってるそうなので、我が家でもコースターブレーキの自転車を採用した次第。

が、コースターブレーキに慣れてしまうと、普通の自転車になった場合、停止しようとすると足を逆回転させてしまう癖がついてしまうんで、大きくなったらまた困難が待ち構えてますけどね。


補助輪を付けてた時にはコースターブレーキで停止するように訓練してたんですが、いざ補助輪無くなると動揺したらしく、いつもやってることができなくなるみたいです。
また、キュッと停止するので、その後どうしたらいいかもわからないみたい。
停止寸でで足を付くってのができないんですよねぇ。

後は練習&慣れだと思うんですけど、しかし、いきなり漕げた&進んだ&転ばなかったのはスゴイです。これはストライダーでバランスがとれたおかげかも。

練習が終わりを迎えたのは、息子が泣いたから。
コケて大泣きではなく、旦那(お父さん)にコースターブレーキで止まる様にと指示されて中々できなかったんで、それで泣き始めて終了とあいなりました。

泣きながら練習させちゃうと嫌いになってしまうので、泣いたらすぐやめるのも練習のコツです。その後は出来た事をしっかり褒めてあげましょう。

息子も上機嫌で帰宅しました。旦那は補助輪は外したままにするって(息子が泣いたとき補助輪付けてくれって泣いてました)言うんで、補助輪外して乗る練習がこれからも続くんでしょうねぇ。

頑張れ!息子よ〜♪3歳で乗れる様になるのはスゴイぞ〜!
この夏は特訓だそうです。今回はちょっとだけの練習だったんですが、もっと乗れる様になったらプロテクタつけないと怖いなぁ…と、前歯の怪我のことを思い出すと心が痛む母なのでした。

JUGEMテーマ:育児


3歳半(オムツがとれてない)の息子の身長が伸びてきてたので、ロングシートポストを買いました。

たまたま行った「ららぽーと新三郷」1Fのママチャリを扱っている自転車屋さんにストライダーのパーツが売っていたので、最後の1個だったロングシートポストを購入しておいたのでした。
しかも、5%割引キャンペーン中だったので、少し安くなりました。

買ったもののすぐには交換しなかったんですが、久々にストライダーに乗ったら、膝が曲がっていたので交換することになったんです。

ストライダーのシートポストって、最初から付いてたのでもあと1cmほどは使えたんですが、なんとなく強度に問題がありそうだったので、旦那がロングシートポストに交換してました。

ロングシートポストにはサドルが付いていたので、最初についてたボロボロになったサドルが交換できたんで、一石二鳥でした。


最近は、補助輪付きの自転車に立ち乗りするのがお気に入りで、ストライダーに乗ってませんでしたけど、また火がついてくれるといいな。

しかし、両足をあげてバランス良く長く乗れる様になってきたなぁ。


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

お得情報

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM