JUGEMテーマ:家庭

 

 

いま、アパートの外装工事により、洗濯物が干せません。

とはいえ、そんなことが無くとも、季節の変わり目で雨が続く時とか、コインランドリーを利用してますけど。

 

で、コインランドリーを使っていて思ったことを覚え書きしておきます。

多分、このテクニックを使うと、時短&金節約につながると思いますので、是非やってみてください。

結構回数行くと、お金なくなりますよね〜…最近できたコインランドリーはポイントが付き(ポイントカード100円を事前に購入が必要)で、大体10回に1回無料でできるので、こちらの方をメインに利用してます。

 

 

さて、コインランドリーって何分ぐらいで洗濯物が乾くのでしょう?

うちは5人家族(主人、私の大人2名、小学生の男児2名、園児1名)で、9kgの洗濯機を利用し、コインランドリーは乾燥のみ利用です。

 

大体、1回分の洗濯物を乾かすのに小さいドラムの方を利用し、高温設定で10分100円で30分(300円)で乾きます。

が、2日分(つまり洗濯2回分)を乾燥させるのに、大きいドラムで高温設定で7分100円を28分(400円)で乾燥できます。

ということは、日数が増えると、料金が安くなるという仕組みなのですが、匂いが気になるし、雑菌の温床と思うと2日分が限界かな。

因みに、温度は高温、中温、低温と設定可能ですが、それによって値段が変わることはありません。なので、高温一択です。

 

余談ですが…

一人暮らしなら、まとめて洗って乾燥させれば経済的ですが、二人暮らしまでなら、乾燥機付き洗濯機をおすすめします。

家族が多いと9kgの洗濯機に乾燥機付きのがありましたが、この半分の量しか乾燥できないのです。

しかも時間がかかるし、エアコンとの同時利用で電気のブレーカーが上がってしまうのは困ります。

なので、30分ほどで大量の洗濯物が乾燥できる方を私は選びました。

 

さて、30分じゃ乾かないよ!っていう人もいると思いますが、靴下とか丸めたまま入れてませんか?

ドラムに入れる時、適当に入れてないですよね?普通に洗濯物を乾かす時、全部開いて乾かすじゃないですか、コインランドリーのドラム投入も同じ定義ですよ。

私も最初はよくわからず、洗濯機から出したままの状態で、ドラムに投入してたら、丸まった靴下の芯が乾燥しておらず、また長袖のシャツの袖が伸び切ってない場合も同様でした。

「乾燥してないところがある+時間を増やす=時間もお金もかかる」

では、経済的に痛いです。

なので、洗濯物を全部伸ばしてドラムへ投入しはじめたら、時短と金銭も安く済むことがわかりました。

 

それと、先にのべた洗濯物を乾燥させるのは2日分が限界!というのは、当日朝洗って、雨が降ってたり干せない理由がある場合、ランドリー用の袋に入れておき、午後(というか夜)お風呂から上がって洗濯物が出きってから、速攻で洗濯してコインランドリーへ直行します。最近のコインランドリーは24時間だったり、夜遅くまで営業しているところもあるので、

こうすれば、2日分を一気に乾燥させることが可能です。また、翌日は洗濯物のことを考えずに済む点も良いところです。

 

あと、ドラムに入れる前の注意ですが、伸ばすのはもちろんなのですが、その際に同時に行って欲しい事が、プリントされてるTシャツとか長袖のもの(特に子供服に多い)は、熱でくっつく場合があるので裏返します。

また、ポケットの多いズボン(ポケットの袋が露わになり乾きやすい)や、金属が付いたもの(ドラムの傷防止、高温になった時の火傷を防ぐ)、色落ちして欲しくない服など、裏返すことで色々な問題が回避できます。

 

さらに、薄手の乾くのが早いものとか、色移りしそうなもの、ブラジャーの様なフックのあるもの、手作り用品でアイロン接着したものとかも取れやすいのであれば洗濯ネットに入れれば大丈夫です。

 

また、前開きの上着(ジャージとかトレーナーとか)はチャックを締めて、イラストの有無関係無く裏返し、フード付きの場合はフードを伸ばします。こうするとチャックの持ちてが他の洋服に引っかかったり、熱くなったりすることが防げます。

 

 

と、このぐらいかな、おばちゃんの知恵袋的なコインランドリー活用術は。

 

あとはこんな経験もあったな…夜中に次男がおねしょして、敷ふとんパットで、しかも2枚抜きしたので、速攻洗ってコインランドリーで乾燥させ、1時間後には同じ敷ふとんパットで眠ったということがありましたな。

今後もありそうですが…(汗)

 

 

羽布団はやったことないのですが、洗わず低温乾燥でもOKなきがします。今度トライしてみます。

コインランドリー絶対NGは、高級服!不安なので、辞めといた方が心身的に健康です。

 

うちの近所には色んなコインランドリーの特色があって、ポイントカードがありポイントが付くとか、日中は割引とか、24時間営業だったり、するんですが、共通して流行ってるところは「コインで利用できる」でしょうか。

昔、カードにチャージして使うのがあって、10円とか残ってしまうわけですよ。そうすると、またそこへと思ったら、閉店しちゃって、損するという…こういうところよりは、現金で支払う方が選ばれるようです。

JUGEMテーマ:家庭

 

本日、IKEAに行ったところ「LÖSTAGBAR ロースタグバル」を初お目見えしたので、買ってみました。

 

早速、オリーブオイルの小さい瓶タイプの油注ぎ口用に…と指してみたら、ゆるゆる…はまらないっすよ〜

オリーブオイルの為にと買ったのに…使えなかった…がっかり。

ちなみに、海外のオリーブオイルの瓶ものだったので、同じ海外のIKEAでもイケると思ったのになぁ。

 

とりあえず、よくあるオリーブオイルの瓶で、旦那に計測してもらったところ、1mm差で小さいことが判明。

何か策があるかとネットで調べたとところ、ワイン用ではないか?という見解に。

というのも、IKEAの商品紹介サイトで、そんな写真がありました。

 

うち、酒飲まないから検証できないっす!

今度、瓶のワインか何かにた商品を買って検証しなくちゃ。

 

家にある瓶もの…お土産タイプ(少量入り)の酢があり、早速旦那が取り付けたところ、使えました!

瓶もの…日本の瓶タイプ(狭い口)には入ったのですが、これはやってみないとわからない!という結果でした。

 

瓶はサイズがまちまちなので、検証必須ですね。

 

あれが入った、コレが入ったという報告した方が良いようです。

 

ちなみに、ペットボトルも駄目でした!

 

色々と考えてみたのですが、オイルはドロドロしてるので、瓶の口が広い、サラサラのものは瓶の口が狭いのでは?という見解になり、IKEAのはサラサラの瓶ものなら入りそうです。

 

今度、オイル用に旦那も注ぎ口を買っているので、そちらと比較してみたいとお見ます。

JUGEMテーマ:アクアリウムブログ

 

 

先日、紅木石のオブジェを組み上げて、周りにモスやらアヌビアス・ナナをつけてから、オブジェが外れたことに気がついて、水槽から取り出し、接着剤でつけていたら、アヌビアス・ナナの葉っぱが乾燥してクシュっとなり、その後…

 

 

緑色のところを石巻貝に食べられました。

今現在は更に葉の形も無く、茎だけ残ってます。

 

写真をよく見ると、先端の葉の付け根のところに、新しい葉が生えてきてます!

どうにか生きていてくれるようです。

もしかして、茎というか、根の部分があれば育つのでしょうか??

一応、新しい根っこが生えてきてるので、経過観察しないとですね。

JUGEMテーマ:アクアリウムブログ

 

 

ダイソーでアクアリウムグッズが少しづつでも増えてことに驚くが、ダイソーが拡充するということは、色々見越してるということでしょう。

 

夏には出店で金魚すくいが増えるわけで…その客が百均で水槽用品を買うわけで…エアストーンとかチューブとか売ってるところに、餌を下に落とさない餌受けが売られていたので買ってみました。

 

早速、設置してみたのですが、浮上性の餌に効果的とあったので、期待して設置し、早速餌を投入。

餌は2種類で、金魚用の丸いやつと、メダカ用の砕かれた餌です。

と、エアレーションしたままでやったら、砕かれた餌の方がバラバラ落ちてしまい、意味無し!エアレーションをすぐさま消して、再投入したものの、細かいのは魚の尾びれが動くたびに下に落ちます。

 

丸いのはそこそこ浮いてて、数個が早めに落下し、受け皿に落ちましたが、数個は外れて水底へ…

受け皿に乗ったのも、魚につんつんされることにより、受け皿から落ちました。

 

総評としては、出来はよいのですが、やはり落ちるのね…ということで、餌の量は少なめでということに。

 

いや、この時期はよく食べる時期なので、猫みたいに食べたいと菌い食べられるようにと思ったんですが、餌容器にあってもすべてを食べ尽くすまで食べ続ける魚には意味ないようです。

 

 

で、色々水槽用品あるな〜と思ってましたが、肝心なポンプは売ってない…やっぱり、百円じゃ無理か。

JUGEMテーマ:アクアリウムブログ

 

 

接着剤を使って、水槽の石を組み上げましたが、結局途中で取れてしまうんですよね。

 

これは接着剤の問題ではなくて、紅木石が薄い層でできている為、薄い層ごと剥がれてしまうんです。

 

ん〜、石を変えればいいのだろうか…

 

 

 

石ではなくて、流木でやればよかったかな〜と、無造作に置いた流木を見て思いました。

次は流木で組んでみようかな…でも、流木って安くないんだよなぁ…試しにってレベルじゃないのが辛い…

 

石を接着するためにたっぷり接着剤をつけて、少し時間を置いてから、くっついてることを確認して、投入しちゃいました。

もしかするとちょっとずつ接着剤が溶け出してる可能性もありますが、一旦外へ出して接着してから中に入れてとやってたら、水草が乾燥して、アヌビアス・ナナがちょっと萎れかけちゃいました。

 

石をどかした際に、底砂の汚れ具合の確認も行ってみましたが、思っていたよりは汚れていませんでした。

多分、砂利の下にあるフィルタが頑張っているのだと思います。

水もキレイなので、まだまだイケる感じですね。

 

あと10日ばかりで1ヶ月なので、埋蔵したフィルタがどの程度汚れいているのかチェックしてみたいですな。

JUGEMテーマ:家庭

 

10日も銀行が休むなんて前代未聞な時代なのかもしれないな。

休みの日でもATMでお金はおろせるけど、手数料を取られてしまうので、損してしまうので、極力営業日に無料にて引き出したいところです。

 

さて、そんなGW、小銭問題も勃発。特に1万円札を崩せない状態に陥ることしばし。

特に自販機にてジュースを買おうとすると1万円札が使えない機種も多数もあり、危機的状況に陥ることもありました。

そういうときは、コンビニへ寄ったりするんですが、コンビニなど大手のところではクレジットカードで買い物をするクセがついてしまい、小銭入手の機会を逃してしまいます…

 

そんな中、最近ではキャッシュレス化した自販機が多数見かけるようになりました。確かに小銭が一番持ってない場合が多いし、そんな時1000円で買ったらお釣り忘れるとか、そういうロスもあります。

特に小さい子がいると、そっちに気を取られて釣りを忘れること、結構ありました。

 

一応、私のジョジョスマホにはフェリカがついてるので、キャッシュレス化にできるんですが、公共交通機関を使わない主婦にとって、Suicaは不要なので、以前はモバイルSuicaを入れてましたが、機種変を機に辞めました。

 

一応、現状ではSuicaの一人勝ちですが、私が使ってる中ではnanacoがありました。

セブン&アイによく行くなら持ってたほうがお得なのですが、カードからモバイルnanacoへの行こうができないことがわかり、最初からなら別の方法を考えることに。

 

次に考えたのはGoolgePayでした。

まぁ、電子書籍やら音楽やらをGooglePlay一択で購入している我が身にとっては、GooglePayにてポイント貯めてるんで、これを利用することを考えましたが、これ、フェリカ対応なのか?と思ったら案の定対応してました。当たり前だな。

 

すぐさまGooglePayのアプリを入れたらビックリ!nanacoもSuicaもGooglePayのアプリから送金できるシステムになってました!

そう、GooglePayのアプリが入っていれば、GooglePayに登録してあるメインカードから、Suicaやnanaco、WAONなどの電子マネーへ送金、チャージできるんですよねぇ…

以前、Suica使ってるときは、銀行からチャージしなくちゃならず、結構手間でしたが、これならすぐに必要な分だけチャージ可能。

 

コインパーキングでもクレジットカード支払いのところもあるし、自販機が発達すれば、いろいろなシーンでキャッシュレス支払いが可能になるかもしれません。

 

他に、GooglePayの特徴として、ポイントカードの一本化ができます。

ポイントカードが使えるかどうかわからない場合、お知らせしてくれる機能 付き。

カードが沢山ありすぎて、登録可能なカードならスマホで一本化したいです。

 

 

先日タクシーを使うことがあって、えらく前に使っていたタクシー会社に電話したら、電話番号が変更になっていて前から利用してみたかったタクシーのアプリを入れててタクシーの送迎たのんで着てもらいました。

タクシーを呼んで10分ほどで到着し、登録しておいた目的地へスムーズに行けました。

Googleのアプリのため、支払いがGooglePayで、その場で現金を支払わず、レシートだけ受け取って車から降りることができる、まさにキャッシュレスでした。タクシーでの支払いは現金かクレジットカードで支払いしたことがありますが、第三の支払いで、レシートだけもあってさよならってのは、初めての経験でした。

 

これ、会社の支払いにしておけば、タクシーの支払いとかが直接会社に請求されるから、経理的に便利なのではないでしょうか。もちろん、悪用されることがないように、会社でタクシーの送迎を依頼するなど、色々考えなければならないと思いますが、アプリでサクッと呼び出してタクシー乗れるなら、営業の人も楽なのではないでしょうか。

 

時代は進化して、本当にキャッシュレス時代が目前ですな。しかし、日本ではまだまだ現金商売も多いのが現状です。

お祭りとか、イベントなどの出店ではニコニコ現金払いが主です。

日本には、現金が命のところもあるので、未だにコストコでも大体が現金支払いしてる人が多いです。

6万円も現金で払ってるとか、財布盗まれたら危ないのになぁと思いながら見てます。

JUGEMテーマ:めだか メダカ

 

 

中古水槽を扱っている熱帯魚屋が近くにあって、そこで生体が安く売られているので、長男とプラティを9匹(1匹/80円)買ってみました。

 

ここは個人で増えてしまった生体も買ってくれるところなので、今回も購入したプラティもそうであろうと思って、持ち帰ってからすぐに塩浴と薬浴開始!

 

と、容器どうしよ〜と思いましたが、旦那の腹減り対策用ミックスナッツ入れに、麦飯石と小さい水槽用の水中ポンプをセット!

 

底にダイソーの麦飯石を敷きました。その前にネットに入ったものを入れてたら、ネットに魚が絡んでしまたので、やめました。

の白濁は麦飯石濃縮液を入れたからで、このあと数時間後に、キレイになりました。

黄色いのがあるのがポンプ(黄色いスポンジが本体に入っている)で水の出口を壁にあてて、水流をおさえてます。

トリートメントや薬浴時はエアレーション強化!

ちなみに、容器内の生体はミッキーマウスプラティ×8(ブルーミッキーマウスプラティ3、縦縞の小さいミッキーマウスプラティ3)とグッピー×1で、長男セレクションでした。

自分で選べたので、好きなのを選び放題でしたが、黒バックに青い色はキレイだったので、長男はそうしましたが、普通の水槽では白くなんの変哲もないピラティでした。

 

この写真を撮影後、隣で長男がセガサターンで遊んでて、セガサタの上にスポイトで取ったゴミを入れたコップの水をこぼして、旦那にめっちゃ怒られました。

 

小さい水中ポンプは、病気とかトリートメント時に活躍します。

20L未満の水槽ならOKなので、以前は18L用にメダカを飼ってて、それ用に使ってました。

投げ込み式のロカボーイを使ってたんですが、水槽の空間をくうばかりか、自分だけ汚れず周りの絨毯は汚いみたいな感じだったので、水中ポンプに差し替えたんです。

 

今はメダカも☆になったので、ミックスナッツのケースの空き容器を収納箱として使ってて、そこへしまってあったのをすっかり忘れていました。

 

余談ですが、このミックスナッツの空き容器、意外と収納としての能力高いんですよ。開口部が大きい(魚すくうネットも入る)し、蓋もあるしで、先の水槽もそうですが、特に稚魚の飼育とか、病理水槽にした時は使用後気軽に捨てられます。

1容器に大体2Lほどの水が入るんですが、プラケースなので重くなく、蓋を閉じれば持ち運び可能。

 

すてずにとっておくことをおすすめしますよ〜。断捨離もいいですが、用途があるなら残しておくタイプです。

この容器のDIYが検索してもないのが悲しいです。子供用のティッシュ入れとかにもしてる我が家…容器の執着が半端ないですな。

家の中いたるところにこの容器…どんだけ食べてるんだ!って話ですよね。

 

あ、ちなみに、ミックスナッツは無塩のを選ぶといいですよ。ピスタチオ好きなので、この無塩にピスタチオが殻なしで沢山はいってます!って、あ、私も食べてるから減りが早いのか!

 

写真取り直しました。ミッキーマウスプラティのトリートメント中写真です。

↑写真向かって右が塩浴&薬浴中ので、左がウィローモスをくっつけてライトを照射し続けてる様子。

ウィローモスの残りは石組みしたのの手前側にあるやつです。多分これがこんもりなっていくはず…うまくできればですが。

薬浴してるミックスナッツ容器の下の黒いシートは、爬虫類とか植物用の電気シートです。これで少しは暖かくなるので、ヒーター要らず。ちなみに、ここにミックスナッツ容器4つ乗せることが可能。

JUGEMテーマ:アクアリウムブログ

 

前回、石をくっつけるだけで終わりましたが、ウィローモスを買ってきたので、早速残りのボンドを使ってくっつけました!

 

 

 

が、まだ生体と一緒にはしてません。

小さい水槽に入れて、接着剤が滲み出るとか、水草に汚れがなどの具合を見ています。

あと、24時間ライトを照射して、定着を早めてみようかと。

 

GW後半はおでかけするので、帰ってくるまではこのままかな。

本水槽にはお出かけ中ライトはつけないので、

 

水槽をリセットする前からあるアヌビアス・ナナとゼニゴケもつけてみました。

 

ウィローモスの残り(半分ほど残った)は、以前買っておいた苔培養用やつがあったので、そこにいれて培養しながら、次に何作ろうか考え中です。

 

今度は流木で何かしたいですが、流木が高い…自分で探しに行くってのもあり??

なんでも嵐のあとのダムが狙い目らしいけど、大きいのとかいらないんだよね、水槽小さいから…流木煮るようの鍋(要らなくなったやつをそうした)もそんなに大きくないしな…ダムカードももらえるし、行ってみたい気持ちはあるんだけど、なかなか行く機会がないよね。

黒部ダムぐらいだよなぁ…わざわざ泊りがけで行くとか。ロックフィルダムは見ものだけど、ダムって全体的に地味だからなぁ…

結構、建築の技術が詰まってて凄いものなんだけど、あれ?Casaでダム特集とかあったっけ?

 

GW後半、川の近くに行ったら、石とか流木探してみたいと思います!

次回(その4はあるのか?)…本水槽に入れて、生体との絡みを撮影できたらいいな。

JUGEMテーマ:アクアリウムブログ

 

 

前回の続きで、今回は石を接着剤で全部くつけてみました!

 

まぁ、海底にありそうな感じ?のイメージで、縦模様を横に使って地層みたいな感じにしたのを作ってから、周りを取り付けました。

 

ちなみに、前回撮影した石、全部を使用しました。

まさかでしたが、アマゾンで買った「カミハタ プチアクアの石 紅木化石」1つでコレができるとは思いもよりませんでした。

若干、石の見た目が違くて、ザラザラしてるのとかゴツゴツしてるのとかあって、きれいな縦縞の大きいのとかいびつなものとか、色も赤かったり茶色だったりと、似てるのをくっつけていって、最終的に一つの形にしました。

 

1つの塊にしたかった理由としては、コレ一つでレイアウトができることを目標にしていて、出し入れを簡単にすることで、メンテも簡単に行えるようになると思ってます。

もちろん、2〜3個くっつけて、それを点在する方法もありましたが、手間が3回…になるので、初回だし、実験も兼ねてることもあり、1回にこだわってみました。

 

こんな形のがアマゾンにも売ってましたが、自然の石ではないので、こだわりのある方は、接着剤でくっつけてみてはどうでしょう。

 

 

前回使ったボンドはなくなってしまったので新たに「インスタントグルー」を購入。強度は前回のものより若干落ちるものの、乾燥時間を長めにすれば大丈夫です。あと、水でつくようなので、水中で強度が高くなるのかもしれません。一応、スプレー容器に入れた水も用意しましたが、要りませんでした。

今回は、図に乗って”点”でくっつけたりしたから、くっつきにくいのかもしれません。

爪楊枝は必須でした。

 

ここからは、水草や苔をつけて、水にありました〜的な感じを出して、ついでに水に漬けて接着剤の剥離具合もみなければ。

 

 

最近、水槽が汚れ始めているようで、そろそろ水底の掃除を…いや、1ヶ月は実験したいので、踏ん張らねば。

でも何もせんのは…と、バクテリアを追加注入しました。

前に使っていた「アクアシステム バイオバランス」があったので、それを入れてみました。

効果は不明ですが、以前、アクアシステムのソイルを使っていて、10日に1度、バクテリアを追加で入れるといいといわれたので、買って入れたんですが、今回からはソイルを使わないので、こちらの商品がどのように影響するのかわからないんです。

でも、バクテリアなので、入れるだけ入れてます。

 

??色んなメーカーのバクテリアを入れても、問題ないのかな…麦飯石のとバイオバランス一緒に入れたけど、バクテリアの種類が違うとか何かあるのかもしれません。

今の所、両方使った水槽は若干汚れたものの、キレイです。phも約6ぐらいをキープしてます。

まぁ、ヒレアカが3匹と石巻貝4匹なので、汚れの進行具合も遅いのかも??

しかし、石巻貝の糞は多い気がするのは私だけでしょうか。

JUGEMテーマ:アクアリウムブログ

 

水草用に購入した石ですが、水草が不注意で枯れてしまったので、石だけ残ってしまったのです。

 

 

アマゾンで、小さくてもOKだと「カミハタ プチアクアの石 紅木化石」を買ってみた所、写真左上から右にかけて小さくなり、更に下の段は小さくて使えない…もちろん、錘としてもです。

 

小さい石ばかりだと扱いにくいので、あるYoutubeを見てたら瞬間接着剤でくっつけるという方法があるそうで、水槽用の接着剤「MXBON」を買って、くっつけてみました。

 

即効性はないのですが、10分放置すれば固まってます。

固まりにくいところは接着剤を多めに…とやってたらなくなってきた…3gしかないんだもの…

しかし、石がくっつく接着剤は珍しいです。くっつくとしっかり固定されています。

この紅木化石は表面がザラザラして居て、少し砂がでることもありますが、この接着剤はそれでも固定できたので、凄いです。

もちろん、面でくっつけるようにしているので、それがよかったのかもです。

 

一応、このボンドは水槽用ということで、流木、石、流木と石を接着することができるそうですが、接着剤は薬品なので、弱い個体に入れるのは駄目とのことでした。

水槽に入れる前に数日つけてみて剥がれないかの確認もしないとですね。

 

さて、くっつけてくっつけて…とやってたら、ちゃんとした最終形態が見えなくなりました…

というか、これ、難しい。彫刻並に難しいかも。いや、3Dコラージュ?の方がわかりやすいかな?もうパズルだったら正解あるけど、不正解ないからね、この作業。だけど、見栄えが良いところを探さなくてはならないし、見つけてはくっつけていく…

非常に難しい!てか、コレだけじゃ足りない気がしてきた…

頭のなかにある絵に近づかない!紙に下書き書いた方がいいのかなぁ…とにかく時間がかかる。

 

よく、ユーチューバーのアクアリストはサクサク(時短や編集してるけども)できるなって、尊敬しちゃうよ〜

今回は練習と思って、サクサクくっつけてくかな。

なんか、流木も欲しくなったから、どこかで調達してくるか。近所に中古扱ってる熱帯魚屋あったから、そこにでも行ってみよっと。

(この前いったら白い目で見られたが…前にも行ったことがあるんだけどなぁ…)


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

お得情報

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM